同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite

短編 カドックとアナスタシア その3

328黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/03(金) 22:51:00 ID:DXiYoq4Y


           /\_.:.:.:.:.:.:| ⌒ニ=-  _                    _ -=ニ⌒   |
 ̄⌒ニ=-  _/      ̄ニシ=-  _   ⌒ニ=-  _         _ -=ニ⌒   _ ニ=- ┐|
    : : : : : : : ||      .イ:|i:|二___   |'´| ̄  ─=二 ̄二ニ=--=ニ二二ニ=-    ̄   | ||
.    _     || ,.へ,,ノ´ |::|i:|    ̄| | |. . . . . . . . ... ̄~|二ニi|:::|二三_| . . . . . . . . . _、-┬'|
|¨.|⌒| |¨|─ー-||‐'゙  γ´ ̄¨|i:|`丶  :| ||^.|^.l丁|:|─- ____| ̄| i|:丁¨ ̄..|_、-‐T''~|| ̄|| |. | ..|  レ'´
|....|. . | |. |. .|i :||   [|::::_____|i:|_: |   | ||. .|. .| | |:|  i|. .|....|   | i|:::||    ||....|.|.|_||_||_|. | ..レ'゙γ´
| . |. . | |. |. .|i :||    |:::| ̄¨|i:|¨丁|   | ||...|....|..| |:|  i|. .|. .|  | i|:::||    ||....|.|.|_||_||_|..<_彡'
|. ..|. . | |. |. .|i : ||    |:::|   :|i:|: ::|::|   | ||. |....l. | |:|  i|. .|. .|  | i|:::||_____ |. .| l.|_||_||_|..|..|| ̄= ̄
|.....|. . | |. |. .|i ||    |:::|   :|i:|: ::|::|   | |l. |....|. |_|:|_il. .|. .l   :| i|:::||| ̄ ||..|.l | ̄|| ̄|||| || ̄= ̄
|. . |. . | |. |. .|i ||    |:::| . : :|i:|: ::|::|   | ||..|....|...|_|:|_i|...| . |  | i|:::|||__| |....|.| |  ||  |||| ||─__─
|. ...|. . | |. |. .|i:::||    |:::|. . . |i:|: ::|::|   | ||..|....|...| |:|  i|...| ...|__|_i|:::||__|... |.| | ̄|| ̄||丁| ||____
|......|. . | |. |. .|i:::|| ̄ ̄ 〕└ー‐|i:|‐┘〔 ̄~~|..|. .l. .| |:|  i|. | . .|__|:::|__,|.....川|─||─||┤| || ̄= ̄
|. . .|. . | |. |. .|i: ||¨¨¨¨¨|| ̄``|i:| ̄¨¨¨..||¨| |. .|. .|_|:|_i|. | ....|_rzzzzュ__,|. ..| | |_||_||,,|.....||___
|......|......| |. |. .|i::||___立___|i:|______立_| |. .|. .|三三i|. | . |||::::::| |  |. ..|ニニ厂厂::77|. ..|| ̄= ̄
|. ...|. . .| |...|. .|l ||::| ̄r⊆⊇ニ|i:l二二⊆⊇l |. .|. .| ̄ ̄i|〕=-┴┴…┴-=ミj.....|  .|::〈〉:://...| . || ̄= ̄
|. . |.. . | |. .| ..|l ||::| :::| ̄~|__,|i:|___,,| | |. .|. .| ̄ ̄i|`i''T=--rrrr-=T''゙|. ..|``゙|::::|:: | |ー|....||__
|. . |_」⊥ -┴⊥|_:::|:::::: |i| ̄|i:|'´ `ヽ ̄:| | |....|. .|::::::::::i|. |. .| |ZZ|::|ZZi|]_」L⊥-┴⊥_| |  |. .|'7i||`¨
 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:≧s。|/⌒|i:|¨¨ ̄|::|^| |..|. .|....|¨¨ ̄|_」i⊥||¨/|::|二ii| | |ニ=-zzzzzz| |  |.〔:〔.i||::::
__  --─    ̄ ̄   `'弌ii|===|::|¨| |⊥_|__」_ -─  ̄||//7ヽ\| | |_`i|:|二\| l ̄L_〕:|_| ̄
            _   ノ弌二⊥|‐|_|''"´         └' |:| ̄ \|_| |===l|:|====| |=- [_|─-
     _,,.. -─  ̄ : :ノ: \i:i|:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    ノノ  . :└   l|:| ̄ ̄|_|   ⌒ニ=-
''' ""~ : : : / : : : /: : ∧|::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : ̄ : : :. .  └        : : :
  .: : : : ′: : :/ : : : : |::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : :
 . :/ : : :,; : : :/ : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : :. .
. : / : : ,:' : : / : : : : : :|.:.:.:.:.:.:: : : : : :  : . .
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   はぁ………


┃  かつての楽しかった時間を思いだし、今もあの時間が続いていればと一縷の望みを願い瞳を開ける。

┃  しかしそこにあるのは自室ながらガラリとした無機質な印象を与える冷たい部屋の風景しかなく
┃  
┃  パキパキと暖炉に焚べた薪が割れる音だけが室内に響く。



330黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/03(金) 22:59:53 ID:DXiYoq4Y


      \  >s。 ,'                      `ヽ      \
        \` 、  八                        ∨      \
         >○ノ^`ヽ .:i                      ∨       \
        /__○○{ ∧ :{        |:              ∨      \⌒
      / '    } :{ }  :{        |:     .:|    :.     :.    \  `ヽ
     /-'    _.イ { }                :|      :.     :.     :\  \
     ̄ ̄ ̄ ̄:}:∧.:i /                |      i:     i     :.  ::\   :.
            ハ レ     |:    :.  i:  {:.    .:      {:   .: ∧     i    |.\  v:.
          ハ      |:    :.  :.   :.    ハ     {:   .: ,' ̄}   人  :|  ∨ :. 〉
         .: :.        |:  :.  :.   :.  :.   .:   .:  八.:イ/  :}  /  }  |  ∨:}/
         .: :∨     :.  \ \ \ \ :|  人  :| ,ャ云示=x.レ    ハ  v    ∨
        .:  :∨\    :. :. __「^^^^¨¨¨¨レ   `ヽ|  、⌒)::::㍉.:  / } /
        ./    ∨     \〈                 ヽ   `¨¨¨/  .:  レ'
       /.:     `ヽ  \   ゝ、                   /   人
        / .:    .:   \ `ヽ _>                  ノ__/   \
     ..:  .:    .:       \| ∨                    :/:.     \
   /   .:    /       .:}   `、         <  >         / :.         \
  /    .:     /       .:} ∧  :.                 .:  :.         :\
/    .:     ./       .:} / ∨ ∨ \            /   :.         :\
    .:    ./       /   ∨ ∨   ::.         ...:<`ヽ¨¨ヽ :.          :.
    .:    /      :/  x<;;;;;;「|   :::::::::>x。 _ イ   /   ∨ :.           ::.
   .:   /      / <   \レ‐、  ::::::::::::::::::::::∨}  /     ∨ :.          ::.
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   以前の私ならば3日もあれば綺麗サッパリ忘れられたのに

             一年経っても忘れるどころか毎日毎日彼の顔ばかり浮かんでくるだなんて………


┃  ポツリ、そうポツリと私は胸の中に溜まった切ない感情を吐き出す。

┃  誰に言うでもない、私自身に言い聞かせるように―――


334黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/03(金) 23:08:41 ID:DXiYoq4Y


  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .|
  | ┌────────────‐┬┬┬────────────‐┐ .|
  |  | |  i   i i i  i         .| | |         i  i          |   |
  |  | |  i   ,i .i i  i         .| | |         i  i         |   |
  |  | |  i.   .i .i i  i         | | |  ,:',: '  '    .i  i    i   .ii|  |
  |  | |  i   i .i i  /           .| | |    '   ,:'   ヽ  i  .i  i   ii|  |
  |  | | .i  .i .i. / /  ,:',: '  '    | | | ,:',:  ,:',   '   ヽ ヽ  .i  i  ii|  |
  |  | | i  i  i./ /     '   ,:'   | | |    ' ,:',: '  '   ヽ ヽ  i i  .ii.|  |
  |  | | .i  /  / ./      ,:',   '   .| | |    ,:',  '   ,:'  ヽ .ヽ .i .i  ii.|  |
  |  | | i /i / ./              .| | |       ,:',   '    ヽ ヽ i i.∥.|  |
  |  | | i/./ / ./──── __ ─┘ | └─────────ヽ ヽi∥, .|   |
  |  | | ヽ  /___ >'' ̄ ̄`丶`''<  ____________,Yo≦!. |  |
  |  | |≧g〈、      /    /   ヾ  ヽ                ヾ7i i゙i |  |
  |  | | i.i¨i゙´     /     /    {`ヽ ハ  ,:',: '  ' ,: '  '     i .i i i |  |
  |  | | i i i     /!    /     人_ノ⌒>   '   ,:' '   ,:'    i .ii i.i |  |
  |  | | i .i i     {    //     ,ィV∨ゝイ     ,:',   ' :',   '   i ii  ii .|  |
  |  | | i i i    マh、___,,、<乂x/}ノ 从  ,:',: '  ,:',: '  '     i .ii  i .|   .|
  |  | | i .i i    / ∨乂乂乂乂/. l从 /     '   '   ,:'    i ii  i...|  |
  |  | | i  i i   /   ゞ乂乂ア′   l V |     ,:',   ,:',   '    i i.i  i..|  |
  |  | | .i  i i  /     `¨¨´    / /l . l|  |                 i .i.i  i..|  |
  |  | | .i  i i  / /        / / \.l| |                 i .i.i  i..|  |
  |  | | .i  i ,.  /        / /    ヽ  ─────────‐.i  i.i  i..|  |
  |  | | i /    /      / /     ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ i  i..|  |
  |  | |  /   /  /      / /       Y                    ` . ̄ .|  |
  |  | / /   /  /      / /        |                  '., |  |
  | └ /   /.         / /           / ────────────┘  |
  |_  ,                / /.           {________________|
     {.      |       //            V
     从     |    /´            V
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   こんな気持ちになるなら出会わなければ良かった。

             ―――などと口が裂けても言えないのは困ったものね。


┃  そうして私はまた窓の外の吹雪を―――いえ、彼が居るはずの異国の方角を見つめる。
┃  
┃  相変わらず真っ白な景色しかないけど、この吹雪の向こうにいる彼の姿を求め続けていた。


336黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/03(金) 23:18:13 ID:DXiYoq4Y


         N\人     レ'| ,イ /} ∨  ` <
         | 〈         ノ' レイ} :::∨  /∧
         | ∧ _       / ∨  ::∨  /∧
         | |: \ `   イ  /¨∨ :::∨  /∧
         | |:  へ..::<〉¨¨¨///>‐、 :∨  /∧
         | |:   ,' /}}///∨    \::∨  /∧
         | |:/  //∨⌒/   <>  \v   /∧
         | :/  .ィ   }/            \  /∧
         |ハ  /:}  /  <>          \ /∧
         ||  .:   /\       <>      \
         ||  .: }/弋ノ:\ ,ィ        <>   〉  :\
         ハ ://>―‐「笊ミ、          <>∧
         レーァ:::::::::::::::::乂〉ルノ `ヽ   <>     | ∨    :`ヽ
        /`―ァ::::::::::::::::::::::::::::::∧  \        |-_-∨
       /^ニ≧¨:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ <>  ¨¨¨ `ヽノ-_-_ ∨    /∧
     /|ィ`ヽ}::::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::}     ∨-_-_-_-_-_-:∨    /∧
    /イ/:::::::::::::::::::::::/ilili}:::::::::::::::::}     <> ∨-_-_-_-_-_-:∨    /∧
   ( /:人:人:::::::::::::::/ililililili}:::::::::::::::::}        ∨-_-_-_-_-_-_∨    /∧
    )「¨¨ \:\::::, 'ililililililililil}:::::::::::::::八<>       ∨-_-_-_-_-_-_∨    /∧
  / 〉   Y:::::∨¨¨¨¨¨∨∨::::::::/__:∨      ∨-_-_-_-_-_-_∨    /∧
 Y∧ }   ハ:::::::::∨    ‐-}=イ    ∨  <>   ∨-_-_-_-_-_-_∨    /∧
  |∨  \_{::::::::::::::∨  ∧ /:::::::}    ∨       :{-_-_-_-_-_-_-:∨    /∧
  |ノ  ム彡 v::::::::::::人   ∨:{::::::::ハ___ ∨ <>    :{-_-_-_-_-_-_-_ {     /∧
/|   人八ハ:::::::::八 `ヽ  :{:::::::::∧    ∨     :{-_-_-_-_-_-_-_:{      /∧
  |  ノ ハノ `ヽレ、〉   \}人::::}⌒     ∨   <>:{-_-_-_-_-_-_-_:{      /∧
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   会いたい、わね。

             

┃  この一年、カドックに会いたいという思いばかりが胸の内で増幅し、ただそれだけを願ってきた。
┃                                                          
┃  なぜ見送りに来なかったのかとか、私が嫌いになったのかと聞きたいことは山程ありますが
┃  
┃  それは二の次三の次。


337黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/03(金) 23:27:02 ID:DXiYoq4Y


                -=ニニニ=-
             /         `ヽ
            /二ニ=}        /∧
           /       |_ _  /〉  /∧
             ,'      :|\ ∨.ノ    /∧
          |  :   .:   >「ノ__________ノヘ
          |:.  : | 人  :}__∨乂X乂X乂∧\
          | ヽ : レ,xf |  }「ソ   <>〈〉〈〉〈〉〉
          v \|ヘ∨レ :}¨|| ∨ .:∨ Y⌒ア⌒
           \  )   | :} ノ| ∨ .:∨   /∧
              ) >、  | ハ ./∨ .:∨   /∧
           /  | ≧| ///〈〉 ∨ .:∨   /∧
               | |: Vレ:::::/    .∨ .:∨   /∧
               | |∨/::::/ 〈〉  .∨ .:∨   /∧
               | |v//|       ∨ .:∨   /∧
               | |:/// | 〈〉 〈〉  ∨ .:∨   /∧
               | |:/// |     /-∨ .:∨   /∧\
               | |:/// |  〈〉  -_-.∨ .:∨   /∧ \
               | |:///〈   /-_-_-.∨ .:∨   /∧  \
               | |\_ ノ\/-_-_-_-_-.∨ .:∨   /∧   \
               | | :|    |-_-_-_-_-_-.∨ .:∨   /∧    \
               | | :|  〈〉|-_-_-_-_-_-_ ∨ .:∨   /∧     \
               | | :|〈〉  |-_-_-_-_-_-_-.∨ .:∨   /∧      \
               乂 |  〈〉|-_-_-_-_-_-_-_ ∨ .:∨   /∧       \
                   |〈〉  |-_-_-_-_-_-_-_- ∨ .:∨   /∧        \
                   |  〈〉|-_-_-_-_-_-_-_-_ ∨ .:∨   /∧         \
                   |〈〉  |-_-_-_-_-_-_-_-_-_∨ .:∨   /∧          \
───────────────────────────────────────────────

┃  あの輝かしい日々を思い出してしまったせいか、今日の私は特に酷く胸の奥がざわついてしまう。
┃  
┃  そして私はチラリと自分が利用しているベッドを―――正確にはその上にある物へと視線を向ける。







       __________
    r´ ´\                \
    (    \                \
     \     \              \
      \     \                 \
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ
───────────────────────────────────────────────

┃  そこにあるのは【 本 】だ。 真っ白なシーツと同じ様に雪のように白い【 本 】。
┃                                              
┃  先日、街を歩いていたら偶然迷い込んだ古本屋で頂いたものだった。


340黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/03(金) 23:33:21 ID:DXiYoq4Y



≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐

             。o< 。s≦ __________//
          。o< 。s≦>''“” ̄   ____  { {
       ,.ィ´。o<>''´      ______ ̄VA
      / />''´    > r''^^丁  I/I }…ー ,,_<>s。
     く xく/  ,.ィ彡ペ。 弋___ノ  /∨ トミ:::⌒^^'=- ,,_
    /^\\/〉ィヘ ㍉゚o     o゚㌘ xベ''㍉。:::::::::::::::
  ,.:':::::::::::::::ソィ㌻::::/\`'ミ≧s。s彡'′、:::\\::::`㍉。::::
 /:::::::::::::::::/ィ㌻:::,ィク::::://::メs。__,,。si(、:ヾ:、::::ヽ\::::::`''7
./:::::::::::::::::/∠:::::://::::://:://::| |:::::| |:マ::::ムマ:ペ。:::::\\:::/     -=ニ二二ニ=-
′::::::::::::://  Y//::::://: j{.{::::| |: : | |ムマ:::ムマ:::ペ。::::::\'′ /     ‐=ニ=-    \
::::::::::::::::/、ゝ-ヘ、::::://::::j{.{ :::| |:::: | |::ムマ::::ムマ::::ペ。  /∨  <> ――― <> ∨
::::::::::::::/〉 `メs。 `メ::::::j{:{:::::| |::::::| |::::ムマ::::ムマ>'´ {  :}<>/   /⌒¨  、   <>v
::::::::::::/,{  ,′  7s。 ^'=- 」」::::::| |:::::::ムマ''“´ __人__/    ,'   .i      ヽ   \)、
:::::::::/{/i{ .,′ .,′ ``~=Y二Y ̄ ̄_,,,,..。s <   0O `ヽ  .:    :{        \  ∨〉
:::: /}::}/,{/   ,'.j{⌒^^'=┐:lー‐‐| ̄ ̄      \ _人  } :  :   {    ∧      ∨〉
::/〉 |::{ 圦ワ ,' j{       |:│  :|          V  // } ¨¨ヽ  .i  :{    {ハ   |  \V人
/ /_{!::Ⅷi-{_,' j{       |::.|  :|   ┌‐.┐   V。 レト、}   :|  |  |  {ハ   {⌒}  :|    ` 二 フ
__(__){:::Ⅵ:::l′⌒^^=- ..,| .l   |   |  | /|| 。o | }  |  |⌒|  {ハ  :{ィ笊う㍉ /}八 ハ
i:i:i:i:i:{!:::::|::::|  || ̄ ̄~.| | .|___|   |_,.イ ||/i:i:i:i| 八  |  |ィチ笊㍉人  { 乂ツ ∨v〉 |  |
i:i:i:i:i:ム::::|::::|\||____|_| .|.  ○  ,.イ || レ'´i:i:i:i:i:i: |' | \} 八乂ツ   `¨`    .:- ': : :|  |
i:i:i:i:i:i:iム:|::::|i|i|i\ f⌒Y^゙|ニニ|^|/|| ||/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| |  )八∧      '       人: : : : |  |
i:i:i:i:i:i:i:i:iY:::|\|i|iミs。s(:: |i:i:i:i:i:|トミs。llィ´i:i:i:i:i:i:i:i:>''´..| |  / O: : >.    、  /} ∨: : : |  |
i:i:i:i:i:i:i:i:i|::::ト、::\|i|[ニ]\|i:i:i:i:i:|||`トミs。i:i:i:i:>'´    .| | , ' ノ}: :/  {::≧s。_/|::ル  ∨: ::|  |
\i:i:i:i:i:i:|::::li:i:i\」」二圦_)ニニニト、||.||..|| ||`'トミs。   . /  〈/ 人  ∨::}=====ル 〈〉  ヽ:..|  |
  |>'゙´:|::::|\i:i:{::}TTTZソニニニニ〕ト」| || .|| ||`トミs '  : : /     ∨}{==}{/         \ |
   ̄ ̄|::::|\ヽ|::|i| | ||::||二二二二二〕ト.」| || ||  / > ´   〈〉  ∨ニ, '        〈〉\
      |::::|  Ⅷ;;):| | ||::|L============┴`トミ ,' /           ∨ 〈〉  _ _        \
_,,,,,.... |::::|---}:::| | | ||::|:|================ ,ル〈〉    〈〉   〈〉人_ /ノ‐‐'     〈〉   \
┬十廾''|::::|TT''}:::|_|_LLノ }================ /           / {///// '¨¨二ア__        :、
││ ||.│::| | |ノ::/i:i:i:i:i:i:ア============== / 〈〉   〈〉   /::::/{¨(¨く   ゝ―ァ'  〈〉      _

≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐
───────────────────────────────────────────────

┃  不思議なお店でした。幼き頃からこの地に住み着いていた私でも初めて見た店構えで
┃  
┃  お店の中に入っても私以外の人は誰一人おらず、本棚には世界中のあらゆる言語で記されている本がズラリと並んでいた。
┃  


341黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/03(金) 23:44:29 ID:DXiYoq4Y


                      ―――--
                 _ /        ' ⌒ヽ `
               _//           \  \
             //                     ヽ
             / /  /    i|
.            / /  ,  |     |i    i i  |i    |Vi
.              '     |   八   | | 从 ,,  } 人| 、
            i i    i  、   |i  \  l,斗t≦ミ  ハ,ソi \
            | ハ  八__|_\从\   /     ´ /{,,Y 人  ヽ
            l'     ヽ|      ヽ/       / ,xしミ、 \ }i
                \ 、             / (〃/}:.\):)  从
                トー≧、    ' _  ,  乂_ ー┐:. Y i/
                |  { 、 ゝ   `    //つ 人へ\
                |  >⌒) } ≧  -イ/r''"/ } }  ⌒
                `¨´  )}'人ノ/ }¨´::::::人 ∨´ ≧=- 、
             __r― ミ/ / イ / /ヽ::::/  ヽ }    ―...\
           (----- ¨   \ { , /::: /  / ノ   /:.:/:∧_:.:i
             ゝr―-__    __∨:::: /  /  ―┐{:.:.:{>∇<:.|
             `¨ゝ---/ __)-彡-=彡/:.:/{:.:l八:.:.≧彡へ
               / / / _ヽ――:.:.:.:./   \:\_/:.:.:.イ
                 /  ∨ /::::::::\\ ̄ ̄    /:.:.――=彡 |
.                //  人'':::::::::::::::::ヽ:::ヽ  \/:.:.:./    / 人
             ,  / / / }::::::::::::―::∨:::\_  \:.:.\    /
           /   '⌒ヽ   |:/:::::::::::::/::::::::::::: \ \::::\      i
───────────────────────────────────────────────
【 ??? 】   あら、珍しいわね。ここであいつ以外の人間と合うなんて。

          リオーン、お客さんが来ているわよー。


┃  それから少しの間、店内を見渡していると不意にお店の奥から綺麗な銀色の髪をした女性が現れた。
┃  
┃  見た目からはとても店員には見えず、そも年下にしか見えない容姿とは裏腹に纏っている雰囲気に深みのようなものがあり
┃  
┃  落ち着いた声の様子から大人っぽく感じて色々とチグハグだった。


344黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/03(金) 23:55:30 ID:DXiYoq4Y



           l{ {: : :.| ; ; / {; : ト : 、;  ; } : : }
        {| |: : : : :|: :|: :|;' !ト: : |、: : }、: :}: j : : : j|
        {| { : : : :|: :{:/l|-、 {|ヘ: {_>、:}ト; :}:リ: : : :}|
        {| i:|: : : :{: ly    ヽヽ{  ヘ{  y: : : : :j:|
           {| }:} : : :{'、{          ,' : : : :/: l
         { }}: : : :.:ヽ    __'__   /: : : :/: : :l
         ヽ.}ヘ : : : :.i:`:...、 ` ´ ,..:':.{: : : :イ; : : :|
          .K.|: : : :.:|,..:.:.}:.:`..::.':´:.{:.:{: : : : } ヘ: : |
          { . |: : : : |`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:./|: : : :.} ,イ: :l
        /. .`.|: : : :.|. . ヽ:.:.:.:/. . |: : : :l'´. . ヽ}
        ヘ. . .|: : : :.!`ー -、.V.,. .-‐'l: : : :}. . . ∧
       { .ヽ. . |: : : :.! . . :,イト; . . |: : : l. . ./. }
       /. . ヽ |: : : :l . . //|ハ. . .{: : : i. . ./. ; }
      /ヘ. . ` l: : : :}. . ./〃| } }. . .{: : :.l. ./. . `、〉
      /. . .ヽ. . .l: : : }. . `'.{ l| ト'. . }: : :l. .レ . . . ヽ
      /. . . . .ヽ. . l: : :}. . . | l|| }. . .ヘ: :.}. .{. . . . .}
     /. . . . . 、 . .{: :.j. . . .|_|||_}. . . .}: :}.〈'. . . . . .}, --‐//
   /. . . . . . ヽ . }: :.}. . . . .||. . . . }:.}. .|.  ,. ' ´   / /
   {. . . . . . . . `、j.{: :|. . . . . .||. . . . }:}. ..レ'´    /  /
───────────────────────────────────────────────
【謎の女性】   勝手にお店の方に出ないでください。 ンンッ!大変失礼しました、可愛らしいお客様。

          ここを見つけることができたということはお客様は強い欲望をお持ちのようですね。


┏ 
┃   そして銀髪の女性の後を追いかけるかのように黒い髪の綺麗な女性が奥から歩いてくる。

┃   こっちは見た目も雰囲気も見たままの印象で、どこかミステリアスな空気を醸し出していた。

┃   この人がここの店員さんなのでしょうか?


348黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/04(土) 00:03:27 ID:sZTwYRJQ


              >''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"''*、
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,::::::::::::::::::.
           /,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::‘,:::::::::::::::::.
.         / '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::',:::‘,::::::::::::::::.
       / ,'::::::::::::::::::::::::::::::|::::::/  ':::::::::ト :::\::::',::::::::::::::::::::::::.
.      / ::::::::::::::::::::::::::::::/| /|.  ‘,:::ハ \:::\',::::::::::::::::::::::::.
.       / .::::::::::::::::::::::::::: / .|/ |   ':::::::',-‐\~{\:::::::::::::::::::::.
     ,'   ::::::::::::::::::::::::: / ̄| ̄.|`ヽ   \::',      }: |::::::::::::::::::.
      ,'   {::::::::|:::::::::::::::l             \     /|:::::::::::::::::::.
         {::::::::|:::::::::::::::{                   / |::::::::::::::::::::.
.    {   ', ::: |::::::::|:::::::..          、      /  .|::::::::::::::::::::::
        ',:::::|::::::::|::::::::::..                   ::::::::|:::::::::::|::
.    八    ::::::::::::::|:::::::::::::.          _,    /:|::::: |:::::::::::|::.
     ヽ   .}i:::::::::::::::::::::::::. \     `     /|:::| :::::|:::::::::::}:::.
            ハ:::::::::::::::::::|::::::._〕iト       イ :. |:::|::::: |:::::::::/:::::.
           ,'∧ ::::: |:::::::|::::::|ト、:.:.:.:.:.:.|_>-<_|:.:.: |:::::::::::|:::::::/:::::::::.
          ,'::::∧::::::|:::::::|::::::|{: :``~、、:.: ̄.:.:.:.:/: / :::::::: |:::::/:::::::::::::.
        ,:::::::::::.. :::|:::::::|::::::|{: : : : : : : :ヽ:.:.:.:/: :.:/::::::::::::::|:::: :::::::::::::::::.
         .:::::::|:::∧:::::::: |::::::||\_  __',:.:/:.:.:.:.:.{:::::::::::::::::::/:::::::|:::::::::::::.
.        /::::::::|:::::∧:::::::::::::::|: : : : :.\⌒ ∨:/⌒}:::::::::::::::::/:::::::::|:::::::::::::::.
      / ::::::: |:::::::∧:::::::::::::|: : : : : : : :/  ̄‘,: : :{:::::::::::::::/:::::::::::|:::::::::::::::::.
───────────────────────────────────────────────
【謎の女性】   ふむ、そのご様子では当店がどういったお店なのかご存じないようですね?

           それでしたらご説明をさせていただきます。

┏ 
┃   そう言って黒髪の女性が柔らかい笑みを浮かべて微笑みかけてくる。

┃   未だに何が何だか分からない私は流されるままに彼女の言う【 夢 】の話に耳を傾けていってしまった。


350黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/04(土) 00:13:13 ID:sZTwYRJQ



 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □
.

                              「 、
                       |\  |  〉___
                       |  \| ∧      ` 、
                       |   ル -=ニ ̄ ̄ ̄ニ=- \
                       人_ノ=- / ^¨¨^  -=- .\
                        / 〈/ / ,'  .:    ∨   \ :.
                     / ,'  ,'  .:   .:     ∨    v
                      / .:  /  .:  .:    |  ∨    |
                       / .: ./   |:   {    |  ∨    |
                   /  イ .:    |:   {    ..:   .:    |
                    / / .:   | :|   :.   八  .:     八
                      / /   |   ハ笊芯㍉乂/ ノ/   / /,
                 / / {.  |    〉       芯ア7  /  /,
                   //  {∨ ∨`ヽノ    '     /  /    /,
               .: v  { ハ ∨∧ 「¨ \  , 、   .イ7¨、     /,
               , ' .:  / ̄¨¨∨∧\ノ{}_>-=≦‐ Y .: .∨     /,
               ./ ,' 〈〉    ∨∧ \{}_{}_人_ノ ∨   ∨    /,
           /  / /       .∨∧  \/¨    :..、  ∨    ./,
          , '   ./ .: 〈〉   〈〉  ∨∧ /\ 〈〉    ¨¨`ヽ     /,
         ノ⌒¨¨7/             ∨∧ ¨x¨`ヽ    〈〉   ∨   /,
              /        〈〉 /´ニ.∨∧(_)_ \       ∨  ./,
           /  〈〉     /ニニY¨ ∨∧―y`> \      ∨  ./,
          <__  ―=ニニ{-― >{  ∨∧ ,':.    `ヽ〈〉    ∨  ./,
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   自分の望んだ【 夢 】を見れる【 本 】………です、か。

             普通に考えれば眉唾ものなのですが。


┃   そうして帰り際に渡された三冊の白い【 本 】を手に取る。

┃   これを使えば【 夢 】とはいえ彼に会える。そう思うとどうしても捨てることができなかった。


352黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/04(土) 00:20:49 ID:sZTwYRJQ


                            }\  /\
                            {  \   ノ
                         _,,、、 ――― '' 、、
                        >''´             ㍉ 、
                    /  ''´ ''´            マ ` 、
                    / / /  //            マ.   \
                   , 〃 /  // /              マ   ヽ
                    {/ / // / /.  〃       }}    ∨
                     从  // ./ /   〃        マ     V
                   / ̄ ̄ ̄ // / /  〃                   ',
              /       // |   〃          Y⌒ヽ      ,
                 '            | /            乂__ノ      }
               / 、        _/   /      /{乂乂
.              /        `''ー=彡       , イ  V乂乂>   ,′
             /            /  _ ,、丶`     ∨乂乂乂>/
              {             ̄ ̄く:ソ ノ         ∨乂乂乂/
            />。          >―‐<   /.      \乂乂/
.          ,    . :.\            /   ,           \X/
        /  ,  . : : : ヽ      ∧ ∧ {   /   |      /
         /  /  / : : : : : ハ  ∧ / ∨ ∨',        |.      /
       ,     : : : : : : : : } / ∨  _  ―― 、     |     ,
       |  |   |,,、、、、~''^} )>''´       \.    |     {
       ,   /     >''´ ◇     ◇    \.       ',
        人 /     /                \        ',
          /.      /    ◇     ◇    ◇      ヽ       ',
.        /     /                         '。     ヽ
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   それに【 夢 】で会えてもそれは所詮自分を慰めるだけの都合のいい幻。

             そんなものに意味なんて―――


┃   頭の中でずっと同じ疑問がグルグル回って答えが出ない。

┃   私が会いたいのは現実を生きている彼だ。【 夢 】で会ったてそれは本物の彼ではない。

┃   そう、そのはずなのに―――ー


353黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/04(土) 00:28:17 ID:sZTwYRJQ


                    -=ニ二二ニ=-
                /     ‐=ニ=-    \
             /∨  <> ――― <> ∨
             {  :}<>/   /⌒¨  、   <>v
         __人__/    ,'   .i      ヽ   \)、
        <   0O `ヽ  .:    :{        \  ∨〉
         \ _人  } :  :   {    ∧      ∨〉
           // } ¨¨ヽ  .i  :{    {ハ _|  \V人
            レト、}   :|  |  |  {ハ   {-‐}  :|    ` 二 フ
              | }  |  |―|―{ハ  :{  :} ::ノ /}八 ハ
              | 八  |  |      人  { ェzzァ ∨v〉  |  |
              |' | \} 八 ミzzァ   `¨`    .:- ': : :|  |
              |  )八∧      '       人: : : : |  |
              |  / O: : >.    - ‐  /} ∨: : ::|  |
              | , ' ノ}: :/  {::≧s。_/|::ル  ∨: ::|  |
             /  〈/ 人  ∨::}=====ル 〈〉  ヽ:..|  |
             '  : : /     ∨}{==}{/         \ |
            / > ´   〈〉  ∨ニ, '        〈〉\
           ,' /           ∨ 〈〉  _ _        \
           ,ル〈〉    〈〉   〈〉人_ /ノ‐‐'     〈〉   \
           /           / {///// '¨¨二ア__        :、
         / 〈〉   〈〉   /::::/{¨(¨く   ゝ―ァ'  〈〉      _
       /     _ ...  ‐<¨¨  /}   人  /¨¨,'>:.      〈人
         >、_ _ ィ   〈〉 /--=ニ ,イ   >--イ:::::::/ 〈〉 }>‐  __>
      /-_-_-_-フ    /{: : . /¨.:八 ,イ〉  :レヘ'     /-_-〉_-_-_-_-_
     ∧-_-_-:/〈〉 /):::人: :{    {ハ  <  . . ::/    ./-_-.:_-_-_-_-_- 〉
     ∧-_-_/   /八{`ヽ ≧)   .:   人. . : /  〈〉 /-_-,'_-_-_-_-_/、
    ,'-_-_    ./{  v  レ'ト、  ,'  イ≧=-'    ./-_-/_-_-_-_/-_ ∧
    -_-/ 〈〉 /v )  人/ ノ .:) 人  ソ  / 〈〉   /-_-/_-_-_ , '_-_-_-_ ∧
  ∧_/    /::::| { 〈/  < _  〈_ノ  〈ニニ     ./-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
  ∧/      /:::::::| } (     〉  ,'    ノ=/     ./-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
  {_/     /:::::::::| }  \   / /   イ=/    /-_-〈_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   幻でも―――もう一度あなたの声が聞きたい。

             そしてこの気持ちが本物なのか確かめられるのであれば―――ー


┃   この胸の中で今も熱く燃えるような感情。

┃   それがかつて偽物の恋人を演じて時と同じ偽物の愛なのか、それとも本物なのか。

┃   その答えを求め、私は意を決してこの白い【 本 】を使用することを心に決めるのでした。


                                             【 つ づ く 】

354名無しさん@狐板2018/08/04(土) 00:29:38 ID:Y37xXIyC
乙でした
次回でついに再会(?)か

355黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/04(土) 00:30:31 ID:sZTwYRJQ


                 /{
                /  {
              , '     {
        ____ >-ニ¨¨¨>―
        \  > ´へ      -=>  )h、
         >  /   ヽ \    \〉
         '     /    ∨ \    v〉    \
         /  '  /      {         ∨〉
       /  /  '        八       ∨〉    ∨
      '  .:  /        / ∨  }     } 〉     ∨      眠気が凄いんで今日はここmで
      |i  |         '― -} _}     :|{^}     }
      |i  | {  {八   /   }  }      :|乂      }       延々と導入をやっててすまんなぁ。
      |i  | {  {  ∨ /¨≧=-ミ :}      :|¨¨¨ヽ   }
     八ノ{/\{  ∨  {:::::rj::)≫}      :|乂X乂\ }       読者の皆さんが退屈してないかどうかが心配である。
       {   '   \ ノ  ´¨¨¨ ` ,'     |乂X乂X.:\
       {             /⌒}   ,イハ乂X乂X乂\
      八               八/}人}乂X乂X乂_ノ
         v)             へ_.ノ∨乂X7´¨¨
         :.             ノ´{: : : : : :廴_ノ |
        ハ        ... . :::    {: : : : :       |
       /  `¨¨¨¨ ̄| ¨´   ∧  ノト、 : : : :       |
      ,'     .}  |∧__∧_/  Y : レ}`ヽ: :     |
       /     : /  八} { } { }  > ´  /: : :     |
           : / /::/`¨¨¨¨>     < : : :       |
   /     /¨/ /::/ > ´   ∧    }: : ::     |
  /    /} / ハ<´¨     <::::>   ハ : : : :     |
/     /´¨ ./  {^ \         ∨   /: : : :  :}  |


関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する