同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite

短編 カドックとアナスタシア その2

243黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/01(水) 22:55:01 ID:yYu3bOxa








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  私にとって人生とは敷かれたレールの上を歩いていくことでした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







.


244黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/01(水) 22:59:35 ID:yYu3bOxa


              '   ,:'   ,: '     '   ,:'
                 '   ,:'   ,: '     '   ,:'
    :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'
       :'  '   ,:',: '  '   ,:'    , ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '
,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '
   ,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '   ,:' '   ,:'   ,: '     '   ,:'
                 ,:',: '  '   ,:'    ,              '   ,:'   ,: '     '   ,:'
                    ,:',: '  '   ,:'   :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'
       '   ,:'   ,: '  '   ,:',   '   ,:'    :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'
          '   ,:'   ,: '  '   ,:',  ,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '   ,:'
  ,:',: '  '   ,:'    ,              ,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '   ,:'
      ,:',: '  '   ,:'    ,         '   ,:'   ,: '       ,:',: '  '   ,:'    ,
  '   ,:',   '   ,:'                '   ,:'   ,: '        ,:',: '  '   ,:'    ,
      '   ,:',   '   ,:'     ,:',: '  '   ,:'   '   ,:'   ,: '  '   ,:',   '   ,:'
         ┃  ┃┃
         ┏━━┛         ┃    ┃     ┃
         ┃         ━┃  ┏━ ┃ ┏━ ┃ ┏━ ┃  ┛ ┛ ┛ ┛ ┛ ┛
         ━━━┛   ━━┛    ┃    .┃     ┃
                        ,:',: '  '   ,:'    ,'   ,:'   ,: '  '   ,:',   '   ,:'
                     '   ,:',   ' ,:',: '  '   ,:'    ,
                        '   ,:',   '  ,:',: '  '   ,:'    ,         '   ,:'   ,: '
 ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '      '   ,:',   '   ,:'                '   ,:'   ,: '
    ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '       '   ,:',   '   ,:'     ,:',: '  '   ,:'    ,
               '   ,:'   ,: '     '   ,:'                 ,:',: '  '   ,:'    ,
                  '   ,:'   ,: '     '   ,:'           '   ,:',   '   ,:'
     :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'                       '   ,:',   '   ,:'
       :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'
,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '  ,:',: '  '   ,:'    ,
   ,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '   ,:',: '  '   ,:'    ,
                 ,:',: '  '   ,:'    ,    '   ,:',   '   ,:'
                    ,:',: '  '   ,:'    ,     '   ,:',   '   ,:'     ,:',: '
───────────────────────────────────────────────

┃   とある冬の日の夜。

┃   その日は少し強い吹雪が世界を塗りつぶすかのように強く吹き荒んでいました。


245黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/01(水) 23:06:19 ID:yYu3bOxa


  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .|
  | ┌────────────‐┬┬┬────────────‐┐ .|
  |  | |  i   i i i  i         .| | |         i  i          |   |
  |  | |  i   ,i .i i  i         .| | |         i  i         |   |
  |  | |  i.   .i .i i  i         | | |  ,:',: '  '    .i  i    i   .ii|  |
  |  | |  i   i .i i  /           .| | |    '   ,:'   ヽ  i  .i  i   ii|  |
  |  | | .i  .i .i. / /  ,:',: '  '    | | | ,:',:  ,:',   '   ヽ ヽ  .i  i  ii|  |
  |  | | i  i  i./ /     '   ,:'   | | |    ' ,:',: '  '   ヽ ヽ  i i  .ii.|  |
  |  | | .i  /  / ./      ,:',   '   .| | |    ,:',  '   ,:'  ヽ .ヽ .i .i  ii.|  |
  |  | | i /i / ./              .| | |       ,:',   '    ヽ ヽ i i.∥.|  |
  |  | | i/./ / ./──── __ ─┘ | └─────────ヽ ヽi∥, .|   |
  |  | | ヽ  /___ >'' ̄ ̄`丶`''<  ____________,Yo≦!. |  |
  |  | |≧g〈、      /    /   ヾ  ヽ                ヾ7i i゙i |  |
  |  | | i.i¨i゙´     /     /    {`ヽ ハ  ,:',: '  ' ,: '  '     i .i i i |  |
  |  | | i i i     /!    /     人_ノ⌒>   '   ,:' '   ,:'    i .ii i.i |  |
  |  | | i .i i     {    //     ,ィV∨ゝイ     ,:',   ' :',   '   i ii  ii .|  |
  |  | | i i i    マh、___,,、<乂x/}ノ 从  ,:',: '  ,:',: '  '     i .ii  i .|   .|
  |  | | i .i i    / ∨乂乂乂乂/. l从 /     '   '   ,:'    i ii  i...|  |
  |  | | i  i i   /   ゞ乂乂ア′   l V |     ,:',   ,:',   '    i i.i  i..|  |
  |  | | .i  i i  /     `¨¨´    / /l . l|  |                 i .i.i  i..|  |
  |  | | .i  i i  / /        / / \.l| |                 i .i.i  i..|  |
  |  | | .i  i ,.  /        / /    ヽ  ─────────‐.i  i.i  i..|  |
  |  | | i /    /      / /     ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ i  i..|  |
  |  | |  /   /  /      / /       Y                    ` . ̄ .|  |
  |  | / /   /  /      / /        |                  '., |  |
  | └ /   /.         / /           / ────────────┘  |
  |_  ,                / /.           {________________|
     {.      |       //            V
     从     |    /´            V
───────────────────────────────────────────────

┃   私の母国はとても寒い。今日のように窓の外の景色が真っ白になる事も珍しくありません。
┃   
┃   この国で生まれ育った私にとってその光景は何も珍しくなく、部屋を暖めるために暖炉に火を焚べ、
┃                                                            
┃   何をするでもなくただ窓の外を見つめる。


247黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/01(水) 23:14:56 ID:yYu3bOxa


                    __  _
              , -―-            )h、
        ____/三三三三ニ=-         \
          \  ´⌒ ヽ  ー- 、   =-         \
        / /     ∨    \   =-        \
       / /      }      \   \        ヽ
     , ' ' /         }       \   \       v
     / / '    i              ',_  \      ∨
   __/ / {    }    }\         ∨ `ヽ v      }
  ⌒7 .:   {    {    }_\       ∨   \       :ト
   厶| |i  {    {    / _,, `ヽ      ∨    \___八 __
     | |i  {    {   /ャ示^   ∨     ∨     \__ \/ ∨
     | |i  {    {   / ぅり     ∨ 八   }二ニ=-― ⌒/\ /∨
     |八  ',  人/  У      ∨ )八  } /   .\/\/ヽ ∧
      \八/∨ノ           ノ  / }/, '    ,イ \/\/ヽノ\__
            \              ∧/      }:::  \/\/∨∨`ヽ
             、_ _         '  /       }::::    ゝ――――― ^\
             ∧        / , '       }:::      \: : : : : : : : : : )
            / ∧      イ  /        :::        \: : : : : : :ノ\
          /   / ∧ー ‐   }__∧′        人: : : : : : :       >――――
         /    / : : : : : : : :}ニニ{        /  \: : : : :
       , '       : : : : : : :/⌒¨{ /     (   ∧  \: : : : :
               : : : : : /    .∨ /     ハ  ∨    \ : : : :
     /       : : : : :/      ∨ /             \: : : :
     /        : : :/           ∨ /     }      ∧ \ : : : :
     /        : : :/    ∧         ∨      }      ∨   \ : : : : :
    ,      : : : <     ∨      ノ     ノ            `ヽ: : : :
    {     て二⊃∧         /     /            /-_-_-_-_ニ=-
    {         , 'ニ∧        /      /   ∧        /-_-_-_-_-_-_-_-ニ=-
          / ̄¨¨:∧     ,       :/    ∨        /-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-ニ=-
    {        ': : : : : : :人    {     /           /-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-ニ=-
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   この調子では明日も外には出れないわね。



┃  視界いっぱいに広がる銀世界―――などと言うほどこの吹雪は甘くない。

┃  一度外に出れば冷たい雪と強い風が生物の体温を急速に奪って、やがては命を奪ってしまう。

┃  だからこんな日は誰一人家の外に出ないで寒さに耐える。


249黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/01(水) 23:22:44 ID:yYu3bOxa


                    -=ニ二二ニ=-
                /     ‐=ニ=-    \
             /∨  <> ――― <> ∨
             {  :}<>/   /⌒¨  、   <>v
         __人__/    ,'   .i      ヽ   \)、
        <   0O `ヽ  .:    :{        \  ∨〉
         \ _人  } :  :   {    ∧      ∨〉
           // } ¨¨ヽ  .i  :{    {ハ _|  \V人
            レト、}   :|  |  |  {ハ   {-‐}  :|    ` 二 フ
              | }  |  |―|―{ハ  :{  :} ::ノ /}八 ハ
              | 八  |  |      人  { ェzzァ ∨v〉  |  |
              |' | \} 八 ミzzァ   `¨`    .:- ': : :|  |
              |  )八∧      '       人: : : : |  |
              |  / O: : >.    - ‐  /} ∨: : ::|  |
              | , ' ノ}: :/  {::≧s。_/|::ル  ∨: ::|  |
             /  〈/ 人  ∨::}=====ル 〈〉  ヽ:..|  |
             '  : : /     ∨}{==}{/         \ |
            / > ´   〈〉  ∨ニ, '        〈〉\
           ,' /           ∨ 〈〉  _ _        \
           ,ル〈〉    〈〉   〈〉人_ /ノ‐‐'     〈〉   \
           /           / {///// '¨¨二ア__        :、
         / 〈〉   〈〉   /::::/{¨(¨く   ゝ―ァ'  〈〉      _
       /     _ ...  ‐<¨¨  /}   人  /¨¨,'>:.      〈人
         >、_ _ ィ   〈〉 /--=ニ ,イ   >--イ:::::::/ 〈〉 }>‐  __>
      /-_-_-_-フ    /{: : . /¨.:八 ,イ〉  :レヘ'     /-_-〉_-_-_-_-_
     ∧-_-_-:/〈〉 /):::人: :{    {ハ  <  . . ::/    ./-_-.:_-_-_-_-_- 〉
     ∧-_-_/   /八{`ヽ ≧)   .:   人. . : /  〈〉 /-_-,'_-_-_-_-_/、
    ,'-_-_    ./{  v  レ'ト、  ,'  イ≧=-'    ./-_-/_-_-_-_/-_ ∧
    -_-/ 〈〉 /v )  人/ ノ .:) 人  ソ  / 〈〉   /-_-/_-_-_ , '_-_-_-_ ∧
  ∧_/    /::::| { 〈/  < _  〈_ノ  〈ニニ     ./-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
  ∧/      /:::::::| } (     〉  ,'    ノ=/     ./-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
  {_/     /:::::::::| }  \   / /   イ=/    /-_-〈_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
───────────────────────────────────────────────

┃   景色を見ているのにも飽きた私は瞼を落として呼吸を整える。

┃   心を落ち着かせ、そっと胸に手を置いて一番楽しかった頃の思い出を振り返る。
┃   
┃   それはほんの一年ほど前の思い出ですが、まるで遠い過去のように、あるいはつい昨日のようにも思えてならない。


250黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/01(水) 23:29:26 ID:yYu3bOxa


.           ∧   /´ ̄ ̄`Y´ ̄ ̄\
          /  ∨/ > ´ ̄ ̄ ̄ \ \
        { {ニ }//        \\ \
        ゝ 乂 /               \\ ヽ
        人Y7                   ∨∧ }
     /´ ̄フ//    { {      |    ∨∧.|
    ./ // {{     | |      }     ⌒Y
    ー=彡   | i     | |       /     }   \|
          | |  ´ ̄ \   /´ ̄´ .人     |
          | |  芹云ミ \ / 芹云ミ、 \   !
          | | |  ゞツ      ゞツ ノ   }  |
          | | | 人     i      イ  /   |
          | |.i{ .∧          ノ从{´   |
          | |八  /\  ` ̄  /\´     |
          |    / {  }> _ イ}  人    |
          |.   /  ∨ニニニニ > ´{ ィ^Y}>ヘ
          | /     ∨ /    乂j__ノ     \
.          /        ∨                   ∨
       /         /      /〉        ∨
       /          {    >y' / >┐       }\
.    /             .|   |  { //´ ┴┐     |  }
    {                ゝ  {      -─┤     |  |
    |            //´ ̄}⌒\    / ̄ ´      .人 |
    |.         / /  /     \/         /   .|
    |  \  /   /  (       }\____/ }    |
    |    イ    / / }     |   人    }   |   |
    |    {   //   .|     |/  }   |   |   |
───────────────────────────────────────────────

┃  私という人間を一言で言うなら「 人形 」または「 電車 」でしょう。
┃  
┃  この国で少々位の高い家に生まれてきた私は幼い頃から親や親族の言う通りに育ち、
┃  
┃  他者が敷いたレールを歩くことしか出来ず、誰かに操作されて生きてきた。
┗  

252黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/01(水) 23:34:22 ID:yYu3bOxa


                -=ニニニ=-
             /         `ヽ
            /二ニ=}        /∧
           /       |_ _  /〉  /∧
             ,'      :|\ ∨.ノ    /∧
          |  :   .:   >「ノ__________ノヘ
          |:.  : | 人  :}__∨乂X乂X乂∧\
          | ヽ : レ,xf |  }「ソ   <>〈〉〈〉〈〉〉
          v \|ヘ∨レ :}¨|| ∨ .:∨ Y⌒ア⌒
           \  )   | :} ノ| ∨ .:∨   /∧
              ) >、  | ハ ./∨ .:∨   /∧
           /  | ≧| ///〈〉 ∨ .:∨   /∧
               | |: Vレ:::::/    .∨ .:∨   /∧
               | |∨/::::/ 〈〉  .∨ .:∨   /∧
               | |v//|       ∨ .:∨   /∧
               | |:/// | 〈〉 〈〉  ∨ .:∨   /∧
               | |:/// |     /-∨ .:∨   /∧\
               | |:/// |  〈〉  -_-.∨ .:∨   /∧ \
               | |:///〈   /-_-_-.∨ .:∨   /∧  \
               | |\_ ノ\/-_-_-_-_-.∨ .:∨   /∧   \
               | | :|    |-_-_-_-_-_-.∨ .:∨   /∧    \
               | | :|  〈〉|-_-_-_-_-_-_ ∨ .:∨   /∧     \
               | | :|〈〉  |-_-_-_-_-_-_-.∨ .:∨   /∧      \
               乂 |  〈〉|-_-_-_-_-_-_-_ ∨ .:∨   /∧       \
                   |〈〉  |-_-_-_-_-_-_-_- ∨ .:∨   /∧        \
                   |  〈〉|-_-_-_-_-_-_-_-_ ∨ .:∨   /∧         \
                   |〈〉  |-_-_-_-_-_-_-_-_-_∨ .:∨   /∧          \
───────────────────────────────────────────────

┃  「 一族にふさわしい教養を身に付けろ 」 「 常にトップで居続けなければならない 」

┃  そんなことばかりを言われてきた私は彼らの望む通りに要求された事をすべてこなしてきた。

┃  私にとってはそれが日常で、別に不満を持っているわけでもないですが、時折妙に虚しさを覚える。


253黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/01(水) 23:40:22 ID:yYu3bOxa


                  _
                     |  `ヽ
                 _」 -=ニニニニニニ=-  .._
               /   / 「    :.     `ヽ
          __ /   /  :i     〉 }     v\
          \ /  /,' /   .:    ,'  }     v \
             /    .: / .:       ,イ  .:    :|  }
          /    .: .: ::|   ::|  ./ :}  ,'     |  }    、
            ,'    .: :i   |   ::|―/―} /     ノ  }    \
         {    .:i :{―八   .斗____}   ,   :}____∧
             :} ,__ \  | ∧r::ノ/   ,     人乂X乂X乂
         \  :} Ⅵrソ   \|  ¨¨/ /  :} /  \乂X乂X\
            >、ノ\|  `         //|  ,'} ハ八   \乂X乂X\
          ,' / ..:イ         /  :|/八ノ、) } \   \乂X乂X\
         / / /∧   ― -        イニ=-    \    ゝ――― '
          / / __} ∧           ..::  ∨_v     \     ニ=――
         .:「 ./ /  ::.      ..::    <>∨ノ \     \          ¨¨¨¨¨¨¨¨`ヽ
        | :|.∨ /   / >- ― ∨  <>ニ}{/     \      ¨¨¨  ―――――
        | :|  .:   ./   /  , ヘ<>ニ}{ /    〈〉 ∨、     `ヽ   \
        | :|   |  ./   / / { .}{ニ./  〈〉     ∨ \     \
        |八: :|  /   /  .{  .v_ノ/         〈〉   ∨  \      \   \
          } | ./   /  ノ  ∨   〈〉         ∨   \     \    、
          } |/   / /〈〉  /          〈〉   ∨     \     \   \
          } /   //〈〉  ,イ   〈〉            ∨           \   \
          /  /〈〉   / ハ              〈〉 ∨     \       \   `ヽ
───────────────────────────────────────────────

┃  求められた事をこなせば褒められる。できなかったら叱られる。

┃  私にとって他者との繋がりはそんなものでしかなく、とても薄っぺらい。

┃  要するに私はずっと孤独だった。


255黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/01(水) 23:43:09 ID:yYu3bOxa


                        , .. --―=―‐-
                       >: -―-: :{/  -―‐- 丶、 .,,__
                 ー=彡.:   、ヽ``¬´   ヽ      <.,,_,,.
                  /     /         \        ≦,,
            .ー=彡.:     /             ヽ   ヽ      ,'
             /:       {               l     <,,.
               /                  :l    }  : }  ,′
          .ー=彡::/ : /:   l |        /     |    |  :リ  《,
          ノ   |    | l   |、  从   .ノ| |    リ /   (
           ノ  i |   丁 {   |ゝ 斗ァ-――|- }:   / /.,_,  `7
           \  | |   从ハ   { ハ{ ⅱ/ |ハ: リ  /___: ⌒ ”¨ア
           | | |i   -ィ   V  {        lハ ハ∧} ≪,_彡'
           { ! ル   |   ∨ヘ        !( ,l/∠少l 「ミメ
           }ノⅱ|i       乂(          r。イ | (⌒
               从|i.   八  .ノ           ァ { ii くうム丶
               }从ゞ: ヽ  、       /   寸从⌒o。ニニ!
               |:∧:  l ト  -―   .ィ      ´iii.,ィi{ニニ-j
               |:} 从 |,ハ/\_  ィ..;::::.:.:/   .,.,ィi{==ニニニア
               ソ.. 从|リ }代:i:i:i:i:/;;:::.:.:/_,.,.ィi(=ニニニニニニア/丶、.,.,
                       `' 代h,、、,,.、、rセ〔ニニニニニニニニニァ     ,ふ:x
                        マニニニニ「ニニニニニニニニ/     ,ィ(ニニイh、
                       ,,_,,、ィⅥ二ニニ}iニニニニニニニ7     ,,たニィ /,  \
                、 `  /ニ∨ニニニニニニニニニニニ'      √ニ;  /,    ,
              /     /ニニニニニニニニニニニニニ'     ,'ニニ;   /,     ,
             /!     /ニニニニニニニニニニニニニ{     'ニニ;   /,,.    ゚,
───────────────────────────────────────────────

┃  そう、孤独―――だった。

┃  あの日、あの時、あの瞬間までは――――


256黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/01(水) 23:53:04 ID:yYu3bOxa


                    -=ニ二二ニ=-
                /     ‐=ニ=-    \
             /∨  <> ――― <> ∨
             {  :}<>/   /⌒¨  、   <>v
         __人__/    ,'   .i      ヽ   \)、
        <   0O `ヽ  .:    :{        \  ∨〉
         \ _人  } :  :   {    ∧      ∨〉
           // } ¨¨ヽ  .i  :{    {ハ _|  \V人
            レト、}   :|  |  |  {ハ   {-‐}  :|    ` 二 フ
              | }  |  |―|―{ハ  :{  :} ::ノ /}八 ハ
              | 八  |  |      人  { ェzzァ ∨v〉  |  |
              |' | \} 八 ミzzァ   `¨`    .:- ': : :|  |
              |  )八∧      '       人: : : : |  |
              |  / O: : >.    - ‐  /} ∨: : ::|  |
              | , ' ノ}: :/  {::≧s。_/|::ル  ∨: ::|  |
             /  〈/ 人  ∨::}=====ル 〈〉  ヽ:..|  |
             '  : : /     ∨}{==}{/         \ |
            / > ´   〈〉  ∨ニ, '        〈〉\
           ,' /           ∨ 〈〉  _ _        \
           ,ル〈〉    〈〉   〈〉人_ /ノ‐‐'     〈〉   \
           /           / {///// '¨¨二ア__        :、
         / 〈〉   〈〉   /::::/{¨(¨く   ゝ―ァ'  〈〉      _
       /     _ ...  ‐<¨¨  /}   人  /¨¨,'>:.      〈人
         >、_ _ ィ   〈〉 /--=ニ ,イ   >--イ:::::::/ 〈〉 }>‐  __>
      /-_-_-_-フ    /{: : . /¨.:八 ,イ〉  :レヘ'     /-_-〉_-_-_-_-_
     ∧-_-_-:/〈〉 /):::人: :{    {ハ  <  . . ::/    ./-_-.:_-_-_-_-_- 〉
     ∧-_-_/   /八{`ヽ ≧)   .:   人. . : /  〈〉 /-_-,'_-_-_-_-_/、
    ,'-_-_    ./{  v  レ'ト、  ,'  イ≧=-'    ./-_-/_-_-_-_/-_ ∧
    -_-/ 〈〉 /v )  人/ ノ .:) 人  ソ  / 〈〉   /-_-/_-_-_ , '_-_-_-_ ∧
  ∧_/    /::::| { 〈/  < _  〈_ノ  〈ニニ     ./-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
  ∧/      /:::::::| } (     〉  ,'    ノ=/     ./-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
  {_/     /:::::::::| }  \   / /   イ=/    /-_-〈_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   カドック………



┃  遠い異国で出会った一人の青年の顔を思い浮かべると自然と私の唇は彼の名を呟く。

┃  その瞬間、私の鼓動が僅かに高鳴り、ドクンドクンと響く振動を胸に添えた手のひらで感じ取る。

┃  そういえば彼は自分の胸や目元を抑えるのが癖だったなと思いだしていく。


259黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/02(木) 00:01:15 ID:zpyCwHQr


                            }\  /\
                            {  \   ノ
                         _,,、、 ――― '' 、、
                        >''´             ㍉ 、
                    /  ''´ ''´            マ ` 、
                    / / /  //            マ.   \
                   , 〃 /  // /              マ   ヽ
                    {/ / // / /.  〃       }}    ∨
                     从  // ./ /   〃        マ     V
                   / ̄ ̄ ̄ // / /  〃                   ',
              /       // |   〃          Y⌒ヽ      ,
                 '            | /            乂__ノ      }
               / 、        _/   /      /{乂乂
.              /        `''ー=彡       , イ  V乂乂>   ,′
             /            /  _ ,、丶`     ∨乂乂乂>/
              {             ̄ ̄く:ソ ノ         ∨乂乂乂/
            />。          >―‐<   /.      \乂乂/
.          ,    . :.\            /   ,           \X/
        /  ,  . : : : ヽ      ∧ ∧ {   /   |      /
         /  /  / : : : : : ハ  ∧ / ∨ ∨',        |.      /
       ,     : : : : : : : : } / ∨  _  ―― 、     |     ,
       |  |   |,,、、、、~''^} )>''´       \.    |     {
       ,   /     >''´ ◇     ◇    \.       ',
        人 /     /                \        ',
          /.      /    ◇     ◇    ◇      ヽ       ',
.        /     /                         '。     ヽ
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   あれから、もう一年………



┃  当時、私は一人異国の地へ飛び立ち、とある学園に通っていた。

┃  なぜ海外の学校へ通ったのかというと、一度くらい自由が欲しかったからだ。

┃  誰かの操り人形でしかいられない、求められていない私でもほんのひと時普通に生きてみたかった。


260黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/02(木) 00:08:29 ID:zpyCwHQr


                    >─── 、
                /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        ト   、    /              \
        ∨  \ /           |│    \
.         ∨   /  .{        }人.       \
       /´ ̄` /  │       、_ \     }
       `>─ /   .|.          /  ` ヽ    |` ̄ ̄\_
            /    |    ト、   i{/ 芹云ミ i     |         \
          { |     |∨从{ \八  辷ツ }     |          \        ⌒ヽ
          | |     |      ,         |⌒}乂 }          \       }
          | |\   {            厶イ              \__ /
          |   \」     △     /                  \
          |       \.           /             \       \
          |       \       /               \        \
          |     ∨ ̄}> ─=≦}⌒ 、                   \        \
          |.      ∨∧     j   \                    \        \
          |   /}.   ∨∧.     /      \                    \       ヽ
          | ./  .|    }   \ー/          \                    \      }
         /   .|    |    ∨ r ┬ 、    \                    \      |
         /      |    |     /⌒7⌒ヽY_      \             }      }     |
       /         .|    |  /  ゝ人_ ソ \    }\          |      |     |
       .∧        .|    | /    / ` ̄´    \  .|   \       |      |     |
───────────────────────────────────────────────

┃  とはいえ自分が箱入り娘だというのは重々承知だったので

┃  父の知人である大学教授に相談したら信用できる人間を紹介しようと言われ、私は彼と出会った。

┃  第一印象は目の下のクマひっど!!!―――でしたけど



            /  /               |\      \     | /|
        ,  '   /        __    八. \⌒\   ヽ    ∨ |
   _,、r='^    /  _,,.. -‐ '' "´ /     \  \     ノ      ',
  ⌒ ̄/   ⌒ ̄      _、‐''゛   \ __\  \___/    }     ,
    /-‐===‐-    _、‐''゛        \          /     }
          /    /                ` ‐ ────      }  /
           /   /_,,.. -‐ '' "´              /      /
        / /⌒           _,、r='/     .//   /  |
        /           ノ  >''~   ⌒ ̄ ̄ ̄ /  /| /| |
     ⌒ ̄> _,,.. -‐ '' "´ >''~               / / } :!/ 八:!
     >''~  ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ { ̄∨             |/ ノ ノ
    /-‐……‐-/     八ハ 〉       `ー=ニ彡    ⌒乂
.       _,、r='^   / / ∧                      〉
      ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄//7/  'ー八                  /
        __. -=ニニニ/ニニノ  : :.:.:|: : .                /
      |_,,.. -‐'' "´::::::::::::::/    : : |: : ::\        --‐‐/
      |ニニニ=-. ::::::::::/     |: : : : : : : .          /
      |ニニニニニニ=- ...__    |: : : : : : : : : : . .    ∧
      |ニニニニニニニニニニ=-  _ : : : : : : : : /` ─'ニ.}
        `、ニニニニニニニニニニニニ=- : : : : : {:::::::::::ノニニ|
.       ‘,ニニニニニニニニニニニニニ=:::::::::::::::/ニニ|
        -=ニニニニニニニニニニニニニニ=-=ニニニニ|

262黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/02(木) 00:17:51 ID:zpyCwHQr


                  _
                     |  `ヽ
                 _」 -=ニニニニニニ=-  .._
               /   / 「    :.     `ヽ
          __ /   /  :i     〉 }     v\
          \ /  /,' /   .:    ,'  }     v \
             /    .: / .:       ,イ  .:    :|  }
          /    .: .: ::|   ::|  ./ :}  ,'     |  }    、
            ,'    .: :i   |   ::|―/―} /     ノ  }    \
         {    .:i :{―八   .斗ャ笊う㍉}   ,   :}____∧
             :} ,ャぅ㍉\  :| ∧r:::)/   ,     人乂X乂X乂
         \  :} Ⅵrソ   \|  ¨¨/ /  :} /  \乂X乂X\
            >、ノ\|  `         //|  ,'} ハ八   \乂X乂X\
          ,' / ..:イ         /  :|/八ノ、) } \   \乂X乂X\
         / / /∧   v  ア        .イニ=-    \    ゝ――― '
          / / __} ∧           ..::  ∨_v     \     ニ=――
         .:「 ./ /  ::.      ..::    <>∨ノ \     \          ¨¨¨¨¨¨¨¨`ヽ
        | :|.∨ /   / >- ― ∨  <>ニ}{/     \      ¨¨¨  ―――――
        | :|  .:   ./   /  , ヘ<>ニ}{ /    〈〉 ∨、     `ヽ   \
        | :|   |  ./   / / { .}{ニ./  〈〉     ∨ \     \
        |八: :|  /   /  .{  .v_ノ/         〈〉   ∨  \      \   \
          } | ./   /  ノ  ∨   〈〉         ∨   \     \    、
          } |/   / /〈〉  /          〈〉   ∨     \     \   \
          } /   //〈〉  ,イ   〈〉            ∨           \   \
          /  /〈〉   / ハ              〈〉 ∨     \       \   `ヽ
───────────────────────────────────────────────

┃  それから本当に色々な事があった。偽物の恋人になってみたり、一緒に食事をしたり

┃  映画を観に行ったり、共に勉学に励んだりと私にとっては初めての経験ばかり。

┃  母国に居たときとは比べ物にならないほど輝く時間の連続でした。
┃  
┃  私に振り回されていた彼はいつも頭を抱えていても、いつも私を尊重していてくれていた。


              、丶`..,,_  ``丶、>'"~``丶、.,,__,,
       .,,_,,.、ヽ` _,,...、、、、 Y⌒ヽ 、、 寸'~、`'<
      、.,,__,,> ゛ヽ`    ,〕丶、 、 ゚:,  丶、 、    ```ア
         >'´/      /  〕  `, `、 ゚,  `、、   `'<.,,__,,.ノ
  ,(    /_,, ,′    :'    ′  ,′ ゚, ,    ゚,        /
  人````  {    /    ,′  //, ⅰ.:     }    ':,  、イ
 γ"''~、、ィ~) ,,..、 / /   /    ! ;     ;      ゚,  ` ー=ァ,
⌒! 、.,| 、~"''~'  ノ    ゙  ‰′  ノ           }    //
"''i .,,j )h、.,,_,,、‐゛  / 、‐゛ ,′                  ;
 j  7  」>, ヘ.,,__,,.、丶`   i{          i     ,′  /
..,′/、.,,,_/  ,.、、ィ ′     ヤ    i      }    /(,_,, ∠..,,__,,
〈    ⌒ /  /  i      ,乂    |     ;    、    /
./,       `,  ,′i i ⅱ  ,′i   .圦 ( ,,ノ,   ト ( \  ア゛
. ゚,       !  .八ハ从 ∧ ト、、 ノ \ i iγ、{ )' _,,、‐゛
γム     ゚,     γvノ      '~、  ; .}ノi i 〉,  ア
. } '∧    ∨  !  i{           }  :゙ ,゙ }:i /  くうぅo。.,
. }::.::.:寸、.,,_   '/ノi  八        ,,ノ! / レ 〈ノ ii .! 「⌒:i:i:i:i:))〕、、、
ⅰ:.::.::.::.::.::.::````.:j}乂(_,,.        八  γ!]{]从ル寸:i:i:i:i:アニ!.:::. ゚,
ⅰ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.,゙`~、.、             /  j    `'芍/ニ∥;;;;;i.:',
∥ .:.::.::.::.::.::.::.::.::/    乂__ __,,,..、、   ,ふ:.:.. ,′   ,ィi{ ー{{;;;;;;;;|.::゚:、
{{や.::.::.::.::.::.::.::.::ハ /.::.:ム⌒ `”~ `_,.ィ(::.:.. . ,′  ,ィi{ニニニリ;;;;;;;|::.::.::\
ii.:∨.::.::.::.::.:::/.::.:}7.::.::.:://ム,___,,,.、ri{::.::..:.. . . / _,.ィ(ニニニア;;;;;;,ィj::.::.::.::.::.\ー 、
ヤ::.:`::.、、丶`.::.::.::.从.::.::.////ニニニニア゛.,,:. ,:゙ri{ニニニニニ/:;// ,′.:.::.::.::.:.:.:)i;;:.:.:\
:j::.::.:.:.::.::::.::::.:::::/.::.::.::.///,たニニニア゛,.、ャヤ゛-=ニニニア゛ニ/'  ./ . :.:.:.:.::.::.::.::./.::.::.::.::.\

263黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/02(木) 00:28:44 ID:zpyCwHQr


                    -―=ニニ二二二ニニ=- 、
                > ¨/     `ヽ  \     `ヽ
                .:   /        :.          \
               ∨  /             ∨   \      \
            ∨ .::               ∨    \      ∨
             ∨ ./                ∨     :v      ∨
      「\    ∨ ./ .{        {.      ∨     ∨     ∨
     }   \ ∨ ./  ,'{   :{     {             ∨     .∨
     }    ∨ /  / {   :{            .}∨      ∨     .∨
    〈   ∨ ,'  ,'  :.   :.     .{       } .∨ ___ .∨    ∨
     \ ∨  .:  .:  :.   :.     {:.      } ̄∨      ∨    .:∨
     ,--v   {  .i  ∨  ∨__.{_       ,'   ヽ  人ノ}  〉  }   ∨
    ./  /   .{  .{   ∨ ,/∨  .}       /     _斗=ミ  ./   :}   .∨
    /  ..'    {:  {:    ∨  ∨  八     ,' |  ィ爪:::::j リ ハ|'   , :}_ ∨
  ∠ _ _/.|     {:  ∨   {:   ∨__==ミ   八|  ,ゞ''"゚ ̄`  |    ハ ト、 \v
      .:{ |    :.  ∨   {:  ;ィ八::::::以ヽ、/        ""  レ}/  /  \ Y 、
   / Ⅵ    ∨  :..  ∨《乂少''゚´                /   ,〈_∧  } :} }\
  /  / ハ    ∨   \ .∨ ""        .:        ⌒7__/  ノ      |\\
/  /   |    :{∨  :{ .\ :. __                    /〉、  :/      |: /  \
  /     |    :レ ∨  {  , > ⌒      _    ァ'    ィ | :}  /         /
/       |人    {  ∨ 八/^ 〉 \      ` ー ´    .:: {人 ' /       人
        .:⌒ \ :{  ∨ { 人   >:..          /:¨¨¨入 .:       /   :.
       .:   ./ \、  .:  <>  /¨¨√:>s。     /  |:::/  v        /   ::.
      .:   /   `ヽ .:    /   {:::::::::}∧_>‐< ∧ ∨    {     /¨¨¨ ヽ、::..
      .:  ./     /   /      .{::::::/ ∨_∧__∧...∨.::    |   イ       \:::..
     , '  /    ./__ -=<       レ〈フ_}{__∨._.∨_/      .|    {         \:.
───────────────────────────────────────────────

┃  一時的とは言え、敷かれたレールから外れ、自由になることが出来た私の世界は虹色になった。

┃  真っ白だった世界を彼が色鮮やかにしてくれた。

┃  だからでしょうか?私はいつの間にか彼の隣にいられることが嬉しくて、幸せだった。


265黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/02(木) 00:30:55 ID:zpyCwHQr








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  だけど、そんな時間は無情にも過ぎ去ってしまった


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







.

267黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/02(木) 00:35:08 ID:zpyCwHQr


                -=ニニニ=-
             /         `ヽ
            /二ニ=}        /∧                 __  _,.....::::___i__.:..:.:.:.:ヽニ|ニ|ニ
           /       |_ _  /〉  /∧    _i___ .....::::|二丁.:.:.:.:.:.|<タ又..:.:.:.:.:.:| ノ 廴!.:.:.:.:.:.ヽノつ、_
             ,'      :|\ ∨.ノ    /∧ =ニ.:.| ̄|.:.:.:.:.:.:. |⊥|.:.:.:.:.:.「二二.:.:.:.:.:.:.::.:. ¨|¨_.:.:.:_/ 廴,     _,,,...  -
          |  :   .:   >「ノ__________ノヘ.:.:.:. ,木 _.:. : |⊥、|_,,.. ⊥ノ |ヽ -‐ _ ̄ ̄_ ̄ ⊥ --─    ̄
          |:.  : | 人  :}__∨乂X乂X乂∧\┴_`_二ニ ̄--─… '''   ̄ ̄
          | ヽ : レ,xf |  }「ソ   <>〈〉〈〉〈〉〉                             __    --─
--─…  '''  “ v \|ヘ∨レ :}¨|| ∨ .:∨ Y⌒ア⌒        __,,,,.......  --─┬…::廾冖T i::丁|:::|::::::| : : : : : : | : : : :|
           \  )   | :} ノ| ∨ .:∨   /∧T 丁¨¨ | ̄: : : | |: : |: :|: : : : |: : :| : : : | | : ::|||||:::|:.::.:| : : : : : : | : : : :|
─…¬冖 ''' ¨¨¨ ̄:: ) >、  | ハ ./∨ .:∨   /∧  : | : :.:::|: : : : : | |: : |: :|: : : : |: : :|_:_:_:_|_|_:_:」LL⊥L」_ : | : : : : : : | : : : :|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  | ≧| ///〈〉 ∨ .:∨   /∧ ┴─┴…¬¬冖 ¨¨¨ ̄ ̄ ̄            `i: : : _:_:_:_」::_:_:__|
--──…¬冖  “”  | |: Vレ:::::/    .∨ .:∨   /∧.、、、、   ----──_────---    ._____/| ̄ : : : : | : : : :|
-ー┬┬……¬冖 T  | |∨/::::/ 〈〉  .∨ .:∨   /∧¨¨¨¨~¨¨¨~¨¨¨~~~~~| |¨丶三三三三三三i||^''| | : :| : : : : : : | : : : :|
_:_:_:||_:|_|_:_:_:_:_|_:__| |_:_|_| |v//|       ∨ .:∨   /∧ ¨゙[|¨¨¨¨¨¨~| |¨¨¨| |¨| :| | :| | | : : || : : : :|| :::| | : :| : : : : : : | : : : :|
¨¨¨||¨|]|¨| ̄|]l ̄:| |~  | |:/// | 〈〉 〈〉  ∨ .:∨   /∧  r┘゙| ̄ ̄ | | |¨¨¨| | :| :| | :| | | : : || : : : :|| :::| | : :| : : : : : : | : : : :|
_:_:_:||_:|_|_:|_:_:|_|_:__| |_:_|_| |:/// |     /-∨ .:∨   /∧\| |     | |_|_:_:_:| |_:|_:|_|_:|_|_|_:_:_||_:_:_:_:||_:::| |_:_:|_:_:_:_:_:_:_|_:_:_:_:|
二二二丁二二二| |二  | |:/// |  〈〉  -_-.∨ .:∨   /∧ \ __| |ニiニ| || |ニニニニ丁二二i||ニi| |ニ丁ニニニニニ丁
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄  | |:///〈   /-_-_-.∨ .:∨   /∧  \  | |ニニ:| || |ニニニニ⊥ニニ ||ニi| |ニ⊥ニニニニニ⊥
━┳━━━━━━┓ | |\_ ノ\/-_-_-_-_-.∨ .:∨   /∧   \ |   | || |           | | | |
━╋━━━━━━┥ | | :|    |-_-_-_-_-_-.∨ .:∨   /∧    \ ”¨¨¨| |¨¨¨¨¨¨¨¨¨““““ | | | |   _,,、、、  --ーー
二二二二二二二二⊥ | | :|  〈〉|-_-_-_-_-_-_ ∨ .:∨   /∧     \   | |   _ -─  ''゙´´| |'´| |^^´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | :|〈〉  |-_-_-_-_-_-_-.∨ .:∨   /∧      \ | |二二二二二二.__| |.._| |─────-----
               乂 |  〈〉|-_-_-_-_-_-_-_ ∨ .:∨   /∧       \ : : : . .      | | | |      ̄ ̄ ̄ ̄
                   |〈〉  |-_-_-_-_-_-_-_- ∨ .:∨   /∧        \
                   |  〈〉|-_-_-_-_-_-_-_-_ ∨ .:∨   /∧         \
                   |〈〉  |-_-_-_-_-_-_-_-_-_∨ .:∨   /∧          \
───────────────────────────────────────────────

┃  大学の卒業の数日後に迎えた帰国の日。彼は空港へは来てくれなかった。

┃  飛行機が飛び立つギリギリまで待っても連絡すら来なかったのです。


268黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/02(木) 00:40:41 ID:zpyCwHQr


                            }\  /\
                            {  \   ノ
                         _,,、、 ――― '' 、、
                        >''´             ㍉ 、
                    /  ''´ ''´            マ ` 、
                    / / /  //            マ.   \
                   , 〃 /  // /              マ   ヽ
                    {/ / // / /.  〃       }}    ∨
                     从  // ./ /   〃        マ     V
                   / ̄ ̄ ̄ // / /  〃                   ',
              /       // |   〃          Y⌒ヽ      ,
                 '            | /            乂__ノ      }
               / 、        _/   /      /{乂乂
.              /        `''ー=彡       , イ  V乂乂>   ,′
             /            /  _ ,、丶`     ∨乂乂乂>/
              {             ̄ ̄く:ソ ノ         ∨乂乂乂/
            />。          >―‐<   /.      \乂乂/
.          ,    . :.\            /   ,           \X/
        /  ,  . : : : ヽ      ∧ ∧ {   /   |      /
         /  /  / : : : : : ハ  ∧ / ∨ ∨',        |.      /
       ,     : : : : : : : : } / ∨  _  ―― 、     |     ,
       |  |   |,,、、、、~''^} )>''´       \.    |     {
       ,   /     >''´ ◇     ◇    \.       ',
        人 /     /                \        ',
          /.      /    ◇     ◇    ◇      ヽ       ',
.        /     /                         '。     ヽ
───────────────────────────────────────────────

┃  彼の事です。きっと来れないのには理由があったんだろう。

┃  そう何度も自分に言い聞かせ、機内の席でこの地で過ごした数年を振り返りながら離陸を待つ。
┃  
┃  走馬灯のように流れていく思い出は――――彼の顔ばかり


270黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/08/02(木) 00:46:39 ID:zpyCwHQr







       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       |  ………なんで、最後に気づいてしまうんでしょうか
       ヽ______________________乂_






                            }\  /\
                            {  \   ノ
                         _,,、、 ――― '' 、、
                        >''´             ㍉ 、
                    /  ''´ ''´            マ ` 、
                    / / /  //            マ.   \
                   , 〃 /  // /              マ   ヽ
                    {/ / // / /.  〃       }}    ∨
                     从  // ./ /   〃        マ     V
                   / ̄ ̄ ̄ // / /  〃                   ',
              /       // |   〃          Y⌒ヽ      ,
                 '         .i   | /            乂__ノ      }
              _ノ          0_/   /      /{乂乂
.              /        `''ー=彡       , イ  V乂乂>   ,′
             /            /  _ ,、丶`     ∨乂乂乂>/
              {             ̄ ̄く:ソ ノ         ∨乂乂乂/
            />。          >―‐<   /.      \乂乂/
.          ,    . :.\            /   ,           \X/
        /  ,  . : : : ヽ      ∧ ∧ {   /   |      /
         /  /  / : : : : : ハ  ∧ / ∨ ∨',        |.      /
       ,     : : : : : : : : } / ∨  _  ―― 、     |     ,
       |  |   |,,、、、、~''^} )>''´       \.    |     {
       ,   /     >''´ ◇     ◇    \.       ',
        人 /     /                \        ',
          /.      /    ◇     ◇    ◇      ヽ       ',
.        /     /                         '。     ヽ
───────────────────────────────────────────────
【 アナスタシア 】   私――――カドックの事が好きだったのね………………



┃  自然と涙が溢れ出て、頬を伝って流れ落ちていく。

┃  自分自身の想いを自覚した時、飛行機が空へと飛び出してしまった。


                                          【 つ づ く 】


関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する