同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite

【R-18】リオン=グンタは【 夢 】を見せるようです。 第60話 美国織莉子 緑の本 その1

1138黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:09:03 ID:pMF06NBf











                  ┌──────────────────────────┐
                  │   それは目覚る感覚がいつもとは違う【 夢 】だった      │
                  └──────────────────────────┘








.


1140黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:13:28 ID:pMF06NBf


           |
           |                                  |
           |                                  |
           |                                  |  _______
           |        ______                |  || ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄ ̄||
           |          || ̄ ̄ ̄ ̄||        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ||      |||      ||
        ,'| |          ||        ||        |l二二二二二l||  ||      |||      ||
         |.| |          ||        ||        ||_____|||  ||      |||      ||
        |,' |          ||      .0 ||        ||_____|||  ||    []|||[]    ||
       __ |   ⊂⊃   ||        ||        ||_____|||  ||      |||      ||
    ../ /.|――n|  |___.||____||____|l_____l||  ||      |||      ||
   / //||_.n/||.ー‐'                  L二二二二二」|_||___|||___||_
  l'|  ̄| |、 /||. ||/||.          ________,,
  l.|   | |/, '| ||レ!'||          ./          /l
  ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~       /          //ll
  |   | l,, "/~         l二二二二二二二二l/ ~
  |   | |/           |_|,!         |_|,!
/  ̄ ̄
───────────────────────────────────────────────

┃   目が覚めた時、自分が居たのはごく普通だが、見知らぬ部屋。

┃   家具の配置も本棚の中に入っている本も自分が購入したものとは全く違うジャンルの本が収められている。

┃   だけど、何故か妙に心が落ち着くというか馴染みある空気な気がしてならない。


1142黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:20:08 ID:pMF06NBf


            ァ=ミ
           l  :',    /⌒Y
        ア¨マ |  : ',.  l  : l
        |  ',. |   : l  {   : :|
        } : : } ', =-: l  } _: :|
.         ,' : : ,' }  : :|   |   : :',
.        ァ=ミ¨´l. }   : }.  {  . : :|
        l   Y: :} { -=: :',  } ¨¨: |
.      l  : :}: :} . ',.   :l . i   : :|
       ,'  : :}.ノ ', }    }. |   : :|   ァ'⌒マ
.     l. : : }.: : :.',. }:.. . . :.`~.: . . . .:|.  l   ',
       | : ,ィ!: : : :厂.: : : : : : : : : :. :.',  ',   ∨. /
       | : : |  イ.: : : : : : : : : : : : : :.',.   ',     ∨
.     |. : : |.: : : : : : : : : : : : : :. :. :. :.',  ア=ー'' : }
.     |  ノ : : : : : : : : : : : /   `ヽ、 {    : :l
.     |   .: : : :. :.   /    . : :./!.   : :|
.     |     : : : :     /    ,イ    ム  : :|
     ハ.         /   /           : : |
.      ∧.       /                : :/
       ',                        : :/
         }        _____.  : :/
        ∧    。s≦三三三三三三三≧s。
       / ∧. ,イ三三三三三三三三三三三ニ≧s。
───────────────────────────────────────────────

┃   何となく自分は己の手のひらを眺めてみると、現実の自分の手はそこにはなく

┃   ゴツゴツしているがまだまだ若い男性の手がそこにあった。

┃   これは他人の見ていた【 夢 】なのだから、自分の姿がその人の姿になっていることは当然なのだが

┃   目覚めた直後に感じる僅かな違和感が無かった


1145黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:26:42 ID:pMF06NBf



≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐

       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`・…ー...............__      ノ
 /    ..::::::::::::::::::::":ミ::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::―-…   ==―彡
 {{   /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::::::::\
 ゞ≧=f''::::::::::::::::^ヽ:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::.  ::::\
   /:::::::::::::::=-:::::::::へ::::::::::::::\::::::::::::::::::::..
   .:::::::::::::ト:::::\:::::::::::トヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::..   :.. \
  ,':::::::::::::::::::\ 斗z七≧::::::::::ヾ ):::::::::::::::::::::..  :::..
  {:::从:::八:::::::::\ チt 乃ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..  :::: :.\
  {  ト::::::::::::::::::トゝ `¨  V:::::::::入:::::::::::::::::::::::::::::..
     !  トミ:::::ノ       V:::::::::::::\へ、:::::::::::::::::::::::...  .   ‐-
   、  乂i:::::::::> -ー'    ∧::::::::V\\-¬ミ:::::::::::::::::ー-::..
    、   ト::::::::::::::>...__  イ,∧::::::::V/ ` 、ミ 、  Y::::::::::::::::::::::::::.......    :::...   ―-
     \i::::::::::::::〈  λ;;;;j ,/∧::::::::V   ` ミ =ーー::::::::-≧=ー::::::.....
       |::::::::::::::人   i;;/ / )::::::::V       T寸::::::::::::::::::::::::::::::::=‐-:
       |:::::::::::,'  \ jv  / )::::::::., ,:/    |::::::::::::::::::::::....   \::::::.....  ー-
       |::::::::::f    尖<    }::::::::} y     |::::ハ:::::::::::::::::::.....   \::::::.....    _
       |::::::::::ト   《仆ハ 》   |::::::::| '      |:::::::.. :::::::::::::::::::::::...
       |::::::::::|    ( | しヘ   l:::::::::li       :::::::::::.. \::::::::::::::::::::...    ‐-:......
      /\ ̄ \  (| しヘ  l:::::::::l      |:::::::::::::...  \::::::::::::::::::::::.....      ミ
    /   \   \ t|  ゝヘ  |:::::::::|      |i::::::\:::::::..  \::::::::::::::::::::ー-::::::::::::::::::::::
  /      \   \   `込.」:::::::::|      |〉::::::::::\::::::::...  ::::::::::::::::::::::::::::::ー=::::::::::
../         \   \  ヾz、::::::入      | \::::::::::::::::::::::...  :::::::::::::::::::::::::::::::::ー-
‘               \   \  >          jい  \:::::::::::::::::::::::::...  ::::::::::::::ー-::::::::::
               \  <          人 へ ‐、 <:::::::::::::::::::::::::...  ::::::::::::::::::::::
              <               <  ⌒( へ⌒z  <:::::::::::::::::::::::...  ::::::::::::
          >        ヽ     <      ⌒( へ⌒z    ー= :::::::::::::::::::::::::::
\       r≦              <               ⌒( へ⌒z        ー=:::::::::::::::::

≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐
───────────────────────────────────────────────

┃   はて、何か理由でもあっただろうかと、寝る前にリオンと交わした会話を思い出してみると

┃   【 夢 】を見せる魔女は「 たまには以前見た【 夢 】の続きを見るのも一興かと思います 」と言っていた。
┃                             
┃   【 夢 】の続き―――つまり、自分は一度この【 夢 】の中の男性と意識を共有したことがあるということだ。
┗   

1146黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:32:37 ID:pMF06NBf


           |
           |                                  |
           |                                  |
           |                                  |  _______
           |        ______                |  || ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄ ̄||
           |          || ̄ ̄ ̄ ̄||        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ||      |||      ||
        ,'| |          ||        ||        |l二二二二二l||  ||      |||      ||
         |.| |          ||        ||        ||_____|||  ||      |||      ||
        |,' |          ||      .0 ||        ||_____|||  ||    []|||[]    ||
       __ |   ⊂⊃   ||        ||        ||_____|||  ||      |||      ||
    ../ /.|――n|  |___.||____||____|l_____l||  ||      |||      ||
   / //||_.n/||.ー‐'                  L二二二二二」|_||___|||___||_
  l'|  ̄| |、 /||. ||/||.          ________,,
  l.|   | |/, '| ||レ!'||          ./          /l
  ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~       /          //ll
  |   | l,, "/~         l二二二二二二二二l/ ~
  |   | |/           |_|,!         |_|,!
/  ̄ ̄
───────────────────────────────────────────────

┃  どうやら一度【 夢 】で憑依?した事がある人物だと以前よりも同調しやすくなるらしく

┃  他人の体なのに妙に動きやすいというか思い通りに動いている気がするのはそのせいか。
┃                  ・ ・
┃  実際は自分ではなく、オレが動いているのだが、それもここまで意識が一つになればあまり気にならない。


1147黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:38:34 ID:pMF06NBf



                                          /
                                            /
                                        /            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                          /              |   ―――ねぇ?
                                        /              ヽ________乂_
                                   ,′
、                   ギュッ            >'"             ..:::
 ´"''‐- 、              _____,,,,、、、、、、__/     ',          ..::::::
   \  `卜、         / _..--‐   "      ‘,.    ‘,       ...:::::::::::
     ヽ.   マ/ム.     / イ´ .................................     ヽ     ヽ::....    ...::::::::::::::::
           l//ム_/´....._,,,,==-----=ミ:::::::::::::::::::..    ヽ    `、::::.......::::::::::::::::::/
          |///|  `゙¨´              `~"''ヽ::     .:ヽ    \::::::::::::::::::::,イ
         /.///          ......:::::::::::ニ=-イ    ...::::: :::::>、..........ヽ:::::::::::,イ
       /.///      .........:::::::::::::::::::>'"イ´   ....:::::::__:斗<   ≧=- __/
        /.///         ̄ ̄`'''<(::::.....〉::_>''ヘ"´:::::ゝ-Y
、、、.,,,_////、:::::::::::::::::::::::::::::::::::...........  ` ''<´`¨¨ゝー≧=--<
     `¨¨´ `'''''============- 、:::::::::::::....ノ
                      ``¨¨゚´
───────────────────────────────────────────────

┃  腰掛けていたベッドの上に置いてあったオレの手に温かい何かに包み込まれる。

┃  それは細くて、小さくて、儚くて、だけど柔らかくて優しい感触がした。



1150黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:43:21 ID:pMF06NBf


                      __/'"⌒´"''~ミ    _
               /" /     \   f⌒\>―-
             /    /      {       rく \/-―- ミ  \
.            _/    / /    |   \{  \{_     \  \
         ''" /     { ;′  斗―--  { \ /  `丶、
.           /  |/"⌒{    j八_\  \ {(      \
            { {   |  / ≫ミ     |⌒7庁芥ミ {_{ \
            {人  いj/_)(:沁\ ノ  {乂;;;ンノ}\}八  \
           {  }  {{ 乂;;ツ.::/   ´^'''^~ノ    \  `ヽ、
.             ///}   丶     __彡        ハ    丶
             //  从          -‐ァ    /  /{:::::}
.            /い / 丶  '' ヽ   //   /  /  ゙;:::::
.            \{\ } \      j j   い  {   ゙;:::::       |
                } /  ノ>-‐≦{八_  Vノヘ    ト::::      |
              ノ厶イ  ノ   / {_⌒ヽ       j }      |       |
              />'⌒ン      /'"⌒\_   ノ  |  ノ       |
         _r―/こ/\    __ ィ";';';';';';';';';';ミミ /  }  |  /       |
.        _{;';';';/{>{ ___'"_⌒'" ;';';';';';';';'彡シ⌒ /   ノ ノ  /
     _{冖{>'⌒乂/ / 7>'';';';';';';';'_彡'"⌒    /  /  /
    {_/ /     >''"; ; _彡'"⌒厂 /  |  V   /  /         /     j
   /ノ //    _,∠;彡"⌒/     / /   l  /    /         /    /
   {/ /  _/ い j {   と⌒L/  {/'⌒>| /   /  /      /   / /
  { [ ̄ j_// j ノ ノ |__づ~     ̄     7   / /          { /
  乂 // { {_(⌒ ̄             }   /   / /      /      /
.   〈_ ノ_ん..:::::::::/   / ...:::::::::::/:://          /  {    /
  /  丁{\_) \∠:::::/:::::::::::::::::イ  /    /              / {
/    /い     \⌒~rー<ハ:::厂 / /     |     j         l
\    /:|:: \    ノ| |  |:::::/ / / /j    l {      {            l
  \/. j:::| | \/  |:: l  l   〈_   / {     い       {       人
  / /| | |:::.     |:::.    { ̄  { { Λ   \       \{        \
. / / |  | |::::..     い   {\  \ {  \   \     \        }  \
. /   |   | |:::::::....       ノ      〉  `丶、_            ノ
/    l   | |:::\:::..           ∨         ̄}`ヽ、  ∨ //
        | |   \....     {              ノ / \ }/
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  ―――大丈夫? 少しボーっとしていたみたいだけど………



┃  隣に顔を向けるとそこには一人の少女が同じように、

┃  そうしているのが当たり前かのようにベッドの上に腰掛けていた。

┃  事実、彼女は何度もこの部屋――ーオレの自室に訪れてこうしていた。


1152黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:49:02 ID:pMF06NBf


           __ __
       , -=        =- 、
     ./   /          >、 _ _
    /   /    l          ヽ    .゛,
    /   / l  ./. l    .l      .ヽ   .ノ
   /  /,  l /,/l     .l  l     .ト   /
   l   l   .l/-l-イ   l l l     l   .l
    、  l ィf示k, lヘ  / `ト.l l   .l   .l
    ヘ  .l ヘ辷ソ  ヽ/ 笊勿/  ./l.l   .l っ
     ヽk k:ヘ.    ,  ゞ゚ソ / /リ   l
     ヽ  .ト   ‐-  -=イ-イ      l
      ヽ l l> _  -<l/  /l     .l
      _,,.ヘ:ト  7^ ト-- l / ヽ    .l
    /::::::::::l::::::ヘ  |フト,|/ kl///l l    l
   /:::::::::\ヾ::::::>ソ/ヽlヽ/::::::::::::l l    .l
   /:::::::::::=x;<::::::lL/l oゞソ ヽ:::l/:::l l    k
   ヽ::::::::::::::::ヽ/\:liヘ |il:/::::::ヽ:::l l    lト
    マ:::::::::::::::∧::::::li::ヘl/::::::::::::::i:::l .ト、    ヽ
    ヽ:::::::::::::::∧:::::::::\:::::::::::::リ::l ヽ    トヽ
     ∨:::::::::::::∧:::::::o::l::::::::::ノ::::l  lヘ.   ヽ \
      マ:::::::::::::::∧::::::::::l:::::::イ:::::::l  l l   l  \
      >ヘ:::::::::::::∧::::::::l:::::::l:::::::ム.  l l   ト
      l:::::ヘ::::::::::::∧:::ol:::::::l::::::::::i  l  ヽ  ヘ
───────────────────────────────────────────────

┃  少し心配そうな表情でこちらをじっと見つめてくる彼女―――【 美国織莉子 】

┃  以前自分が見た【 夢 】で出会った少女。

┃  そしてオレのとても大切な幼馴染で――ー今は恋人一歩手前な少女だ。


1156黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:54:00 ID:pMF06NBf


                 l     `ヽ ̄ ̄`ヽ、
            ,   ´ |             `ヽ
          _,/     、                  \
       / ̄        ',                    \
      / ,       } l  ヽ      - 、        `ヽ、
    / ,イ        ハ 、   \         \         `丶、
.   / / {       l-/--`\、  `ヽ、_     \           `丶、
   , / l  ,     |. {,.. -―`-\  ヽ  ̄`ヽ 、_  \               、
   { イ  ! ト, ヽ.     |リ´マr、_心 } ヽ,从    ト、\  \              \
   |ハ  、| ヽ \   ト、 弋z(ソ   j l/}     ! } ハ、 \\ ̄ `丶、          `ヽ
     } ヽ 从 ,ィ、`ヽ| \      /      { ./ /  \ ', リ     `丶、         \
     |  \ {〈マ心 i         /イ     l |〃´    `}         `丶、
     /   `ヽ `¨           l {     | 、                    ヽ
.   /ィ  /   、 `       ,     ヽ、    !、`\                    \
.     |  |.    ハ、    ー ´     ,.ヽ /イ ,                        、
    ヽ !`ヽ、   `  、      /  /   ,
     `\ / /     `l ー ´、       ,___
        {  i       リ     、       〉/::::::::::: ̄ ̄/7-、
         ヽ ヽ ̄`ヽ /      },       /::::::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.,
            ヾj  /イ      /〉    ,.:'::::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.:_:.
                   /::/   /:::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:}
                  /:::::/ ̄´/:::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|

───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  恋人一歩手前なんて言われると困っちゃうわ。

            私はもうあなたのお嫁さんになる気満々だったんだけど?



┃  織莉子はニッコリと微笑みながら訂正してくる。

┃  それはこちらも君と結婚する気しかないけど、まだまだ君のお父さんに認めてもらえてないから

┃  正式には恋人ではないだろう?


1158黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:00:49 ID:pMF06NBf

                     ___
                ´       `     /⌒\
           / /            \/       ̄\
.        / /  /          Y゛        |    \
.        / /    /           |          |     \
     /                      |  |      |       |
.  _彡 / /     |      |  ⌒`ト  |  |      |       |
     /         |_    |   / | \|  |  |           /
     | |   ィ ⌒|  人  |  芹圷冬ミ  |  |    |       /
     | |    |  |    \| / 乂ヒ;;ソ 》 人|  |    |    Λ
     V /  | 刈=彡  /   ⌒,, // |   |    |      \
    / / /  |Λ''⌒  '      /   |   |    |   / Λ  \
   /   | ノ 人     、   ,     /  /       |   \  \
   ⌒7  |   | 个:../ 〉     | { /  /          |    \  \
     {  八  |  l/ ∠   イ| /  /             |         \
     \(  \)/ /――<⌒∨             |          \
        // /⌒)        |     |                    \
            /   ̄ ̄ ̄\     |     |                      }
.           | / ̄ ̄ \ )   人     |                    /
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  そうね。【 夢 】の中とはいえ沢山エッチなことをした仲だけど、恋人ではないわね?
                                              
            所謂身体だけの関係っていうのかしら?


┃  はい、すみません。屁理屈言ってました。

┃  身体だけの関係で我慢なんてできません。オレは君の全部が欲しいです。



1161黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:08:04 ID:pMF06NBf


                    -‐……‐-
              /           \/  ̄ ̄ \  つっ
              /    /          \< ̄\ \   つっ
                           |
                   |      |     ∨       |
.           |         |      |       | |        |
.           |     __|ノ    、_/     | |⌒\    |
.            |   / /|人      /|/ ̄ | ∨| \     |
         _/八 /≫==ミ\   Λx==ミ 人 \_
            Τ Λ《 乂Vツ  \{ 乂Vヅ 》   「      /
            | /  人 ////   、 ////ノノ    |     /
            | |    \__      u.イ     | |     |/|
            |人.   个  ´ `   个   人|     | :|
              \|Λノ\|≧-r≦|/ノΛ|/        |八
              __|    |__|        |  \
            ┌<二二∨     ∨二二>┐        \
             Λ二二二 {       } 二二二Λ          \
         Λ-\二二 { ___} 二二/-Λ  \        \
           / 二二 \二 \二二/ 二/二二Λ   \        \
         |二二Λ二 `''< \/ >''´二Λ二二|               \
         |ニニ/-=二二二 [⌒]二二二=-Λ二-|       \
         |二/-=二二二 /Λ \ 二二=- Λニ|\      \
         |ニ{--=二二/ / Λ  \二二=-Λ-|  l\       \     |
        Λ-∨-=二 {_/ニニ\_}ニニニ=-}ニ|  |          \     |
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  そうハッキリ言われちゃうと、その………なんて返せばいいの?



┃  言葉を濁さずストレートに求めたせいか、織莉子は顔を赤くして困った顔をして落ち着かない様子だった。

┃  昔から外では気を張って出来るお嬢様像を演じていた彼女だけど

┃  こうして二人だけになれば少し抜けた素の織莉子を見せてくれることがオレは嬉しかった。


1164黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:13:28 ID:pMF06NBf


                     -――- ‐‐- ミ
                  /           ` 、  _
                                    、/´   `ヽ
               /                   ∨  __   i
                  /  / /           ヾi=≦7´   |
                ′/ ,゙‐/―/  i    ヽ,  |      |
                i / i / _i/i   ハ __゙,_  }i   |      |
                レ'i  i!'i''{ ハ|! ,/ ゙, .}i、`ヽ}i   !       |
               |  l¦代i乂/´ ̄ト心} ハ   i      |
               |  l ト, , 、    辷リレイ   八    .i  |
           ――┴ 、人  、   , , , ./ / / /ィヽ   i  |
       r‐‐/ r  〉 ゙, .} V  i 、  ̄    / / / /  i   i!
       |::{_j  `ー<_イノ'´乂i/:个 -- =≦/ /レ' ´   .|   i! |
      〈:::i`ー}ヽ_}_〉::::::::::::::::::}::::::{__{:::::}::}:::}i /::> .,   |   i! i
       /:::::::::::::::.,ノ::::::::::::> ':::::::ノv辷ァ''´::'':::::::::::::::::> .,  i! .∧
     .::::::::::::::::r┘::::::::/::::::::::::::」- 、 」:::::::::::::::、::::::::::::::::::::::Y  |  ∧
    ,.‘:::::::::::::::::,.:::::::::::/:::::::::::::/  {i ∧:::::::::::::::::::Y:::::::::::::::::::| 、人    、
.   /:::::::::::::::::::/::::::::::::i::::::::::/   ノ',' ∧::::::::::::::::::i ::::::::::::::::::| \ 、   \
.   ,゙:::::::::::::::::,.イ::::::>圦:::::〈   / ,'  ∧::::::::::::::::'::::::::::::::::::´\. \\  \
  :::::::::::::::/:::::/   ヽ:::ゞ<   {   〉:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ.  \\  \
 八::::::::::::::::,.ィ      〈::::::::::::`ー 'ー ´::::::::,.イ:::::::::::::::::::::::::::::/    \\  \
   `¨¨¨¨´        i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、::::::::::::::::::::,:゙.       \\
                 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::i.           \\
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  ―――ちょっと元気出た?



┃  そんなささやかな幸せを噛み締めていたら、不意に織莉子がクスリと笑いながら短く質問してきた。

┃  元気出たかってどういうこと?



1166黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:19:23 ID:pMF06NBf


                         ´ ̄ ̄`\
                  /           \
           / ̄ ̄ ̄~"'<⌒        \
         / ̄             \
        /    /  ⌒\    \        |
      /   / /                 \       |
         / / /                     |
.        _/        |  |     |      |
      | ⌒>-   /|     |斗┼   N|      |
      | ー―‐=≦i斗┼     |ァう笊 ノリ     |
      ∨ | |    |ァ'笊⌒∨ 〈トリ ノ/'|       |
       \| |   《 ヒ;;リ   }/、   }  |       |
.         八     |          人 八      |
.          \N  |   .,__ ´_ イ /       |
           \|    \ 二二 | `Y      八
           /\    ]\ニニ|ニ|\        \
           /ニニニ\___,ノニニ|ニニ|ニ|  \       \
.       /二二二二 \二二|ニ/\|    \      \_
.      {  ̄~"'<二二二\ニ|/ニ=-\         |\{⌒
        ∨ニニニ`''<二二 >へニニ=-        |
         {ニニニ|-=ニニニΛ __}「 ̄}ニ=-}         |
         {ニニニ|-=二二 /  厂 \/ニ-ノ\       |
         {ニニニ从-=二二{_/ | | |ニイ   \
         {二二 /〈\ーニニニ-| | |ニ||     ∨
.       〈二二/| 〈\>ーー<| | |ニ||     }  ノ
        }ニニニ〉〈ニニニニニニL 厂ニ〉|     ノ /
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  この【 夢 】に来たときから少し声が弱々しかったわ。

         .あなたは隠しているつもりだけど、私が気付かないと思っていた?


┃  いつも通り、何てことない口調だったが織莉子はオレが落ち込んでいた事を見抜いていた。

┃  まいったなぁ、心配させたくなかったから隠していたのに、最初からバレていたなんて………



1167黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:25:36 ID:pMF06NBf


                      ,  ´`ヽ
        _,.. -――--  、_   /       \
       /           `ヽ'、          ヽ
     ,:'                \           \
.    /                  ヽ        ':,
    ,                   ヽ    ‘,
   {       l l   {       l ,    ヽ        }
   |       / イ   |      | l    、      l  |
   |      /イ/   _/,.     | |__、   \    |  !
   |    / / イ/ ハ {       j リハ、   } `\   | /
   ゙.      /  /イ _∨    /l / __l } l !      /l /
    ヽ     / ,/rィテ心 } 、  / /圷/}/,リ VI.    / l/
     }  /´  {、弋z(ソ   、i / / ゞ' /´  } l/   /
   ,/ イ {    ヽ、      /  、  /  / }   イ{
  /イ\ l       }          /  ,ハ/     ! \
      ` } 、__ ト,!     -  ,.イ ハ/ /    |  \
        ,..|  VI  `ヽ、    / >、リ       |    \
     // j       /`¨´:::::::l l|:::::::::`ヽ、    ヽ     `ヽ、
   // }       {、:::::::::::::::l l!:::::::::::::::::}     、       ` 、
  /:::/           ∨::::::::::l l!:::::::::::::::::l              \
  /:::/、           / ∨::::::, ,:|::::::::::::::::::l                ヽ
 ,::::::::::::\―――--    /∨:::j j:l、::::::::::::::::l                  、
. {:::::::::::::::::::`ヽ、     /   }:://:/::\::::::::::::,                      ‘,
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  やっぱり、勉強とか大変………よね。

         .お父様に私達のことを認めてもらうためにあなたが頑張ってくれているの知っているわ。

         いつも無理させているのも、知っている………



┃  あー、まあ大変なのはそうだけど、知らないことを知るのは楽しいさ!

┃  それにこうして君に会うためにきちんと寝てるからむしろ健康的な生活だって!



1170黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:29:56 ID:pMF06NBf


                    -‐……‐-
              /           \/  ̄ ̄ \
              /    /          \< ̄\ \
                           |
                   |      |     ∨       |
.           |         |      |       | |        |
.           |     __|ノ    、_/     | |⌒\    |
.            |   / /|人      /|/ ̄ | ∨| \     |
         _/八 /≫==ミ\   Λx==ミ 人 \_
            Τ Λ《 乂Vツ  \{ 乂Vヅ 》   「      /
            | /  人       、     ノノ    |     /
            | |    \__       イ     | |     |/|
            |人.   个  ´ `   个   人|     | :|
              \|Λノ\|≧-r≦|/ノΛ|/        |八
              __|    |__|        |  \
            ┌<二二∨     ∨二二>┐        \
             Λ二二二 {       } 二二二Λ          \
         Λ-\二二 { ___} 二二/-Λ  \        \
           / 二二 \二 \二二/ 二/二二Λ   \        \
         |二二Λ二 `''< \/ >''´二Λ二二|               \
         |ニニ/-=二二二 [⌒]二二二=-Λ二-|       \
         |二/-=二二二 /Λ \ 二二=- Λニ|\      \
         |ニ{--=二二/ / Λ  \二二=-Λ-|  l\       \     |
        Λ-∨-=二 {_/ニニ\_}ニニニ=-}ニ|  |          \     |
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  ………………………


┃  矢継ぎ早に申し立てるオレの言葉に耳を傾けるも織莉子の表情は晴れなかった。

┃  嘘は言っていない。本当に睡眠はしっかり取っているし、勉強も案外楽しいとも思っている。

┃  だけど、ふとたまにいつまで頑張り続ければいいのかと思う日もある。


1173黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:35:14 ID:pMF06NBf


                      __/'"⌒´"''~ミ    _
               /" /     \   f⌒\>―-
             /    /      {       rく \/-―- ミ  \
.            _/    / /    |   \{  \{_     \  \
         ''" /     { ;′  斗―--  { \ /  `丶、
.           /  |/"⌒{    j八_\  \ {(      \
            { {   |  / ≫ミ     |⌒7庁芥ミ {_{ \
            {人  いj/_)(:沁\ ノ  {乂;;;ンノ}\}八  \
           {  }  {{ 乂;;ツ.::/   ´^'''^~ノ    \  `ヽ、
.             ///}   丶     __彡        ハ    丶
             //  从          -‐ァ    /  /{:::::}
.            /い / 丶  '' ヽ   //   /  /  ゙;:::::
.            \{\ } \      j j   い  {   ゙;:::::       |
                } /  ノ>-‐≦{八_  Vノヘ    ト::::      |
              ノ厶イ  ノ   / {_⌒ヽ       j }      |       |
              />'⌒ン      /'"⌒\_   ノ  |  ノ       |
         _r―/こ/\    __ ィ";';';';';';';';';';ミミ /  }  |  /       |
.        _{;';';';/{>{ ___'"_⌒'" ;';';';';';';';'彡シ⌒ /   ノ ノ  /
     _{冖{>'⌒乂/ / 7>'';';';';';';';'_彡'"⌒    /  /  /
    {_/ /     >''"; ; _彡'"⌒厂 /  |  V   /  /         /     j
   /ノ //    _,∠;彡"⌒/     / /   l  /    /         /    /
   {/ /  _/ い j {   と⌒L/  {/'⌒>| /   /  /      /   / /
  { [ ̄ j_// j ノ ノ |__づ~     ̄     7   / /          { /
  乂 // { {_(⌒ ̄             }   /   / /      /      /
.   〈_ ノ_ん..:::::::::/   / ...:::::::::::/:://          /  {    /
  /  丁{\_) \∠:::::/:::::::::::::::::イ  /    /              / {
/    /い     \⌒~rー<ハ:::厂 / /     |     j         l
───────────────────────────────────────────────

┃  織莉子―――オレの一番大切な人。

┃  お互い小さい頃から家族のように育って、たまに喧嘩して、仲直りを繰り返した女の子。

┃  彼女のためならオレは何だってやってみせると誓ったし、それは今も変わらない。


1175黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:40:33 ID:pMF06NBf


                        . ´ ̄ ̄ ̄ ゙  、 γ  ̄ ヽ
                   /   ,        ヾ,. ´   i
                 /     i            i!彡  l
                     j      ハ   、 i    i!.    l
                     l ! i. ,i-l‐i!-i  l─lt.、i i  l     !
                 i ヽ l ! j `´ヽ l从l l. ノ l l i!   ヽ
                    i ヘl ハi==  `'==l" i!.レ'i!     i
                 i.  ''  ',   '   〃 i Ⅳ l    |
                     l人从_i_ト、..二.. イ.i ル'_  l    |
                  ,. -`" .: `ー‐一" .:.`'.:.:.:.`ヾ.   │
                , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.-- 、:.:.:.:.:.:.:.:,.:.: ヘ    i!
                j.:.:.:.:.:. γ:.:.:. t__ニニ}:.:.:.:.:.Y.:.:.:.:.ヘ.   i
                    i!.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.l l l i!:.:.:.:.:.:', .:.:.:.:.ヘ.  ヽ
                   〉 :.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.l l ト ゙、 .:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.ヽ   ヽ
                  ,.'::::::::::::::| :::::::::::::l l l i! ヽ :::/ :::::::::::,.:^、    ゙、
               `丶-、::::゛、::::::::::l !l ! l,. ':/::::::::::,. '  ヽ.   ヽ
                   { :::::::::` -、` -- ".:イ.:.:.:.:.:.:〃    ヽ.   丶
                     `..:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:i      ヽ   ヽ
                      i.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:,.'      丶   i
                    i!.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:λ        ヽ  l
                      _j.:.:.:.:.:.:.:.i.:.::.:.:i.:.:.:.:.:.:.:j、'        i  j
                       |::ヽ.:; --.:i!.:.:./.:.:.:.:.:.:/.:.ヽ         /  /
                   /:`.:.i.:.:.:.:.:.:ヘ:.:i.:.:.:.:.:.:.j.:.:.:.:.:ヽ     / ,.′
                     ,'.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.∨.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  、__ノ-'"
───────────────────────────────────────────────

┃  でも彼女の父親に交際を頼んでから早くも数年が経ち、オレたちは一緒に居られる時間を殆ど無くなってしまった。

┃  こうして【 夢 】で会えても、やっぱり現実で彼女を抱きしめたい。だけど、まだそれが許されない

┃  ならいつ許されるのかという不安や焦りで失敗してしまうことだってある。


1176黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:45:25 ID:pMF06NBf



   ,    } \、        ,       イ彡     |  !  `  }      \   }
    { l     ハ.       _ _     ./{  /    | リ  ,  l          !
   {ヽ':,   /ヽ!\    ヽ、_.ノ    ./ヽ }, / /l /  /  |             l
     } ,イ/     > .     . ,.イ   リ VI / /  /    !          ;
      /イ/      |    -     |    /イ_/  /    ,
                 | ',      / !    /   /    /         ,
           __,...ノ  、.   /  |____{   /             /
    ,....:<::\::::_, ´        ' \:::::::/ /ィ_                /
  /:::::::::::::::::::::\            `//イ:::::::`ヽ            /
_/:::::::::::::::::::::::::::::::::\          /イ:::::::::::::::::::::::::\        /
───────────────────────────────────────────────

┃  もしかしたら努力しても認めてもらえないのではないか?

┃  結局、織莉子は名前も顔も知らない婚約者の元に行ってしまうのではないか?

┃  そんな不安がオレの中でぐちゃぐちゃと掻き混ざって――――











 '.  :.       ハ                 /            /
  ', i      ハ                 _/            /
  Ⅵ       ハ               /            '
   ‘,       ハ             rく  l        /
    ∨       ヽ   , -――一'´ ヽ 丶 \_    /
      V      /  〉 _/  ,   ,     |   \  ̄ /
     ‘    //  /´/  /  /    ,  \_     _/
       ∨ _/  l / , '   /  /      ̄厂
      }       〃/  / /   〃   /
      く_     ///  / /  ___,/    / スゥ
       八 ̄  {/ / /  //   /
        丶---し' /  /`/  , -‐'´
            L∟.'´  └ '´
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  もう、そうやっていつも一人で背負う。

1179黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:55:49 ID:pMF06NBf


                    -‐……‐-
              /           \/  ̄ ̄ \
              /    /          \< ̄\ \
                           |
                   |      |     ∨       |
.           |         |      |       | |        |
.           |     __|ノ    、_/     | |⌒\    |
.            |   / /|人      /|/ ̄ | ∨| \     |
         _/八 /≫==ミ\   Λx==ミ 人 \_
            Τ Λ《 乂Vツ  \{ 乂Vヅ 》   「      /
            | /  人       、     ノノ    |     /
            | |    \__  、   ,  .イ     | !     !/|
            |人.   个        个   人|     | :|
              \|Λノ\|≧-r≦|/ノΛ|/        |八
              __|    |__|        |  \
            ┌<二二∨     ∨二二>┐        \
             Λ二二二 {       } 二二二Λ          \
         Λ-\二二 { ___} 二二/-Λ  \        \
           / 二二 \二 \二二/ 二/二二Λ   \        \
         |二二Λ二 `''< \/ >''´二Λ二二|               \
         |ニニ/-=二二二 [⌒]二二二=-Λ二-|       \
         |二/-=二二二 /Λ \ 二二=- Λニ|\      \
         |ニ{--=二二/ / Λ  \二二=-Λ-|  l\       \     |
        Λ-∨-=二 {_/ニニ\_}ニニニ=-}ニ|  |          \     |
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  ここにはあなたと私しか居ないんだし、ちょっとくらい弱音を吐いたっていいじゃない?

            良いことも辛いこともいくらでも聞いてあげるから。

           そんな事くらいしかあなたの力になれないのは悔しいけど………


┃  ………………そういう事言われると、泣きたくなるじゃないか。

┃  重ねられた手のひらから伝わる織莉子の温もりがじわりと手から心まで広がっていって

┃  瞳に溜まった涙が零れ落ちないように天上を見上げる。


1180黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:06:39 ID:K+IdcUkA


                            ,-,
                     r-、    ,イ / ,-,
                       / .リ ./ ,,イ./ /!
                    / ,イ./ ,イ,イ ./,'
                       /  ./イ  .ゝ' /.,'
                     l          .//
                      l            ,イ
                       l        イ
                 /         イ
                   /     .,。イ
                     /      ,'
               /      ,'  スゥ
                 /      .,'
                  /       ,'
                  ,'     ,'
              .,イ     ,'
           ,イ       .,'
           ,イ       .,'
───────────────────────────────────────────────

┃  すると織莉子は静かに両手を伸ばして、オレの後頭部と背中に手を回す。

┃  突然の事に固まってしまった隙を突かれ、織莉子はグイッとオレの身体を自分の元へと引き寄せ―――





            /  //Λ     、   _ 彡    ノイ
           {  /   人   、  ,   / /    ノ}ノ  \
           {  {    个      | /   / | \  \
           \い |ノ ハ}≧r< |   / | |  \  \
                \{____ |    ├ヘ{ 八       \   、、
           /'"⌒  7 ̄ ノ       ノ`くべ"⌒\   \   ``~、、
            /       7\         }     ∨     \     丶、
         /     / 7  \     -――{  // |      \  \  \
      ギュッ /   い{ 7     ::..     /       |               \  \
         /    У {     /      / {/      ノ \             \  \
.              /  /⌒~厂}べ'~‐<\ |    / }   \           \
   /      /  //  / {__ノ\  い }   }       〉            \   \  \_
  /     /     j′ {_/ / \_]  |   |       / \              \
/.    /  ;        / /| |     |   |    /}   \        }   \
   /   { j       / / :| |     |   |    /}  |          /  \ }\}
\/⌒\   V {   {  \/  | |        ノ>''" //〉   |   |       /    }/
\_|   ̄ ̄\  λ::..     ̄ :::::/:::::::::/     / 人 ノ   ノ     /
   \      `ヘ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::>''´       /   \      /
───────────────────────────────────────────────

┃  顔面一面がとても柔らかい感触に包まれる。

┃  いや、包まれているのは顔だけでなく、身体全体か?



1184黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:13:43 ID:K+IdcUkA


.             ///}   丶     __彡        ハ    丶
             //  从       ,  -‐ァ    /  /{:::::}
.            /い / 丶  `     //   /  /  ゙;:::::
.            \{\ } \      j j   い  {   ゙;:::::       |
                } /  ノ>-‐≦{八_  Vノヘ    ト::::      |
              ノ厶イ  ノ   / {_⌒ヽ       j }      |       |
              />'⌒ン      /'"⌒\_   ノ  |  ノ       |
         _r―/こ/\    __ ィ";';';';';';';';';';ミミ /  }  |  /       |
.        _{;';';';/{>{ ___'"_⌒'" ;';';';';';';';'彡シ⌒ /   ノ ノ  /
     _{冖{>'⌒乂/ / 7>'';';';';';';';'_彡'"⌒    /  /  /
    {_/ /     >''"; ; _彡'"⌒厂 /  |  V   /  /         /     j
   /ノ //    _,∠;彡"⌒/     / /   l  /    /         /    /
   {/ /  _/ い j {   と⌒L/  {/'⌒>| /   /  /      /   / /
  { [ ̄ j_// j ノ ノ |__づ~     ̄     7   / /          { /
  乂 // { {_(⌒ ̄             }   /   / /      /      /
.   〈_ ノ_ん..:::::::::/   / ...:::::::::::/:://          /  {    /
  /  丁{\_) \∠:::::/:::::::::::::::::イ  /    /              / {
/    /い     \⌒~rー<ハ:::厂 / /     |     j         l
\    /:|:: \    ノ| |  |:::::/ / / /j    l {      {            l
  \/. j:::| | \/  |:: l  l   〈_   / {     い       {       人
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  これなら、あなたの顔が見えないから………

            だから………泣いてもいいわ。


┃  織莉子の一言で弱い姿を見せまいと我慢していた決意はあっさりと砕かれ、瞳の端から静かに涙が流れ落ちる。

┃  心地よい暖かさと柔らかい感触はどんな高級な羽毛布団でも叶わず

┃  織莉子の身体から香る匂いは世界中のどんな香水よりもいい匂いがしている気がした。


1185黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:23:04 ID:K+IdcUkA


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


        /                   __
       イ                      ,. '⌒ヾ      ⌒\
        |                 ,、 ''゛      }/       }
  イ    .|             ,、- '"´    __,ノ       }        ―――間近に感じる彼女の鼓動を聞き
.      八           /   _,.、‐''"~ア ̄⌒ア        八
        `''<__     /_,.、‐''"     , ゙     /      / ̄ ̄~^ヽ        オレの心の奥底から一つの欲求が溢れ出て
             ̄ ̄         ,、'゙             イハ      }
                       _、 ゙     {      /: : : ノ       ,′      .そも欲求に従って織莉子の肩を軽く掴む。
              ''゛       _、く         八_ ,.イ: : /      √ 、
           ''゛       、 '゙  \     : : : : : : : : :/             |
  ……--‐''゛        _、 ''゙       丶   ∨: : : : : :         /    |
             _、く´           `、   \: : : {      /     l    -――‐-
           _、  ´  \                 \八     /      /⌒           \ /
      _、  ''´             ',           /⌒\/>‐ '゙      /      ⌒`\      /\/⌒\
___ニ=- ''´                 ',       /: : : : )/       /   /           \   ∥/   | |
                \    ',   /: : : :   {     /  /   /   /             /  |   | |
       j{           \   ',  / : : : :       乂__/   /   |  /  ⌒`\     | [  |   | |
    {: :   j{              \  \{__彡ッ          /     /⌒ | / | \|  | Λ |   | |
    { : : : j{                 \    /         {    |   |  |   | /x==ミ |  |  | Λ |      |
                                       || | f笊  /|/ fr( Y  ノ  | /|     \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ |人   V\{    ヒツ И   ├ヘ 人 \    \  ━━━━
                                       ノ\〈       //// 八    | ノ / \ \    \__
                                          ⌒  /        u/  \  ∨    \ \    \   ̄\
                                えっ?     |/ Λ f)    ⌒7   / \ }       \__  ー――‐  \
                                         イ   Λ       /   /   乂_ _        ̄\    \   \
  ―――不意に肩を掴まれてた織莉子の口から           八  /{    ̄ ̄ //}/      //ニニ/          \         \
                                         \八        ノ         //ニニ/   \         \ |  }  |
       可愛い声が飛び出る。                           // {      //ニニ/ // ⌒          ∨   / |
                                                / /ニ/\___//:|ニニ| /     \     | /   /
       それでもお構いなしに彼女の身体に重心を傾け            | √√、 :::::::::::::::::::: |ニニ|        Λ       |/   人

1187黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:31:03 ID:K+IdcUkA

   「|
   | l r n             __/'"⌒´"''~ミ    _
   | l |_| l         /" /     \   f⌒\>―-
   l ヽ└'       /    /      {       rく \/-―- ミ  \
.  | lヽ \    _/    / /    |   \{  \{_     \  \
   | l  ヽノ  ''" /     { ;′  斗―--  { \ /  `丶、
.  |_j       /  |/"⌒{    j八_\  \ {(      \
   _「l「L. _   { {   |  / ≫ミ     |⌒7庁芥ミ {_{ \
  └‐┐i r‐┘  {人  いj/_)(:沁\ ノ  {乂;;;ンノ}\}八  \
     L| |    {  }  {{ 乂;;ツ.::/   ´^'''^~ノ    \  `ヽ、
.    └‐'      ///} /// 丶 //// __彡        ハ    丶
     n      //  从          -‐ァ    /  /{:::::}
.    U     /い / 丶   つ  u //   /  /  ゙;:::::
.      0      \{\ } \      j j   い  {   ゙;:::::       |
      O         } /  ノ>-‐≦{八_  Vノヘ    ト::::      |
              ノ厶イ  ノ   / {_⌒ヽ       j }      |       |
              />'⌒ン      /'"⌒\_   ノ  |  ノ       |
         _r―/こ/\    __ ィ";';';';';';';';';';ミミ /  }  |  /       |
.        _{;';';';/{>{ ___'"_⌒'" ;';';';';';';';'彡シ⌒ /   ノ ノ  /
     _{冖{>'⌒乂/ / 7>'';';';';';';';'_彡'"⌒    /  /  /
    {_/ /     >''"; ; _彡'"⌒厂 /  |  V   /  /         /     j
   /ノ //    _,∠;彡"⌒/     / /   l  /    /         /    /
   {/ /  _/ い j {   と⌒L/  {/'⌒>| /   /  /      /   / /
  { [ ̄ j_// j ノ ノ |__づ~     ̄     7   / /          { /
  乂 // { {_(⌒ ̄             }   /   / /      /      /
.   〈_ ノ_ん..:::::::::/   / ...:::::::::::/:://          /  {    /
  /  丁{\_) \∠:::::/:::::::::::::::::イ  /    /              / {
/    /い     \⌒~rー<ハ:::厂 / /     |     j         l
\    /:|:: \    ノ| |  |:::::/ / / /j    l {      {            l
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  ぁ………………


┃  ――――ベッドの上に彼女を押し倒す。

┃  横たわる織莉子の瞳を無言でまっすぐに見つめ、織莉子の方も視線を外さない。

┃  眼と眼が合った瞬間、心が彼女が欲しいと叫んでいるのを全身で感じられる。


1189黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:38:43 ID:K+IdcUkA


               __   ―――――< ̄ ̄ ̄ ̄\
.               /   /           \"´ ̄ ̄\\
            /     /       \      \      \\
              /                  \      \
          /       |                       |
            /    /   |      |\______     |   |      |
        /    / ______|/    ||  人 |     |   |  |  |
.         /    / |||  |  |抖笊芙ミx_  \_ |  |  |
      ⌒|  / /|.斗芹笊  /   )::r:ツ| rく⌒T'⌒ |  |  |
        |  ⌒Τ 人 V:rツ \{ .....´ ̄...ノ /::::| Y^}  |  |    \
        |    |    \:::::::::、::::::\::::::: / /::::/::/::/ ∨ |        |
.        / 八  |八  く⌒       /イ /::::/::/::/||ノ  |     |
       /  \{  \{⌒   r っ   /:::::::::::::/ノ  |       |\
           \| |  人     `    /:::::::::::::::::/     |         \
             | 人  个 : .. _      ;′::::::::: /   八|\        |  \
         丿  |\{人「\「 >-<|:::::::::::ィ  ノ}/    | \        |   |
                \ \   }   |:::::::::::::|/^~ ̄ ̄~^ く  \         |
             |\ | \ ノ    |:::::::::::::|           ∨  \        |
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  んっ………


┃  もう迷ったり、挫けないように利き手を伸ばして、顔に掛かった

┃  織莉子の髪を掻き分け彼女の顔を目に焼き付ける。

┃  くすぐったいのか織莉子は目を細めるがオレと同じようにけして目を離そうとしなかった


1190黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:45:43 ID:K+IdcUkA



            | /  人 ////   、 ////ノノ    |     /
            | |    \__  r っ  .イ     | !     !/|
            |人.   个        个   人|     | :|
              \|Λノ\|≧-r≦|/ノΛ|/        |八
              __|    |__|        |  \
            ┌<二二∨     ∨二二>┐        \
             Λ二二二 {       } 二二二Λ          \
         Λ-\二二 { ___} 二二/-Λ  \        \
           / 二二 \二 \二二/ 二/二二Λ   \        \
         |二二Λ二 `''< \/ >''´二Λ二二|               \
         |ニニ/-=二二二 [⌒]二二二=-Λ二-|       \
         |二/-=二二二 /Λ \ 二二=- Λニ|\      \
         |ニ{--=二二/ / Λ  \二二=-Λ-|  l\       \     |
        Λ-∨-=二 {_/ニニ\_}ニニニ=-}ニ|  |          \     |
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  ―――――――――――――――


┃  それから数分、あるいは数十秒じっと見つめ合っていると織莉子の唇がゆっくり動く。

┃  声は聞こえない。こんなにも間近に居るのに聞き取れない程小さな声で喋っているのか

┃  あるいは最初から唇だけを動かしているのかは分からない。

┃  でも、織莉子が何を言いたいのかはハッキリと伝わった。


1192黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:48:38 ID:K+IdcUkA










               い い で す よ ?








.

1193黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:56:59 ID:K+IdcUkA


                      __/'"⌒´"''~ミ    _
               /" /     \   f⌒\>―-
             /    /      {       rく \/-―- ミ  \
.            _/    / /    |   \{  \{_     \  \
         ''" /     { ;′  斗―--  { \ /  `丶、
.           /  |/"⌒{    j八_\  \ {(      \
            { {   |  / ≫ミ     | 抖笊芙ミx{_{ \
            {人  い 斗芹笊   ノ  V:rツ . }\}八  \
           {  }  {{ V:rツ .::/   ´^'''^~ノ    \  `ヽ、
.             ///} //// 丶 ////__彡        ハ    丶
             //  从       ,  -‐ァ    /  /{:::::}
.            /い / 丶  `     //   /  /  ゙;:::::
.            \{\ } \      j j   い  {   ゙;:::::       |
                } /  ノ>-‐≦{八_  Vノヘ    ト::::      |
              ノ厶イ  ノ   / {_⌒ヽ       j }      |       |
              />'⌒ン      /'"⌒\_   ノ  |  ノ       |
         _r―/こ/\    __ ィ";';';';';';';';';';ミミ /  }  |  /       |
.        _{;';';';/{>{ ___'"_⌒'" ;';';';';';';';'彡シ⌒ /   ノ ノ  /
     _{冖{>'⌒乂/ / 7>'';';';';';';';'_彡'"⌒    /  /  /
    {_/ /     >''"; ; _彡'"⌒厂 /  |  V   /  /         /     j
   /ノ //    _,∠;彡"⌒/     / /   l  /    /         /    /
   {/ /  _/ い j {   と⌒L/  {/'⌒>| /   /  /      /   / /
  { [ ̄ j_// j ノ ノ |__づ~     ̄     7   / /          { /
  乂 // { {_(⌒ ̄             }   /   / /      /      /
.   〈_ ノ_ん..:::::::::/   / ...:::::::::::/:://          /  {    /
  /  丁{\_) \∠:::::/:::::::::::::::::イ  /    /              / {
/    /い     \⌒~rー<ハ:::厂 / /     |     j         l
\    /:|:: \    ノ| |  |:::::/ / / /j    l {      {            l
  \/. j:::| | \/  |:: l  l   〈_   / {     い       {       人
───────────────────────────────────────────────

┃  言葉は使わなくても通じ合える。

┃  お互いが自分以上に相手のことを知っていて、愛おしくて、それがとても嬉しかった。

┃  だからもっともっと求めあって、愛し合いたいと思ってしまったんだ。

            
                                       【 つ づ く 】

1195黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:58:59 ID:K+IdcUkA

                -――‐-
.            /⌒           \ /
         /      ⌒`\      /\/⌒\
         /   /           \   ∥/   | |
.        /   /   /             /  |   | |
      /   |  /  ⌒`\     | [  |   | |
.         /⌒ | / | \|  | Λ |   | |
     |   |  |   | /x==ミ |  |  | Λ |      |         はい、導入終了!
     || | f笊  /|/ fr( Y  ノ  | /|     \
     |人   V\{    ヒツ И   ├ヘ 人 \    \       次はいちゃラブエッチですわよ!
.        ノ\〈    ///.八    | ノ / \ \    \__
        ⌒  /        /  \  ∨    \ \    \   ̄\
.          |/ Λ f)    ⌒7   / \ }       \__  ー――‐  \
       イ   Λ       /   /   乂_ _        ̄\    \   \
.         八  /{    ̄ ̄ //}/      //ニニ/          \         \
.          \八        ノ         //ニニ/   \         \ |  }  |
              // {      //ニニ/ // ⌒          ∨   / |
              / /ニ/\___//:|ニニ| /     \     | /   /
                | √√、 :::::::::::::::::::: |ニニ|        Λ       |/   人
                | .√√   ̄ ̄    |ニニ| |         Λ    / /  /   \
              √√ /||\ _|ニニ| |         /\ /  {  {
                  √ {_(_ノ⊥ィニニニニ| 人             \    \_
.               /二二二二二二二二二-|  |\          \ __彡'⌒
              /二二二二/二二二二二|  |     ____//
.             /二二二 V/二二二二二二|   \ / ____/
            二二二二{ニニニニニニ=-|    \/\     |
            二二二二{ニニニニニニ=-|  __,.厶 ''^~゚ ̄    \
             人ニニニニニニ>''^~ ̄ ̄                    }
             \ニニニニニ/ /                      ノ
              \ニニV/          j----―――‐……<


関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する