引きこもりやる夫がたまに学校行ったら異世界行き ~異世界転生キッコーマン~ 23

6906◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 21:40:10.963394 ID:xRA6DFMx

                    引きこもりやる夫がたまに学校行ったら異世界行き
                                                    __
                      ~ 異世界転生キッコーマン ~          >.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       ,ィーチ三ニヽヽニ>´                             {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...ヽ
.      ヤニニi'''"/ーハ               23                   <:.:.:.:.::≧s。:.:.:.:.:
.       ヽニ!¨::!=/::.、                               {乂_,/..:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:..ヽ:.:.:.:i
     ,.:.:.:.:.:.:`::'.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.          __              _       乂.:.:〃.:.:.∥:.:.j{、:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.i
.     ::.::/.::/.::.::.:ィ`ハ:.:.:.:         ノ::::::ヘ        ,イ::::ヘ,      {:.:∥.′.:!|:.:.:;}〉\ト、:.:.!|:.:.:
    !:.:./.:/.:.:.:ハ´    ィ‐:.:.:i、    /:::::::::::::::::ヽ, -ー- .y:::::::|::::::ハ    ゝ{:i:.{:.!:.:.:|:.;/ イぅア.:.:.:ノ.:.:.:i
    i:/:;イ:.:i::i::ハィ´_ ヤji:.:.:ヽ:.ヽ.....∧:::::::::ト.、;;:::>    <、::;イ::::::::∧.    {:i:.{:.!:.:.:|/ 、  ムイノ.:.:.:}
    ,イィ:.:.:.:ハ:.!:ヤ仗,`  ヽ:ヽ:.:.、:.i...j:::::::::::/ ./         ヽヾ::::::::::ヘ..   从乂:.:.:|  -‐ァ i:.:.:|:.:.:.:/
  イ /.:.:.:.:.:.:k、:.:.:.、ヽ ィ/マ'ハ::}. 丿:::::/ イ,  ./ !  ト、 , .ヘ ト、::::::ハ     /:ヽト.  __/i:.:.:|:.:./{
   /i::.:.:.:.:.:.:.::.ヽ.:.:.>ー‐'、 } .:/r'::>". `.i j  .! .ハ   !. ヽ .! i ! `<:::::ヽ.   /.:.:.:/i;iノ   乂:.ゝ _
   ‘ i!{、:.:.:.:.:.,、-ヽ、ー:.:.:ヽ_≧. ̄...- イ' !j .トイテfヘ .ノrセT!ヽ! .!   ` ̄.  /.:.:.:/ ⌒ヽ /O ヽ:.`ヽ `
      `/    ト、:.j j'      イ   从 ! Vrリ    トrリ レ ト,      ´′.:〃   O    V:.:.:}  ∨
      / i     , ヽ - ‐ ´..    j .! ヾ:::::::.  '  .::::::j i .|.ハ    /   {:.:.∥         j:.:.ノ ,  ∨
        { ,'   /    ` 、..     / .! `ト ._ cっ ,, イ ! !  ヘ   ′ /⌒l    ,     //イ\
      ∨   /´      :ラ!    /._.-!  .!´.!.`八´.j !/ .ト 、 ヽ/   .′ .八    :{  ,ノ     }   ∨
.      ,'   /  ヽ    /.:i..   !.!. j  ト イ.ハ Y レ .!  .! ハ.   {:    ヽ__,八 斗- __ ノ     ,
             ヽ _ イ:::ノ,..   !イ /  ノ  .L! L! ! .| ! .jヘ j    ゝ __ ノ゚ィ  ≧=--=≦  、    \
        !  i、    /.:::::}´ィタi...... / .y  /.-,.,.、. ,  _ ヽ  \! .ハj..゙/{:.:.:.i:.:.:!           .'   \     ,
       ,  ∧ ! ,ィ:::::::::::/イ' 三}...., '  {  _.ヘ:;:;:;:;:>-<:;:;:;>.゙―――― 、  ∧__.   i       イ     i`    }
     i  '` ー - - 、 ̄ヽ ノ ` ,イ.   y, _ ̄ ヽ.-._:r-.゙/          \  ̄1i.  :!      }ヽ   ∨
     !  _,..............:ノ__ ノ´...._.ノ  / .Yr ,, -丿 ノ../                \  《.. {!     / イ  ∨    ∧
.        /.::::::::::::::ヽ..ィ  `.イ! .!  ! ゞ   ( o. /                 \ ≫゙′    o゚ ', .∨    ,
        ,.:,'゙  ゙::::::::::::::::::::i     ト ! ノ  ヘ_ .,../                    丶.     o゚   ゝ',   /
     イ/.:::゙:::::゙:::≧{イ ラ::::i..    V !,イ ! ./゙/                  U   ',゙_ o ゚   ノ }. ,イ
  /イ/.;ィチ´    ヽイ::::;.       ゞ从 .| j:.゙{                            l..    _{__/_ .}
../  / /      ノ!:;'.           ゞ.Y: : :゙、                         ′.-=≦ /⌒   Y
   / /           ;            ハ: : : : \                  /.       /     ∨ /
!  {  !           i.            !: : : : :゙/`                 ´\.  }!   /       ∨
.


6908◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 21:41:24.832483 ID:xRA6DFMx

【翌日】
 _________________________________
 ┃    ┃                   ┃    ┃                ┃    ┃
 ┸──┸┐ ====================┌┸──┸┐______┌┸──┸
  13番   | iiiiiiiiiiiiii||||iiiiiiiiiiiiiiiiiiii||| 14番   |__lニニl_l||l_lニ| 15番
 ────┘ =======||||==========||└────┘__lニニl_l||l_lニ└────
        ||[[[[[[[[[[[[[[[[||||[[[[[[[[[[[[[[[[||          .|l_lニニl_l||l_lニニl_l|
   ∧_∧   =======||||==========|l  〃ノノ^ヾ  |l_lニニl_l||l_lニニl_l|
  (´∀`.*) [][][][][][]||||[][][][][][][][]||  リ´-´ル  |l_lニニl_l||l_lニニl_l|
  Α_Α ────‐,──,─────∧ ∧───────────────
 (.    ・)  ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(  ; ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


         / ./  / ,      、 ', Ⅶ
            ′ ′ / // ,    }  ', Ⅶ
              ′ ′// イ     , | | ‘   Ⅶ
        |  ′ l /_/___' |. | l / ハ│ ',   Ⅶ
        l ′ l | lハ /`T´ | メ- 、L._│ | }    職務放棄…
          ,   |_ト仡;jえ、',l レィx、 レ| | │ l
        , /|   |ヽ ` ´_ノ= (弋kケ'メ! / │ ′   処理はしておきますが、次回から
         // .|   |   ̄  ' ` ー-/´l/ /!/     公共事業に掛かる日雇い仕事は
.        //  |   ト.、  --_、  , イ   ′      受け難くなると思っておいてください
       // | ,′  | \  ,|、`<\|│  ハ
.      // |,.ィ   / \_` {ニ´  \`! /__}_     報酬に関しては週末にもう一度
   __ 。s ≦i:i/  /   イ⌒ヒ´    \/i:i:i:i:i:i:i:`Y   来ていただいて勤怠実績を見て
  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:/  /|', / ハ:;:;j`ー\ __  ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i|   改めて支給させて頂きますので…
. /i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ /i:,ィ'i:iV / ΥlヽУi:i:i:i}   |:i:i:i:i:i:i:i:i|
/i:i:i:i:i:i:i:i:i//i:〈´i:i:i:i:У  |  ',i\_r!   |、i:i:i:i:i:i:i:
{i:i:i:i:i:i:i:i:i:´i:i:i:i:i: 、i:i:i〈 /  j | 」i:i:i|i\` ー`li:i:i:i:i:i|
.

6911◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 21:44:08.978341 ID:xRA6DFMx

           ,.,-―-.∧_
         _/:.:.:ィ、:.:.:.:.:.ヽヽ>'´)
       /:.、:.:.:.:.:.:.:.:.\_ノ /~゙ヽ
        <7:.:,ハ:.:.:._j:.:.:.:└i´∟〉:.:.:.丶
       {:.:.:レ マ´:ハ:.!:.:i:.:|:.:j:.:.:}:.:.:.:.:.!    週末までどうにかしませんと…
      <从:!  V__リVj八/:.:.:j:.:.:.:ノ:!
         ',:.:゙ォ ^~´ u. 7:.:./:.:.,イ:八     あー… 分かってましたけど
         V〈   ;:;  ノv'´/:.:∧ )   今後どうしましょうこれ…
イ⌒ヽ     ノ:.:人っ _,.ィノュ、`ー―ァ=-、
ゝ___メー    ∨ノ人:.[ ///イ:(イ/⌒´ヽ ノ  とりあえず薬草買いにいきませんと…
          ゝ:(__//ハ /ゞ<_`ト /.  ∧
          (`~j}{Уrfユ ', V / ∧
    ハァ….      {i{/ └" ゝY     ‘,
             {!        |    ‘,
.             {ハ: 、::...     |z< ̄`i>′ ガタッ
               ゙ト! `       ‘,  ∨

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 あの後、身体を引きずるようにして日が暮れる前に街へと入った

 ギルドへと向かおうという気持ちだけはあったが、もはやそんな気力も体力も無く
 首からぶら下げた袋から金を取りだし、屋台で食べ、危険を承知で大部屋で泊まった

 幸いにしてこの時期の大部屋は人も少なく、他のハンターたちが寝静まった後に
 こっそり入り込み、部屋の片隅で目立たぬようにして静かに眠りに就けた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6913常態の名無しさん2020/12/30(水) 21:45:21.386179 ID:YyN8gevh
黒子か
前回変なところで倒れてたもんなぁ

6914常態の名無しさん2020/12/30(水) 21:45:26.844128 ID:2SEQZm3S
黒子生きていて良かった
とはいえ先が見えない

6915◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 21:46:25.937863 ID:xRA6DFMx
                  ,. : :---――---  、
              r--、/: : :, -: : : : : : :- 、: : \r-、 __
.           {∨//: : : : : : : : : : _: : : : : ヽ: : :ヽ/∨∧
.         __|/// : : : : /: : : : : :.八: : : : : : : : : :∨l}//}__
..     /: : ,.ィ, : :,: : : :{:/:/ : : : } |: : :|: : :|: :|: : :∨、: : : :ヽ   先週までの仕事で貯めたお金で
.       ': :<///: :/: /: :/_/_:/ノ/  |、:_|{__: : : |: :|: :∨/>: : : :   .冬明けまで凌げますかしら?
.     /: : : :,:.Ⅵ:イ:|: :|: /}:/}:/从{  }从{:\:{: :|: :|: |:.|/: : : : : ::
....   ': : : :/: : {/:{:{: :{/{,.ィrtォ、    ィrtォ 、Ⅵ:∧:}リ: : : : :l: : :|  できる夫たちと会えるのは週末…
.    /: : :〃: : : : :八:从`弋zソ     弋zソ ' ∧}:/': : :、: : :|: : :  でも、他の面々は週明けからも
..  /: : / {: : : : /: : :{ ∧        '      ,:⌒}: : |: : \:∧: :.l  そのまま仕事に入るのでしょうし…
  ,: : :/  ,: : : :,: : : :乂∧;#;          u/_'イ: : :|: : : :/: ∧: :
.. ,: /  |: : :,イ: : : :{ `¨ 、     ´`    イ   |: : ∧: : :{ : { }: |
..゙/:/     |: : { | : : : |    `  .    . ´   |: : { 、 : | : | |: |
.゙{: {    / : / |: :|: :.|     _| `¨´ |_     , : |  }:./: ∧ |: {
.゙|: |    ,: : / ,: 人:_| _ /  ̄ ∧ ̄ \ __、: 〉 l:': :/: { ,: :|
゙从{  /:/ /:/ ,.「:..|:..:...:.`\__/ l ∨__/´:..:..:.l:..`ヽ/: ∧: |/: :|
  \/:/   ,':/ /l |:..{:..:..:..:..:..:..マム | /:./:...:..:..:..:.|:..:| ∧: { 、{ : /
.    {:/   // { Ⅵ:..|:..:..:..:..:..:..:.マ:.、| ,':./:..:.:..:..:..:. |:..:|/ ∨ /:./

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そして翌朝になり、こうしてギルドへと向かって職員に正直に仕事を抜けて来たことを
 告げるや、渋い表情をされてあのように言われたのである

 多少なりとも信用の必要な仕事なのであれば、たしかに今回自分がしたことは
 信用を失うには十分過ぎることだったのかもしれない…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6919◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 21:48:56.922588 ID:xRA6DFMx

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o
:::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ヽ:::::::<                         |::::::::r'"7:::::::::::::::l/:::
::::::::::::::::::::::::::::::',  n|::::/                         }:::::::`゚-´::::::::::::::::|_/
:::::::::::::::::::::::::::::::::`ー´::>                            ',ツ::::::::::::::::::::::::::|:::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧                          ∠::::::::,.イ::::::::::::::/:::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧    _                  ,.-‐-   `-イ_/::::::::::::/::::::
:::::::::::::::::::::',ヾ、::::::::::::::::::::\ /::::::::ヽ              /::::::::::::_:::',_   ヽ:::::::/::::::::::
∧:::::::::::::::::::\ミ>__/ ̄ ̄ l::::::::::::::::::`,             |::;_::::::<_゚ノ::l::)    `-'">:::::::::::
:::∧::::::::::::::::::::二/ _   (',`-゚'::´-゚':l/             i:-゚'::::::::::::::<     /:::::::::::::
::::::∧::::::::::::::/  /:::_::::::ヽ  ヾ::='::::l_             \::='´/:::',_ _,. -'´:::::::::::::::::
:::/\' ;:::::::::ノ  (',:::`゚::</  ,..ノ::--イ:::::::\             `l::::::::/:::-::/::::::::::::::`:::::::::::::
:::::::::::::\ ̄  /ハ:::::::/  /:::::::::::::::::::::::::::::',          _/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::\‐'´::::::`t'  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l          /::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::
。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 だが、そう言われてもこれ以上あの場所には居られない事情もあって…

 哨戒が終わり、テントに戻ろうとしたときに中から聞こえた他の男たちの話し声
 ニヤニヤとした顔で娼隊の話をしながら、モノのついでのような流れで――――

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6921◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 21:53:15.070027 ID:xRA6DFMx
。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。


  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  | 俺さ~、今日金無いんだよね~w       |
  | だから彼女にお世話になろうかなってw .|
  ヽ_________________/




                             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                             | あ、オレもオレもw 貧相な身体だけど |
                             | タダなら別にそれもアリかな~ってw  .|
                             ヽ________________/


。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 彼らは帰ってきた私を襲って犯す話をし始めた…
 寒空の中で一瞬にして背中に汗が伝い、鼓動が速くなっていくのが分かった

 この世界でいうハンターは、元の世界の底辺職と同じだ
 そうなれば一定割合でこうした『クズ』が居ることも何ら不思議な話ではないわけで…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6926◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 21:55:45.077649 ID:xRA6DFMx
。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。
              /: :|!: : :ー―- 、: :ヽ      __
          |: : {\:_:_: : : : : :Y: }       ヽ: ヽ:、
          {: : :\/: : Y: : : : }/,.. :‐- 、    }: : }: ム
           r 、__: :,..: :'  ̄ ̄`ヽ:.:.:`ヽ、 /: /: : :ハ
              と_,.. -,/: : : : : : : : :/: _: :ヽ__:,.ィ: : :./: }
                 /:, ': ,: : : :,: : : : : : :`ヽ}///: : /: /
               {:/: :/: :/:,.._,: : : : : : :}:!/{: : :/: /     . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
               {: /下ミ   /: /: : :/: ///{: : : /     . : : 逃げなきゃ… .: :
              Ⅵ ヒソ::::/イィ_´{: :////>:/       : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
              /八   '   {_ソ}':,イ: : :,:__/
                 {:..:{∧ V`ヽ ;u;ィ:..:_∨              : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
              ,:..:T `_ー <:./  _}               : : あの人数で襲われたら : :
           ,_-- }:..:|!_/,.イ:./:../   ´  `ヽ.           : : どうしようもないですの : :
          /////:..:..:..、:..:../:..:.{  ,. イ⌒}            : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
            //////{:..:..:..:..:`:T:..´:|_/!   {_/
         { ̄ ̄/ム:..:..:..:..:..:|:..:..:..:..Ⅵ
         |///////\:..:..:../:..:..:...:..:} ',  ',
        ,. |//////,. -―--、---- 'ム l    ,        __   00
        / \///      }//l/// } ,               | | r、    [][]「l
        ,'   /       ,..イ///_/  ,   i        |_| \>    くノ
.      /    /      / ,.l_/     ,
      ,    {    , イ /             i
       {    ヽ   ´  /          ',  ,
        、_'_/` ー  ´            i   - 、_
                           { _,.-、  }
                           ゝ_,)`ー '
。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そう考えれば、一か月以上の間何も起こらなかったことが奇跡に等しかったのかもしれない

 夕闇に紛れるようにして北と東の哨戒の隙間を縫って哨戒網を脱し、街へと向かう
 魔物に襲われる危険性の高い夜の草原を警戒しながら抜けたところで体力が尽きた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6932◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 21:58:54.118253 ID:xRA6DFMx

       r‐ 、 /: : : : : : : : : : : : : : : :\__
       >-:ァ'  ̄}: : : : : : :/: ;ハヘ: : : : : ヽ }
.      /: : :.{   /: :.//: : /: /:::::::|: : : : : : Y:ヽ
     .: : : : :ト、__/{: : |:ト: : l: ト!:::::::::!: :|: : : : :|: : l
     |: : : : :!: : :ィヘ: :NニⅥサ::::::`サlル「: :.ハ}: : |   衝動的にしたことですけど
     l: : : : :ト、: {ぃヽ{::::{り ソ::::::::り ソ}{:V: : : : l    冷静に考えたら随分無茶しましたわね…
     ; : : : :.|个、ゝ_.u   ̄      ̄ }: : |: : :
      /: : : : :乂: {\:>、#;:   r ァ   八: }: :/    あそこで誰かに声を掛けられなかったら
.     /: : : :/ヽ: : Y^ く \ 、 _   <:{  ソ:.ハ     もしかしたらそのまま死んでたかも…
  /; ィ: /   }: : :}:. :. :≧く        }:.V: :/}:|
 .: :/ /:/    ノ: :イ. // ⌒ヽ     /;イ: ; {:{
. {:.〈  {: {  /:/:/::f { /   l     〈:{ {:〈 ノノ
 ヽ:\ ヾV: :,イ: : {: : 爿         }:入:\'
   \:ヽ《: :{ ヽ: :}:. :. :l___ |    /:' ∧: ヽ
    〉:} 入:V: :/:. :. :. |  |      {:.{ {: ハ: : )
   <:ノ(:{ }: Y:. :. :. :. |  |       }:) :{ }:(
      ,}! ル' :. :. :. :..:|  |     ル J;! 八:_ァ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 街の外壁まで来たところで安心してしまいああなったのだが…
 雪が積もっていなかったことや、力尽きたのが朝になってからだったのが幸運だった

 もしそうでなかったらきっと凍死して今頃衛兵か何かのお世話になっていたことだろう

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6939◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:02:45.904207 ID:xRA6DFMx

                 ___
             _,.. : :´: : _,>: : : : ̄`ヽ、
        _    /: : : : : :/: : : : : : : : : : : ヽ.、
      ,..イ;;`ヽ-/: : : : : : : : >: : : : : : : : : : : : : ∨,-、, -,
     _,..\;;',;;;;;/': : : : : : : :<: : : : : : : : : : : :、: : ヽ.l;;;;;;l;;;/ヽ     あ~… あの時のワタクシ随分と
   /: : : : : :{ニ}:_: : : : : : : : : :_: : : : : : : : : : : : ヽ、}、;;;;/_. \    ぶっきらぼうな感じでしたわ…
.  /: : : : : ,.イ;;;;;l: ヽ: : : : : <: : : : : : : : : : : : _: :_,./;;ヽ/::::::: : : : ヽ、
  l: : : ///;;;,.;;/l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./;;;;;;;;;l;;、ー--、: : :.',  紅月さんに次お会いした時には
 ,.l: : /:l:,.-/;;;;;;l:::',: ,: : :_,.,..._:_:_,.._: _: : : : : : : : : :l;;;;;,.._;};;;_ヽ}: : :l: : : :', お礼のひとつくらいしなければ…
/: :ヽ: :::ヽ {、:::::l:::::/: : /: : : :/: : :ヽ: 、`ヽ: : :、: ::::::::l、;;;:} /: : : /l : : : l
ヽ、: : ヽ:::::\l:://:./: : : ,: :': : :,: : : . . 、 :\: :ヽ::l:::l::://: :/ .|: : : :!
____,>: : : ノ/: /: : : /: :,: : :l: : :l、: : :.\: `ヽ、:l::ヽ/: : :/_|: : : :l_________
彡:_: /- ''"´_,..-/: :_,ィ: : ,イ:、: :ヽ、: : : : : : : : ミ、_: : (   {: : : :ー: .、
 -ニニノ      ̄ ̄ ´-、<:_:人>-:_:_ー: : -=--}>  ヽ:_ヽ    ̄ ̄-‐

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 人もまばらなギルドの端のテーブルにて、昨日までの自分を省みて思わず突っ伏す

 あそこで偶然知り合いが通りかかってくれるという奇跡が起きて
 今の自分があるだけなのだと思うと、自分の無鉄砲さ加減に嫌気もするというもので…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6942◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:05:54.974510 ID:xRA6DFMx

: : : :////////////}: : : : : : :l: : :.:.|: :|: : : : : :,: : :/     l: :l: : l: : : : : :、: : : : : :\
: : ://///////////l: : : : : :.:.|: : : :l: :l: : : : : :l: : :l    }: :!: :.|: : : : : : }、: : : : : : ヽ
: : :\//////////: |: : : : : : :|: : :,イ: :|: : : : :.:|: :l,'     |: :l: :/: : : : : :γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
: ://: : `ヽ、/////: :.!: : : : :.:.:.|: :/ l: :!: : : :.:.:|: :|      |:,イ:/l: : : /l: :..| …… あれ?そういえば… .|
:イ {: : : : :ヽ:` ̄´: : :.',: : : : :.:.:|:/_ V:I: : : :/_!: l_,}  //_,.., |: : /:.,': :゙ゝ____________,ノ
:,ハ: : : : : ト,: : : :_: : :,: :l: : : :|    ヾj、ー:{ VI    ,ィチ心 !: /: /l:/l: : : : :/: : :,..-、: : : : }
:!:..:.{: : : :.:.| \:/,-、 ヽ:',:.|: :.:.:.|  _,..tォr=ォ、       弋z(ソ ,':/l: /:.//: : : :/     }: : /
:!:...:.',: : :.:.:|:..l ∨ /ヽ ',:!: : : | ゝ 弋z(ソ_        ̄´ {' /'´:../l: : :/     /:./
:,:..:..:..、: : :.|:..:.,  、{_ ゝ、 从: 从   `  ̄       、     !:..:..:..,- {: : {_,..- '´: /
: ,:..:..:..ヽ: : ',:..:.., \ ー--ヾj ;#;:;          '    ,'´ ̄   ヽ: : : : : : /
: :',:..:..:..:.\: \:..、  ` ̄`、                      /       ` ̄ ´
: : :、:..:..:..:..:.\: ',:.\   __ハ、           ,....-ィ    /.      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
: : : :',:..:..:..:..:..:..\、´`ー '´  `  ._        ` ̄´  /.         | 紅月さんってたしか兼岳階君や  .|
: : : : :、:..:.l- '´ ̄\: ー: : . . _   >       _,. ´         | 真崎君と一緒だったのでは…? .|
-`、: : :\      ` ー : :_: : : : :`ヽ                     ゝ_______________,ノ
  \: : :.\__________´,-―-、    ムクッ
    `ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : /´`ヽ: :',

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 と、その声を掛けられたことを思い出してひとつの疑問へと行き当たる

 フラフラのヘロヘロだったため、はっきりと覚えているかと言われれば微妙だが
 昨日あそこに居たのはたしかに紅月さんと、知らない女性二名に ―――――

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6944◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:09:02.474587 ID:xRA6DFMx

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o 。

    / ̄ ̄ ̄\
..  / /     \ \            : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
 /  (●)  (●)  \         : : いや、でもあの二人じゃなかったですわね… : :
 |.u   (__人__)    |.          : : ってことはやっぱり入即出やる夫…?     .: :
 \    ` ⌒´    /.          : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
 /              \

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o 。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 記憶違いでなければ、あの場に居たのは兼岳階や真崎ではなく…
 入即出やる夫ではなかっただろうか…?

 元の世界では引きこもりで、転移後も誰とも組んでなかったと記憶していたのだが…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6945◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:10:44.948859 ID:xRA6DFMx

     _  /: : : : : :-、: : : : : ヽ: : : : : ハ、  r7、
    {//V: : /: : : : : : :}: : : : 、: :',: : : : }//ヽ'//}_
   /{//:イ: /: :/: : : : ハ!: : : : }: : |: : : :V/,∧:`ヽ: \
.  /: ://イl: イ: : |: : : :./ }: :l: :.リ: : ト,: :}: ///,∧: : :.ヽ: ヽ    なんで紅月さんが入即出君と一緒に……
 /: : ー//.!: {: : :|_l_:{   !: |,../--/ l:.リ:{///}//!、: : : ',: :':,
〃: :{: :.{'-l|: :!: l: {从IV   VIl/从/ l:/l: :/: ト-': : ト,: : : :,: :}   転移してから今日までの間に
|:{: : |: /: :|:从lヾ!:ィ斥心    ´斥心ヾ!l/-ミ!: :|: :.| ',: : :.}:.:|   一体何があったらそんなことになるのかしら?
|:.!: :.|:{: : :|,: :ヽ,ハ 弋z(ソ     弋z(ソ リ' ニ }:l: |: :.| }: : :!: |
|: ',: :|:|: :.ハ: :,:ゞ,l     '      u. -',イ:.!: V:.| |: : :|:/   ちょっと謎ですわね…
|:∧: |i: :j  l: :l: 八.           ;:;: /¨´ハ:.:,: :∨ ! : /イ
|: : ト、:V:|  }: :|/ ` 、   ´`    , く/: :{ |:.',: :', /: /l: |
':,: :| ヽ:.:|  |:,ノ     >r ‐<|_  {: : | |: l、: V: :./ l: |
 ヽ:.、 }:.! /:'    ____./` ー '´ ヽ_ヽ:.{ |: | ヽ': /、 ヽ: :、
  \:|: :}イ:{  ,.{´:..:..:..:{  /.| {  /:..`ヽ、.!:_! /: :{: :':, ゝ: \
     !: |ヽ: V ,|:.l:..:..:..:|Y´ / V´//:..:..:..:../:./,{: : | ヽ: 、 ー、: :ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そのはずの彼が、なぜか紅月カレンと一緒にいて…

 外で一緒にいたという事はおそらくあの4人でPTを組んでいるということなのだろうが…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6948◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:13:42.836290 ID:xRA6DFMx

         __ /: :,. ‐: -: :`:  ̄`ヽ`-、/Уハ
     ,ィ、_ィ升|: : /: :/: : : : : :\: : : : :\//{ _
     {//マ//{ /: : :/: : : : : : _: : : :ヽ: : : 、: ∨ハ:ヽ、
    /: : :ィ//Ⅳ:,: ! {: : : : : :ハハ: :i: : i:マ: : :',: 、7ハ、: :\
  , ': : : ///Ⅳ: |: |:.|!:.||: !{: |  マ:|,: !:ハ:!,:.:.:|: |、Ⅵヽ: : : :
 ,: : : : //{///!:!:.:.|: |:.|!:.|l: | |:|  !! 斗-リ |: :}: |-リ//: : : : .   夕方頃になればギルドに来ますわよね…?
/: : : :,ィr:\//:!:|:!:.|: |:.|从-- リ   リ  ,ィチY:./:|:i!: :!ヽ : ', : : : :
': : : / |: : : : : j!:.!Ⅵ!:|:.| ,ィチtォ、     弋ソj/l|从: :|  マ:.i: : : : .  お礼するついでに、紅月さんと話でもして
: : :/ j!: : : : /: :ト{从j 圦弋(ソ          |/|: : : |  マ|: : : : }  何があったのか聞きたいところですけど…
: :/ /: : : : イ: : :! ゝ、rrァrァ      '   ;:八{: : : :.   }: : : ::,'
: { / : : / |: :.:.|  /!{{{ {#;     ,,  イ: : ト、: : : 、 /: : : /
: ∨: :/  |: : :j  ヽミヽヽ`ー-、   / 、: :| \: :∨: : :./.       : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
、: :\   /: : /´ ̄ヽ:>..、_  Y ̄i `ト 、 }: !   ∨: : : /       : : 上手くいってるとは   : :
:∧: : \ ,: : :イ     ',:.|:.|`´ |yrr、 ム:..:..:.`ヽ /: : ,イ:、       : : 到底思えませんけど… .: :
´ \: : \: :/j!     }:..|:j!   !' ゚{_\,}:..:..:.}:..|Ⅵ:/ |:.ム.        : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
   ,\: : \|    Ⅵ:.j:j!   |ミ、 o} |:! :.,:..:.i:..j! |、   |: : }
,  /: :/\: : |     |/,:'    |:ヽヽ /':..:rr、:Y:! ハ.  /: :/
: :、/: :/  } : |     __,i:,     |:..:..∨:..:..:..T:..:Ⅵ' |∨: :/
\:\'  /:イ|  / /'    j!:...:..:..:..:..:..:.|:..:..}'   ∨

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 彼と同じ中学だったクラスメイトの子の話では、コミュ障に加えて、
 勉強も運動もどれも人並みにすら出来ず、イジメられる程だったと聞く

 そんな男子と組んでも上手くいくとは到底思えない、というのが
 その時に白井黒子の率直な感想であった…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6949◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:13:54.676391 ID:xRA6DFMx








                            ┌──────┐
                            │            │
                            │            │
                            └──────┘
                              ┌───┐
                              │      │
                              └───┘
                                ┌┐
                                └┘








.

6958◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:17:43.994398 ID:xRA6DFMx
【夕方】
 _________________________________
 ┃    ┃                   ┃    ┃                ┃    ┃
 ┸──┸┐ ====================┌┸──┸┐______┌┸──┸
   1番   | iiiiiiiiiiiiii||||iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|||  2番   |__lニニl_l||l_lニ|  3番
 ────┘ =======||||==========||└────┘__lニニl_l||l_lニ└────
        ||[[[[[[[[[[[[[[[[||||[[[[[[[[[[[[[[[[||          .|l_lニニl_l||l_lニニl_l|
   ∧_∧   =======||||==========|l  〃ノノ^ヾ  |l_lニニl_l||l_lニニl_l|
  (´∀`.*) [][][][][][]||||[][][][][][][][]||  リ´-´ル  |l_lニニl_l||l_lニニl_l|
  Α_Α ────‐,──,─────∧ ∧───────────────
 (.    ・)  ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(  ; ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (     )         | ̄ ̄|        / ゙^ハ
 | | |..____|    |_____ソ  |_______________
 (__.(__)                 .ノ_,、リ_」


     ____
   /  ⌒  ^\
  /  ( ●)  (●)     昨晩途中で雪が止んでて良かったお
/  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
|       |r┬-|   |   二日連続で8匹狩れたし、春も近いかもしれんおね
\        `ー'´  /
/           \

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 夕方になり、やる夫たちは狩りを終えてギルドへと戻ってくる

 この日は朝から寒さも弱く、雪も積もっておらず、狩り日和であった
 もっとも、今日も昨日と同じく夕方頃になって天気が崩れて8匹止まりではあったが…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6966◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:20:36.916684 ID:xRA6DFMx

              /:. i:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:. 、.ヽ
.            ト、...<:.:.:.:∧:.: i:.:.ト、_」_:.:.:',:
.            i:.:.:.:,:.:.:.:.:.:∧:.{:.:i ´∨\:.:.:.:.i:
.            `¨1 i:.:.:.:.:.:.:ゝ:.:{ . イ辷》、:.i:.}:i    年も越したし、そう思いたいのは分かるけどね~
             i:.:|:.:.:.:.:.:.:.ノ`ー  ̄ .∧:ノ:l
             ∧:',:.:.:.:.:Y  `    ui :.`|.:     この辺じゃ春が来るのはもうちょっと先かもね
       ,    /:.:.:>ゝ:. ト:{. ゝ二フ  ノ:.:.:.i:.:l    大抵春の前にはもう一回くらい厳しい寒さが来るのよ
        /    /≦三ニト个t.,._  /i.{:.:.:.:l≧ュ、
       :.:ゝ___.ノ:.:.:.:ュ=フ:.:.:.:.レ‐ゝ-- -ゞ:.:.:.:i少¨    それを乗り越えてやっとって感じかしらね
.       i:.:.:.:.:.:.:.:.:z少三/:.:.:.:./、.ーt __r  ';.:.:.:マュ:.   ノ}
       `フ:.:.ュ少三ニマ:.:.:.:.:ムニ≧´  `Yム:.:.::.マハ:ー´/
      /z彡三三マ:.:.:.:.: ム三iiハ    ノニム:.:.:.:マ}:.:.ノ
    ュ=三三三ニマ:.:.:.:.:.:.ム三><ゝ¨¨ <ム:.:.:.:.:
.  ∠-‐======.マ:.:.:.:.:.:/- <  .ヽ ',    フ\:.:.:.:
.゙/ ー- 、、 ./三.:.:.:.:.:.:.: i       .∧ } /.   ';.:.:.:
.゙マ     .< =三i:.:.:.:.:.:.:.:.l        ゝ<     ';.:.:.i
..゙ハ、      \_.」:.:.:.:.:.:.:.:.:、      ノ      .ノ:.:.:


         ____
        /     \
      /  u   ノ  \     うぇっ!?そうなのかお?
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|    やる夫のいたところだと、年越ししたら
     \    u   .` ⌒/    徐々に寒さがやわらいでくるって感じだったのに…
    ノ           \
  /´               ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 冬の時期のギルドは本当に閑散としていて、ハンターの数が秋頃までよりかなり少ない

 というのも、まず年間通して稼いでいる高レベルハンターがギルドに来なくなる
 春~秋までの貯えで普通に冬を越せるためわざわざこの時期に狩りに出ないのである

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6972◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:23:23.807417 ID:xRA6DFMx

       〃: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、 :\
      /: : :, : : : : : : : : : : : : :、 : : : : : ハ: : :
      ノル': :{: :: :!: !: : : : : : : : :} 从',: : : :i: : : :
.     ´{: : : :!: :孑廾ト : : : 孑廾ト、ハ: : : }: : : :!    まぁ、あと1か月ちょっとは先でしょうね
..    八 : 从: l〃ミx、ヽ: : :ノz≠ミxノ,ハ: : |: : : :|
      ヽ: : ヽ! f、,.  )イ f.、,ィ 从}: : : |: : : :|    はい、今日の精算分ね
       }:八ゞ弋:!     匕リ  |: : : i : : : {    さっさと宿に戻って夕飯済ませましょ?
.       八: !ハ.    ′     ,′: ∧:: :八
.      /: : : | 人            ノ: :: :,': :ヽ : : \   今日もそこそこ稼げたし、1品追加してもいいわよ?
.     /: :: : : ::|: : : : ト  `   .イ: : : : i : : : ', : : : :ヽ
   〃: :: : : : : :|/: : : :V `こ __/|: :: : : !: : : : \: : : : \
... /: :: : : :r一У : : : : }  /Yヽ  {: :: : ::{`ヽ、: :: :`: : : : : :
....{: : : : ////: : : : : : i.、/    ', .{ : : : 八/刈、: : :} : : : : }
  ヽ: ://///, : : : : : : ノ∧,.‐== 、∧ : : : : ∨/∧: : : : : :/



.       ____
       '"   U    `丶、
   /  \         \
.   /     `¨″  `'ー'" ̄`     春は遠いおねぇ…
  {  三三       三三   }
.  '.                 J /   あ、今日はトリ肉が食べたいお
   \ u  ゙'ー'^'ー'゙     /    昨日メニューに載ってるの見たんだお
     `¨7    ̄       ‘,
      /          ‘,

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 それに加えて、冬季公共事業によって日雇い組の多くが不在ともなれば
 週末以外で顔を出すのは、低レベルで順調なPTか中・高レベルで事情があって
 稼ぐ必要がある極一部の層だけということになるため、静かなことになるのである

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6976◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:25:30.484798 ID:xRA6DFMx

       / : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     / : : : : : : :/: : : : : : : : : : : /ミ、: : j: : : : : :`l
`ミー-彡 : : : : : : : / : : : : : : /: : : /三ミミ、: i: : ; -: : : l彡′
`ヽ三: : : : :_:彡=:l : : : : /: :,': : /ー- ..._ヾ}:/:彡i : : : : i
ー彡´: : :/   ((l:: : : :,' : ,' /      ミー ム: : : : :i
: : : : : : : ゞ-彡´: : l: : : :i : ,/三ミ¨ ー‐-= 、  ム: : : : ト、_ 彡  あぁ、昨日のおススメにあったわね
: : : : : : : : : : : : :_:_:l: : : :i : i:三ミ_ `ヽ     `ヽl: l: : : :i : : : : :/
ヾミ: : : : : : : : :/ .i: : : :i : l:::::心 ヾヽ    / ̄ ハ : : : i: : 彡´    食堂のおススメが書いてある看板に
._,≧ー: : : : :{   i: : : :i: :l:::ツ __      /仍 ./ : l: : : l彡´      数量限定って書いてあったわよ?
`ミ:_: : : : : : : : :\_l: : : :i: :l ̄´       {ツ_./: : : l: : :l
    ̄ ̄ ̄フ:_: : : '; : : i : l            、./i : : : l : ,′       今日ならまだあるんじゃない?
       〃 リ: / ';: : :i: :l         / .,'::i: : : :l: :′
      /  .i リ /i:'; : i: :l    ー ‐ ァ /≦l: : : l ;
  ム、      r┴.',: :i: l\    ¨ / ̄ミ .l: : :i!:;
. ////>、    |::::::::::'; :i ト ≧:.__ イ      l: : ji;
/∧ ////\   j::::::::::::': i l::::::::::i:::/  ムヾ   l: /.i:
.〈 〉//////\/::::::::::::::::';i;i::::::::::i::′.////∧ヽ.l:/ i|
/∨////////∧ヾ::::::::::::::ヾ::::::::i人//ム///∧ /  /
////////////.∧::::::ゞ;:::::::::::::::i::::::::::::云ー/∧::ム

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・

 そのためか、ギルドでこうしてPTで固まってワイワイ話しているのも
 この時間帯だというのにやる夫たちのPTに加えて1つ2つという閑散っぷりで…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・
.

6977◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:26:53.327284 ID:xRA6DFMx





         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          | でしたら、そちらを私に           |
          | ご馳走させていただけませんこと? .|
          ゝ________________,ノ




.

6980◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:27:57.902089 ID:xRA6DFMx

               : : : : : : : : : : : : : :「 ̄` . {_,  }
             / : : : : : : : : : : : : : : : |    ーヘ}…‐-ミ
..     __ .: : : : : : : : : : : : : : : : : : .:\    / {: : : : : :`.:
.       |   ,/: : : : : : : : l: : : : :| : : : : : : : : }__/|  \ : : : : : : ヽ
.     /|   ′.: : .: .: .:i :|:.: :.: .:| : | : |_}:_: :|.:.}|  、   }ヽ.: : : : : : :
...  /:.:八__: : : : i: : :l : |: ト、: : : |l :厂:|ハ.:l }| 八   \(.: : :i.: : : : l: :|
 /′: / : |.: : : :|l.: :|.:i:L:| ヽ: :|j/ j从 }ノ八.: .:i\_,}: : :|ヽ : : |: :|   ここで待ってたら来ると思いましたわ
...: : |: : :i : : |l: : : :|l.:´|:从:{   }ノ   汽芹芋ミ.:i:| ⌒Y.: : : :| i: : :|: :|
i : : |: : :|.: .:八 : : |{: i:|yテ芋ミ      弋ぅリ j从K |{ : : : | ':.:.:ノ: :|   昨日のお礼をさせて頂きたいと思って
| : : |: : :|、: : : \八从 弋ぅリ            ノン 八: : : ∨; ' |: : |   ここで待ってましたのよ
 : .:|: :八,\: : : : ゝ(_ :       '        ;:;: ,.-‐く: :| ヽ /:/  | : :|
. \:\: .:\ ヽ: : :i : 圦#;    、  ノ    // : /.:.:| ,/:/: i  、: ー-ミ
   ヽ: ヽ: : :Y ゚。.:|: :i  \          イ/ : ∧:.:.| /: {: : |:.、 \ : : : ヽ
     }: : }.: :| |.:.|: :|    `       / |.: : :| i: :|,': .:|.: .:| : ヽ  \ : : :
..   }| : :|: .:| | l|: :|      |≧=    |_.: .:| |: :|: : :|.: .:|.: : :|    ヽ: :
.    八.:.:|.: :| | リ: :|      /{_     _ノ Ⅵ ノ ∧ : 、: 人: : |    } :
..    ∨: :ノ |厶r―…‐ r'′   ーyr‐     \/  ヽ: \: \{    ノ :
..   /:/  /  { {. . . . .{{       / |ヽ    }}. .`. . . } : : ): : }   ⌒)

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 彼女が見つけるのもさぞや簡単なことだったであろうと思われる

 冬前までのギルドの混雑っぷりであればこうはいかなかったであろう…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6985◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:29:46.566967 ID:xRA6DFMx
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━                                        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
━━                                             | はい、お待ちどうさまです! .|
                  〉`ヽ, ´(_ ノ^}, ´(, 、ノ)   ノ:::ヽ、            | もうひとつもすぐお持ちします >
                  ´⌒,<ソヽ  /ム_ヽ(⌒ヽ'ヽ:;:';;;;;::ゝ,   _.        ゝ_____________,ノ
              , _, ´ ̄´⌒ヽノ´ヽ//ヽγ'::::ヾ:::::::)-<:::::::)ミ,ハ´:::ヽ __
          , ‘   ( |l, ´  , ´ )(⌒ヽ、 ,(:::::::::::::)::(::::::::ヽ:::::}/::ノ:::::::::)ヽ、`- ,
       ,  , γヽ} {  , ´ _/,, ヤヽ_ヾ、{:::::::::´::::::ゝ:::::::},;;;;>:::::::::::::::ゝ、`_'ノ "' 、
     ,   ,  そ' ヽノソ 人,..´:::::::::::;;;::::;::;;:::::ヾ::;;;;;;;:;:;:::::::::;ノ、;;';;';;;_:::::::::::::::::ヽゝ ヽ ヽ
    ,  ,   ,.彡ヽ ./ 〃⌒:::::::::::;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾニ三--':'':::::)(::::::::::ヽ;;::::::::::::ヽ  , ’
   ,  ,   { .l|l/ソ´::::::::::ヾil、::::::::;;;;;::::::::::::;;;;;;;;ミ彡::::::::;::ノ;;;;;;):::::::::(;'::);;;;:::::ノ  , ’
   ,  ,    l .ヽ, /:::::;;;;;;;;;;;;;ゞil|i!i!i!i!i!ヽ;;;;;:'::''''':':::'''''"'''';;;;;;;''ツ:::::::::::ノ;;;;':::::`ヽ   , .‘
      ,    ,>'゙(::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;i!i!;;;i!i;:::::::::';;;;;;;;;::::::::::::: ,(:::::::::::::::::,::´:'':::'':::::::::ノ  , ‘
   ‘  ,   ゝ⌒ゝ、::::::;;;:';;;;;;;;;;l|l|ソ::::::::::::;;;::::;:::::::::::::;;:::::ヾ、:::::::::;'、::::::::::::;;:- '  , ‘
   ‘   、 ヽ、_ , ' `⌒}::::;;;;;;;;l!'::::::::::;;;;;;;;'::::::::::::::::::::;;;;:::::::;`ヽ;'ijijゝ- .'    , '  ‘
     ,   、       ゞ-'''''(::::::::::::::;;:::::::::::;:::::;;;;;;;;;;;;:':::::::::ζ    _,..-'" ., -'
         , ~""''' ‐- ...,,__ ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::,''''''''ー-‐' . -'''" _,..-'''"
            ~""''' ‐- ...,,__  ̄二二二二二二__,__,,.. .- '''""~

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 鳥の唐揚げが湯気を立てて運ばれてくる

 豪華にも今日は2皿もあって、いつもよりもたくさん食べられる素晴らしい夕食なのだが ――――

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6988◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:33:58.275439 ID:xRA6DFMx

        // , '  /        \     ,ハ
.        //   /  /   ;     ヽ        ',
      イ  / '  ∧   ||   、/_}_  ',  `   ,     いや、ホントに構わないのだけど…
      {  '  !  斗七メ 八    ∧ハ `メ、!   ',  l
      人/l | 八z≠ミx  ',  ノ斗≠ミx_|   |  ,     貴女、あそこで倒れてたくらいだし、
       八 |;j〃 fゞ_刈` )イ iト、,厶刈   ,' 八     お金だってそんな余裕あるわけじゃないでしょ?
          ヽNハゝ ∨匕!     └弌/ |   i   ' ,
         ノ ! 丶 ´     '       厶  人    丶  それに私たちも別に貴女を助けたわけでも
.       /  ', 八      __ _  u.  /  /  ',     ヽ 何でもないんだし、お礼なんて…
.     /  〃!   ト .          , '  /   丶     ',
     /    ノ´ }  八ヘ ト  _   イ〆  八     ' ,    ノ
   /        」    ∨',| r‐‐‐/   /:::::ゞ     \  /
  /      /丿    ',‐∨‐_/     厶-‐==l     ∨


   ,::////ハ./:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\
  /:. |/////:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ /ハ
  ,:. :. |////:. :./:. :. /:. :. :. :ハ;ィ:. :. :. :. :. :. :. V/ム
 ,: : :. :X/,':. :./ :. :./:/.; :. :/   !:. :. :. :. :. :. :. :「///〉
 l:. ://ム:. :.,: :.イフ;7メ:. :/   |:|:..:.l:. :. ':. :. :.:|'//∧
 |:. :V/,イl从l;ルィ斧ミ、 X   斗l=ト:./:. :. :. ,!'//:. :.    ワタクシ、あそこで完全に一度力尽きてましたの
. :. :ハ~:. :.ハ:.frl 乂以ハ    ィ牡ハル1l:. :. :.ハ<:. :. :::.
  }:.| :. :./ }:.ゞ!   ̄      '^苡ア刈ハ:../:.V/〉ハ:. :::.   あの場で声を掛けられてなかったら
. ,:..レ:. ;' /:. ハ;#;    ;.     ̄ ,仏ノ:个 、V:.{ }:. :.}   あのままあそこで凍死なんてこともあり得ましたわ
 l: :. :/ ,: :./     丶  _,   ;:;: 爪 l:.:|   ヽ:.V:. :/
 !:. :.:{ ./:. ;'     } 、    , イ:.:{ ';:.V:..;!   〉:. :く    あんな風に倒れてましたけど、一応日雇いで
 ヽ:. :V:. :,'  厂斗  =≠‐┴┐:.:乂:. :.X   /:..∧:..ヽ  まとまったお金はあるのでお気になさらず…
  〉:. :.V⌒ー仏vハ ̄     _z≧=ミ、ヽ:. \ ,: :.:' }:. :. }
  ;. :. :..,{ // }! 八   /:〃´   \ヽ:. ::i{:. :{ ':. :..ノ
.ノ:. :. :. ハ レイ o}! ィf\/: ://      V:. :八:.:乂:./

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 いつもと違う面子が卓を一緒に囲っていることもあり、少し空気が異なっていた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6994◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:37:12.035220 ID:xRA6DFMx

.        _ -――- _
.       ´        `
   / \  U      \
.   /     `ー   `ー'´ ̄` ‘,  (ハァ… あんまり知らない人と食卓囲むのはなぁ…)
  {   三三   三三   }
  ‘,    (__人__)    J/    (自分からちゃんと断ればよかったお…)
   \ u           /
     `¨7    ̄    ‘,
      /          ‘,


    /   /   /                 ',
    /   /   /                ヽ    !
   /   /.._|_   ハ |ヽ     r|     }     !
   /   |   l 「:.`.ト|、!_,ヘ  /、|_!___ム    l
  ,'     .|   レ ヽ | リ   i  / .レ |/:::::::/ |/   (この手のタイプは面倒なのよね…)
../   ::::|   | _,,..,, _ _ |/ 、   |/:::::/ ′
     ::::::|   |  下rj竹′   弋tテナ/::: /      (大体別の目的があるパターンだし…)
.   ::::::::::|   | .u       、    !:::: |
   :::::::/,'   ハ            人:: ヘ
...゙:::::::::/ /     ',ゝ、     =‐'  ,.イ: : : ::  \
゙/ ̄:::::/: : :     ',\ >-‐r<:::::Λ: : : : :    \
゙|::::::::::::/: : : :     ハ \ / _..|:::::::::::\: : : : :    ヽ
r'::::::::::,': : : : :     !  Λ / ./::::::::::::::::::',: : : ::    |

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 ただでさえ人見知りなやる夫の場合、こうした場は本当に苦手なのだ

 お礼と称して申し出てきたことなので断りづらかったこともあり、
 流れで一緒に食卓を囲むことになってしまったが、正直あまり気乗りはしていない

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

6995常態の名無しさん2020/12/30(水) 22:38:14.997088 ID:fnERfRdv
露骨に面倒くさい顔してて草

7000◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:39:14.559656 ID:xRA6DFMx

.   /        /                \i////≧ュァ
  /        /            ヽ  ヽ.   \////K
             '        rヘ        ハ   ヽ≧ュ/〉
          i      |  ' ,     !     ト、 ∨//
        i        |   ∨   l     i  |/ハ ∨i
   li     |    i  li |    !i j_|   i |  i ̄ヘノ |
   ハ   i   | li   |  l| l     j必 ハ八 l| |  |    !   それにあの時紅月さんが居たのには
    トj   ! .∧ lト  ハ l| |    ィV ノ,斗 l| i  j   リ    本当に驚きましたの
    |:i   | l| 斗‐∨¨从!¨ヽ   , イ芹Ⅳ ハ/ ∨    /
    |∧ | j     _,ィk        込ソ |イ l  リ   ./     まさか入即出君と一緒だったなんて…
    ト、∧j∨ ,斗芥f:::豺              l i ! /   /
  ーァ    ヽ 弋zxソ        ィ     | 八/   /      たしか兼岳階君や真崎君と最初は
  ,二ヽ                   广i/!  癶      一緒だったと聞き及んでましたが…
  ゝ `´__   ;#;:              ァ   ,勹//  ∧ ハ
    >込          <  ノ   / /.,   / ∨ハ
   (   ∧`                /   / !  ,   ∨ハ
     r<ハ   >          イ   ,イ  { ハ   i  lj
     ノ  トj         ¨爪ハ {  / j   ヽ  ヽ. |  l|

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 だから、彼女が話題を変えてカレンの方に話題の矛先を向けた時に
 ルイズやキュルケは『ほら、来たわよ』と内心辟易しながら唐揚げにかぶりついていた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

7003◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:41:52.891401 ID:xRA6DFMx

         //  / /´--ミヽ. /ィ三ヽ   ヽヽ
        // |  l /´ ̄ ``  ̄´´  ̄ ヽ.  l !
        i ! :|  |l          _ i   ! |
        ||| :|! l! l!  ___ノ/ {/´ ̄ ` l | | | |
       ||!:l:l/l! |´ 二_ ̄´     _ z=ミ、 !| l!l! !    へっ!?あ、あぁ… まぁ… 色々あってね…
          l l!:|:lハ! !7´ ,rcヽ     7=c、 ト、|lハ!| |     あのPTは今はその二人だけじゃないかしら?
         | . |:   ト.  ヒツ       ヒツ ノ´,|  l |
        | : |:   | ` ー ´    l  ` ー'  /|  l !     私は今は“やる夫”のPTに入れてもらって
           ! :.|:. : ! u       !      /.l: ::l!|      .何とかやれてるけど…
           | ::l:: : |ト、   ____,  .イ´!: :l!:|
    /´ ̄‐ミヽ|: :: |:_.ミi.. ゙ー―‐ '´//:/l: :lハ|
   /      ヽl: |: ! ヽ\> _,. イ:::/:/:::l: :/!
  { ___    l: :|!: ! ヽ ` - _トく/jイ/.://
{ ̄_  --―   ト:{ハ.l  ヽ   ,r‐.、{ヽ/:/
´-‐    ̄ ̄ ̄  バ トヽ   ヽ /ヽ:::.:l!//、ーv--――- 、
 __         | | i\  {- 、 Y:ヽヽ ヽ、\     ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 カレンはカレンで、自分に会話の矛先が向くのは仕方ないと理解していた
 当然である 同じ世界の出で共通の話題があるのは自分だけなのだから

 とはいえ、あまりここまでの経緯を考えると根掘り葉掘り聞かれたくもないわけで…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

7008◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:44:20.660765 ID:xRA6DFMx

                    ,イ
            r- 、 //!,. : ̄>´ ̄>―- 、   ,ィ
            }//rY/イ: : ,: : : /: : : : : : : : : ヽ//}
            / : : _///: :': : :/: :/: : ,: : _: : : ヽ: :∨
          _,.:': : : //l_イ:/: /:/: :/:.//:/ ',: ',: |: : :}、
      //: : : : ,∨// |:': : :/´/{7ヽ/:/   r:|、|:l|: |∧     “入即出君”のPTに“入れてもらって”…
       ': : ': : : : /}: : : :T: |: /{ィ´rニミヽ'  _}/: ': |: |: : :.
     /: : : {: : : :, /: : : ;:,: _{イ  弋リ    ´ィハ }/}:/: ,: : : :}    あ、あぁ… そうだったんですのね…
    ,: : : :∧: : :{/: : : :{/{ r) u  `¨    ゞ゚' /'}:∧: : :∧    紅月さんも色々大変だったんですのね
    {: ,: /  ,: : |: :,イ: | 、、_、          '    ,: :/:| 〉':/: :}
    、:∨  ∧: ∨ ,: :. \:}:、   r―- 、   人: : /: イ: : |
    }: |  {: : :,: : ,  ,: :}  从 ::::...  ̄` '  イ }: : {: ' j: : :|    (やる夫…?やる夫呼びですの!?)
    |: |  、: :}: : }  、:| /ニ二ヽ>- <: / / : ∧_{,: : /
    |: |   ∨: :∧  }'〃   ヽ 〉lヽ、{: ,'/://_`Y/     (入れてもらってってことは、このPTって
    /:イ   / : ∧: 〉//:}     ∨ ∨:} {: : '¨´   `ヽ       もしかしなくても彼がリーダー…!?)
    \〉 /:_イ /:イ {イ:..|       \ }|l、∨  ,_,.ィ' 〉
      〉 \: 〉 ⌒} |:l:.!、|       }:\}!:/  / 〉/ L'
         }/      |:.,:Ⅵ       |:..: }/  / /'  )'
       /      、:..:マ      、:../  ∧

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 その辺をボカすことに注力するあまり、自然にやる夫をいつも呼んでいる通りに
 名前で言っていることにも気付いていないカレン

 黒子からしてみたら“あの入即出”である彼とどういう経緯を辿れば
 そこまで親密な感じになるのか全く理解出来ないのであった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

7012◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:47:10.264243 ID:xRA6DFMx

         /; : : : : :`: 、: :,,"; ; 、: : : ヽ
.         /::/: : : : r-:_:_、Y,_;_;_;_;ヽ: : : ハ
        /::/: : :i: /"´_,,、`´ x=-、 l: : :.バ
.      |: :i: : | |/ /       `ト、: : :.l   いやぁ… 言うほどでも無いと思うわよ…?
.      |: :|: : | |,x´_,;=、   .:r"_ヽ|: |: : :|
.      |: :|: : | | _,,r==、    行゚デi:.|: : :|   というか白井さんの方が大変なんじゃ…
.      |: :|: : | |、伐ニタヽ    ゞ’'' |:.|: : :|   だって日雇いで街道敷設事業に行ってたんじゃ…
.      |: :|: : | |ヘ `゙´   l   u.,'|:.| : :|
.      |: :|: : | |lゞ‐、   ー__:ァ /゙'|:.|: : |   男ばっかりで大変だったでしょ?
.      |: :.|: :.| リ´l| |` 、 _.   /  l|:|: :.|`゙゙''‐、,
.      |_,,l||: :| |. l| |  ` `="ノ  ノl: :/|、 i   \
.     / lハ: :ハ l|  |l   /´`ヽ ノ .|:/ l||l l   /}
.     {  | ヘ: :ヘ  |l  / ヽ=ノヽ ノ" .リ |l' / /
.     ヽミ  、\丶  |l/ : |:.:.:| ヽ'|   |l'"  ./
.      ヽ`  ゙l| `゙`_ ヘ : |:.:.:.:| :. | r===┘ /l



       r‐ 、 /: : : : : : : : : : : : : : : :\__
       >-:ァ'  ̄}: : : : : : :/: ;ハヘ: : : : : ヽ }
.      /: : :.{   /: :.//: : /: /:::::::|: : : : : : Y:ヽ
     .: : : : :ト、__/{: : |:ト: : l: ト!:::::::::!: :|: : : : :|: : l
     |: : : : :!: : :ィヘ: :NニⅥサ::::::`サlル「: :.ハ}: : |   あ~…… えぇ、まぁ… そうでしたわね…
     l: : : : :ト、: {ぃヽ{::::{り ソ::::::::り ソ}{:V: : : : l
     ; : : : :.|个、ゝ_    ̄      ̄ }: : |: : :    ちょっとその辺を甘く見てましたの…
      /: : : : :乂: {\:>、 u.   r ァ   八: }: :/    泊まるテントも男女の境が無かったもので…
.     /: : : :/ヽ: : Y^ く \ 、 _   <:{  ソ:.ハ
  /; ィ: /   }: : :}:. :. :≧く        }:.V: :/}:|     襲われるところでしたのよ…
 .: :/ /:/    ノ: :イ. // ⌒ヽ     /;イ: ; {:{
. {:.〈  {: {  /:/:/::f { /   l     〈:{ {:〈 ノノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そして場の空気はこの辺りから徐々に悪化の一途をたどっていくことになる

 カレンが話の矛先を黒子の話へと向けた頃には、おそらく場の空気は澱んでいた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

7017◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:50:02.651904 ID:xRA6DFMx

                               :./.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.i{:.|: : : :`:|i:.:.:}!:.:.〉
                               {/ {:.:./.:./.:.:.:.:.∧{: :ゝ=-}i:.:/.:./i
                                人:i{:.:.|:.:.:..:/ 、: : : : : :ノイ/:.:j!
    そんなもの当たり前でしょ…            从:.:.、:.:{: :r..、: : : :/iⅧ:.V:.:.、
                                 /.:.:.ヽ\{、 ー'. : : イー.Ⅷ:.:.、.:.:.、
    男がするような仕事に女が         /(_/.:/.:.:.:.:,′ うー<_ノv′Ⅷ.:.⌒ヽ\   )ヽ
    無理矢理入ってるんでしょ?.        乂__,.:イ.:.:.:.:/ゝ _乂=ミ、ノ  ィⅦ.:.:. ̄`:.:.:.: ̄:.:.:.:}
                               ,.:.:.:.:.:.:.:/-=ニ(     )ニニ=-_Ⅶ.:.:.∨}i.:.\ー '
    男とは別のテントが良いなら.       ,.:.:.:.:.:.:.:./- ̄´.: : : ̄´: :  ̄ ` -.Ⅶ:.:.:.:.、:.:/:.ヽ
    自分で持っていく以外無いでしょ.     /.::.:.:.:./^\: : : : .:.:/.: : : : : : :/^Ⅵ:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:..、
                              ′:.:.:/    \: : .:.{:. : : : : イ   }!:.:.:.:!:.:}:.:.:.:.\.:.ヽ
                            {:.i:.:.:.:{      ゝ ._ゝ ィ´     j!:.:.:.:.:.i:|:.:.:.:.:.:.ハ.:.:.:

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 原因となるのはキュルケとルイズなのだが… これはもう文化の違いだ

 元々利害も糞もない“PTメンバーの知り合い”でしかない黒子に対して
 仲良くする気もさらさらないというだけのことでしかない

 そんな女がこの世界で常識的な部分で甘っちょろいことを言っていればこう言いたくもなる

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

7018常態の名無しさん2020/12/30(水) 22:51:23.255732 ID:lmxD9Fqn
当たり前の基準が違うからね……

7020常態の名無しさん2020/12/30(水) 22:52:00.651782 ID:2SEQZm3S
文化がちがーう
ハルヒもいすずも分からされていたな

7023◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:52:40.744750 ID:xRA6DFMx

       /          \
.      / / / | ∧  \    ヽ
     / / :|:| :| :| |.:.:. ;l_l__.: |: |l
      |  | .:从7ナ'ヘヽ;.:}レ从/ノリ   というよりハンター歴が浅くてお金を稼ぐために
      | .:| .:.|ィ孑テ' ` |ノイソ}:.|     女で日雇い事業に参加してるんだったらさ…
      | .:.:|  :ヽ, ゞー'   、`´ | |
    ノ.:|.:.:ヽ .::ゝ    _  /| ヽ     そういうことを覚悟して行くものだと思ってたけど…
   /.:.:.ノ:.:.:.:} :.:.:.}` 、_ イ .:.:|:.:、\
 //.:.:./.:.:.:./l .:.:.:.〉_,_,_」-┤ .:ヽ.:ヽ, ヽ  よくそんなので今までPTでやって来れたわね?
./ {.:.:./ rーく/ .:.:.:/ /∧ ∧  .:.:\〉  }  PTにだって男いるでしょうに
ヽ l .:レ':::::::/ .:.:.:.:∧' ⌒∨:::::\  .:.ヽ ノ
 \! :l:::::::::l :.:.:./、:ヽ、/:::::-ー:}  .:.:.:.Y
   }/::::::::::| ..:.:{:::\_::_/::::::::::::|  .:.:.:/


         ____
       /     \!?
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   (け、結構二人とも辛辣だおっ!?)
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そこに忖度も相手の気持ちに寄り添うなんてモノもあるはずがなく…
 ドが付くほどの直球が内角にズバズバと投げ込まれていく

 カレンと初めて会話した時のように『PT人員数に困っている』こともないので
 彼女たちからしてみれば黒子という存在は別にどうでもいいものでしかないのだ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

7029◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:56:24.763503 ID:xRA6DFMx

                 , -  v ― 、
          ハ  ,. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. \ /ニヽ
        〈Уニ/:./ :..:. :..:. :.ハvハ:. :. :. 」L ヽニニYニ}__
      , - :.ハニ/:..:.. :./:. :. :. :. |  |:.:ト、:. 7「. :. マ-〈ヲ:. :. :.
     , ::. :. :. :爿ヨ:. :. :./ :./:./: : :|  |:.:| !:. :. :. :. :Vニヽ:. :. :.\
   /:. :. :.//ニN:. :. :.|:._」;Aム斗  ,ィ:ナ^トハ:. :. :. :lニニト、.:. :. :.ヽ   あ、あ~ら、オンナとして男に対して
.  /:. :. :.,1:./二|:.!:. :. :|.; 仏≦^    'z≠ミ l:. :. :. |ニニ!ニ}:. :. :. :::.   容易に肌を許すなんてありえませんの
  ;. :. :.:/ l:fニニl:.|:. :.:.:N《 .以!      以 》!:. :. :∧ニ,仁/:. :. :. :. :.
  ! :. :/ .:.Lニzf圦:.ト、;!      :.     ルハ;イ:. :V:.;∧ :. ト :. :. :  私、そんな安い女じゃありませんのよ?
  ';. :.:  :: :. :..:.|:. :.圦ぃ .u          ぃ_ノ:,ハ:. : :. ,:. :.| ヽ:. :|
   ヽ:.! l:. :. :.人:.:.| `¨ヽ    ( }     ノ: ; '  :. :. :.V:. :.ノ  }:. l
    ゞメ:. :/  ヽ::.    ゝ         イ:.:./  ノ:. :. :. :r '  ノ:.:;
    /:. :X:\   `㍉、    }  ー  {.  !.:.{ ,.:: :. :ハ:. :{ /:. ノ
  /:. :. / ヽ: :ヽ  ノ:. :}  ノ ̄ フvヘ´ ̄ヽ :.V:. :/  :..:..レ :./
. /:. :. :,    }:. :..レ:. :._; ィ    / 0! 、   〉ー 、__   |:. :|:.(
 ;:. :. :.:{   ノ:. :,r‐√/.: : : \ /  l  ヽ ./: : : : ヽマ v:. :ハ.: \



          //. :/ : : ノ: : : :'. : : :/: : : : \
        /(_// : : /. : : : :{ : : /\: : : : : .\
.       /. : : : : : 〃. : : : : : :'. : :|  }:ハ: :.i: : : :ヽ
     〈: : : : : : : | : : : : : : : : 〉、| ,≦l>ヘ: |: : : :! :.
.      `7ニ:=: | : : : : : : : /  (=ミ 7: :lノ: : ; 'i: :}      あら、同じPTの男たちが可哀そうなことね
    / /. : ; -‐| : : : : l: :/   ′ 厶斗 '" ノノ      .安い男だから抱かれたくないってことでしょ?
  .〃  /.:/    l :l: : : :l:/ ` ‐  .イ=┴‐‐-  . _
  : i  /:/      八! : : :ト、  . イ         /      PTの男の前でそんなこと言っちゃダメよ?
  :.:し'.:/_____  \: :!、 〔          _/        その日の内にサヨナラ言われちゃうわ
  : :/ : : >‐=ミ::::.`丶、マニニフヽ  , -=ニ、{: \   }ヽ
  : : : :/ .:::::::::::::::>.:::::::\Vx-‐=‐-ミ::::::::::\: : :`:ー:': : :.   あ、それでも構わないくらい自分の実力に
  : : :/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::ニ=ゝ . ___ .ツ.ヽ-‐…‐‐-=ミ: : : :}   余程の自信があるってことなのかしら?
  : :/ .:::::::::::::::::::::::::::::´::::::/         `丶       `ヽノ
  :/..:::::::::::::::::::::::.∨.::::::::/‐-  .       ' .      /`ヽ
  '..:::::::::::::::::::::ヽ:::{:::::::::/      `丶、    '.     /   '.

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 いや、どうでもいいというのも少し違うのかもしれない…
 彼女たちにとって『悪い虫は寄せ付けない』という意識の方が強いのだろう

 誰にとって…? もちろんやる夫にとって、である 一連の会話で害にしかならないと察知していた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

7038◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 22:59:34.478535 ID:xRA6DFMx

               ,. . :´ ̄-: : : ̄ `ヽ、
     _    ,ィハ: :/: : : ,: : ,,: : : : : : :\   _
     {//\__/// 〉: : ,: : /: :,ハ: : : ,: :、: : ヽ//}r,
     ∨//{/(///: : /: :/: :./  ヽ: : l: : ',: : :∨//!
     ,.∨/イ//!: : :/__/l: :/     l: :},: : {: : : }//イ
.   /: : :/: :{//!:!: イ: :{ \!_    ,.ィ/´l从!: /: !//>   ウグッ… じ、実力とかそういう以前の話ですの
   / : : /: : :ハ: : Ⅵィ斥圷 "   芹圷、}:/从!-': :.、
.  {: : :/: : :/:ハ/Ⅵ 弋(ソ    弋(ソ ハ:}: : : l, : :l   それに、貴女方だって同じでしょう?
.  |: :イ: : :イ: : :{( L         `     { !:l: : :.!|: :.!   そこの彼とPTを組んでるみたいですし!!
.  |: :.|: : :ハ: : :.\__ .u   , --、    ,:': :.|:{: : :.!|: :.;
.  |: :.|: : { !: l: :l: | \    ー '  .イ:l: : }:.!: : :|;: /   実力に自信があるからそうしてるのでしょう!?
.  }: :.|: : | !:/: ,'ハ: 、 /}>   _ < !:.!: :.|:.|: : :l:./
... /: ハ: :| !': /:{ l: :} / ̄ >r-、ハ、./:/!:.:.|:.{: : :V
..゙/: /   ,:.!/: /,.. - ┴、  /  | | ∨}:..:....、/: :ヽ: : \
゙〈: :{   }:.!: / ヽ:..}:..:..:..:∨  } l ,Ⅵ:..:..:l:..}`ヽ:\: : ヽ
..゙ヽ:〉  ,j:/,'   }:..!:..:..:..:..:..\ {o}/:..:..:..:..:∨  ∨:.\: :}
  /  /:/ {   l:..l:..:..:..:..:..:..:..ヽ/:..:..{=+,}:..:',   }_: : }:/
    {:/,イ   l:/:,:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..` ´:..:..}   \:.{

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 それに加えて、彼女の言葉の端々… 彼女がやる夫を見る目…
 それら全てから彼を軽んじている雰囲気をヒシヒシと感じられることが不愉快であった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

7044常態の名無しさん2020/12/30(水) 23:01:07.742961 ID:GCMBiSMN
やる夫が要のPTなんだよなぁ…www

7047常態の名無しさん2020/12/30(水) 23:01:56.540552 ID:7sRMci+E
黒子的には、足手まといのやる夫のフォローできるだけの余裕のあるPTって思いこみがあるだろうからな
カレンの発言から察することはできなかったか

7048◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 23:02:30.348558 ID:xRA6DFMx

     ∥::::::/′::j{:::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}!:::::::::::::::::::::::.、r
     j{::;/::::′:::j{/.::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::/´|
      j{/:::::::::{:::ィi〔::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::/、: : .、::::::::::::{: : l!
    .i{{:::::::: ̄:::::::::/.:::::::::::::::::::::j{::!::::::::!/.:〉〉=彡ヽ::::::::!|: : !
    ,j{ゝ:::::::::::::::;..::::::::/::::::::::::::!::j{:::!:::::::{、//⌒:V}::::::::|: :ハ   あら、私たちはそこまで傲慢じゃないわよ?
    .,..:::::::≧=-/.:::::::;/::::::::::::::::l::::::人:::::::. : : ´: : :__,,}!:::::::ヽ{.:.ゝ
   .′::::::::::/:::′::::::′:::::::::::::::|:::::::::::;\::{: :,ィぅ刈^ゝ::::::::;::::::;    自分の出来ることに対しての自信はあっても
   .::;/::::::::;:::::::jl::::i|::!|:::::::::::::i ::::|:::::::::/. : :\ 込zソノ.::::;/.:::,/   それだけじゃ普通なら誰も組んでくれないもの
__,ノ.:/.:::::/.::::::j{::::!|::!|::::!|:::::::! :::|::::::/: : : : :{: : : : : :ムイ/.:;/
.::::::/.:;/.:::::/.::从:::i{::j{::::j{:::::::! :::|::::/: : : : : ′: : : : : ハノイ      非力な女の前衛も、制約の多い女の後衛も
.:::::/.:::::::::/::::::::j{:\从:从::::::! :::|V : :、ー__ァ: : : : :,.:::::}!:::V       盾として庇護してくれる男がいてこそ光るのよ
/.::::::::::::/.::::::::::!|::::::}!:::...、\{:::::|、: : : : : : : : : : イi{:::::i{:::::{
.:::::::::::::::/ .::::::::::::|:::::::}!:::::::\ ヽ{:.\__: : ィi〔: : : :i{::::::::::::::..、
:::::::::::::::′:::::::::::::|::::::::}!::::::|乂: : : : : : : : ノ ,ハ : : : 从:::::::::::::::.\
::::::::::::::i{:::::::::::::::::|:::::::::}!:::::|  ≧=-=≦ .イ: :}!r=ミ: :.\:::::::::::::::

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・

 どういうワケか、この眼の前の女はまるで女の自分が一人で魔物と対峙出来ると勘違いをしている

 この世界に女のハンターがいないわけではないが、マイナーな存在でしかなく、その誰もが
 男たちの庇護の下で一芸に特化した力を活かしている存在に過ぎないことを知らないのかもしれない

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・
.

7055常態の名無しさん2020/12/30(水) 23:04:49.298877 ID:YiDkfUQZ
(盾役軽視した)お前らとは違う

7056◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 23:05:01.226833 ID:xRA6DFMx

         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\    (庇護されてるのはやる夫の方だと思うんだけど…)
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u :::::⌒(__人__)⌒::::|   (悪い気はしないけど、何というか気恥ずかしいお…)
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!


               /: : :,. : : : : : : : : : : _: : : : : : : : : : :ヽ{
         ,ィヽ/: : /: : : : : : : ,: : /: : : : : : ⌒ヽ: : : : :.
         }//ハ ,.ィ//}: : :./: : : : : : : : : : : : : : }: 、: : : :.
        ///rr/////: : :/: : : : : , : : : : : /ハ、: : : ',: :、: :',
       ,. : ⌒:}!///イ: : :/: : : : : /: : : /:Ⅳ  ∨: :|: : |:!:.!
       ,. ´: : :,.ィハ////: : /: : : : : /: :/:/ :/:|  、_}:ィ:.|: : l:l: !
     /: : : : ///∧//: : ::|:;: : : : /: :/ ハ: l_}:!ノ   },ィ、リ: : }:!リ
     /: : : :./////l/7: : : :l:!!: :.|: |-!-斗七_   イ刈 |: /リ    ッッ…!!
    ,イ: : : :./、////ト、: :_: : リ∨:{: :! l/,ィチ㍉    ゞ゚' {イ
  /: |: : : /: :7-r: ´:!Ⅵ´二ヽ',: |: | ゝ 弋(ソ    、  }:!      なら、庇護してくれる男だったら抱かれろ、と?
  ,: : :|: : :.{: :/  }: : :| ヽ(_ ヽ、Ⅵレ     ¨´        八
  !: : :!: : :.|:/   !: :;'   ` ー 、  .u     ,  -' ,イ: /     冗談じゃありませんわ!!
  マ: :.j: : :.!{   }:/  ,...<  \`  、         /:.|:/
  マ: :i: : :|: 、  /:j!/:..:..:.',   `丶、 ≧=-r- く:..ト:|       紅月さんだってそう思うでしょう!?
   マ: i: :.:|、: :∨/:..:..:..:..:..:.、     /介、 |:..:..:..:.|∧
   ',: マ: :\`/:. ̄ヽ:..:..:..:..:.\  / {  l7':..:..:..:..|  !
    ヽ: \: : { ̄`ヽ、:..:..:..:..l:..:.. ̄´   } |:.:..:..:.:.Ⅵ  i
     }: :/ ヽ|     、:..:..:.|:..i..:..:..:..\ !. !:..:..:..l_:..',   ,

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 だが、そうした『当然の考え』は前提となる常識や知識があって初めて共有出来るものであって…

 異世界から来て、現地の人間とろくに関わりを持たずに今日まで来た者に理解出来るはずがない

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

7059常態の名無しさん2020/12/30(水) 23:06:14.316727 ID:2SEQZm3S
やる夫のが頬を染めるw

7063◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 23:07:20.901839 ID:xRA6DFMx

     ` ー=≠                   ヽ.
        // , '  /        \     ,ハ
.        //   /  /   ;     ヽ        ',
      イ  / '  ∧   ||   、/_}_  ',  `   ,       どうしてそう極端なのよ… 男だって人間よ?
      {  '  !  斗七メ 八    ∧ハ `メ、!   ',  l         対価無く守ってくれると思う方がどうかしてるわ
      人/l | 八z≠ミx  ',  ノ斗≠ミx_|   |  ,
       八 |;j〃 fゞ_刈` )イ iト、,厶刈   ,' 八        無償の庇護を受けられるのは自分の子供か
          ヽNハゝ ∨匕!     └弌/ |   i   ' ,      .そうじゃなければ好きな相手だけでしょう?
         ノ ! 丶 ´     '       厶  人    丶
.       /  ', 八      __ _  u.  /  /  ',     ヽ  それなら貴女は自分を守ってくれている男に
.     /  〃!   ト .          , '  /   丶     ',  今までどうやって報いてきたっていうのよ…
     /    ノ´ }  八ヘ ト  _   イ〆  八     ' ,    ノ
   /        」    ∨',| r‐‐‐/   /:::::ゞ     \  /
  /      /丿    ',‐∨‐_/     厶-‐==l     ∨
 {      爪/     丿又/      /::::::::::::::::::::\   ',
.  \    //     /|/::八     /::::::::::::::::::::::::::/    /

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・

 だが、そんな彼女であっても、端的過ぎる程に端的なルイズの言い分に対しては
 これまでの自分のPTの経緯を思い返すと何ぞ反論できる言葉が出て来ず ――――

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・
.

7071◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 23:09:19.533088 ID:xRA6DFMx

                     ,.. -‐‐‐=ミx''"⌒`丶、
                  _  /  /¨~     ⌒ヽ `=ミ  ___
            rーミ/¨¨ソ/  /    x?iぃ   \i   V¨¨`v━┐
            | y{_,. ソi    /    ]ハふ| .  i  i    ∨ 人__厶_
          _人り⌒iV:|       |.  | |   | |   i.i      ‘ッ⌒Zニ  \
          "¨ `辷xト :]|.:|i  |:i  /i|:  | |   |:ハ  ト i    |  《:i人ニ.   \
     /    /{i 人 :i|:/:  |:i  |: |L__|_レ  |i,」x-廴i:    |  |i火i `ッ,    \
         :/}:川i  :リア|:.:. .|:iィ大|¨「ツ^{  ノ ツiノ |`|i .    |i  i:   ‘,.    _
    i    :/ソ.:.ri’  .:| |:.:i:.:i|ハi xぅ弐外    ャi弐外xl| | i 八 i    ;ト:i:   `
    |     .:.】 _xx圦|:.:i:.八狄 V)妙      V)妙 狄厶:.|/i/【ニニ  __jトi:    |
    |  .i人リ i{__j{.:.:.:.:.:.:|:.li火|:         ‘      彡イfハ:.:.:.:.:.:人ト┛ :.:.:.トi:.:.:.i..|
    |  .:.| ~゙l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i人| i^r:. .u            ⌒_jリノ:.:.:.:./幵|:.:.:.:.:.:.人}:.:.:i:.|
        :.:|  :.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.ト\_圦      ヘ       ;にイ:.:.:.:.:/  |:.:.:.:.:ノ .}:.:.:.:.|
      \:.:.:、 ;}:.:.:.:.:.:.人:.:.:.|i.  ~i人      (:.:.:)    人i~/:.:.:./   j:.:.:.:.j_彡':.:.:
      \\j{_:.:.:/ {:.:.:.: \  个          イi  /:.:.:(... ┌──────────────┐
.        ¨ア:.…=‐-ミ\:.:.:.ト\    〕ト .,___, イ(     /:.:.:i:.:i.  │ただ閉口するしかなく ――――  .|
.         :.:/⌒V:.:.:.:.:\≧x:\)i;r‐ ┴-ミ x‐┴ ‐┐{:人|.:.|......└──────────────┘
.       /,:'’   `:.:.:.:.:.:.:.:,  } :.:.:丿    /~|_jヽ    iL{:[ |.:.:V{.:.:.:.:.:.:.:(
    /:.:/      }:.:.:.:.:.:.},斗ッfく    | (,)} :|    丁ミx辷:.:\:.:.:.:.:ト、:.:,_____
   /.:.:.:.;        }厶x/ア    `‐┐ 人 _,i_,人 ┌‐'    X¨'十‐x:.:.\ …‐-\:-..、
 /:.:.イi.:.:{      /厂 ,/,´    :i  i/ニT   {   Tニ/i i   :`:. |   `vi,:.\     \:.\
.:゙ |/ {:.:.:.\   i:.∨ :i| |    iv  i/∧ t、 } -/i/i  i  :.:.:.| |i  i ∨:.:|i:\--ミ `:.:.::
i |   {:.:.:.:.:.:.\  ∨  i| |: /        i/〉 iソ{  /i/    i   'v:| |i  i  ∨:|   `:,:.:.:.\}:.:
| |  ‘v:.:.:.:.:.:.:.:i 厂   i| |/   i    v'∧ } /?:i   ___  .:.i| |i  i  i「´   }:.:.:.:.:.l.:.:
| |   ` ‐---:.Vi| ,ノ^i| |i    i       i/〉__/i/    {:r^t:}  .:.| |i^\___,」L,    }:.:.:.:.:.l.:.:
.

7074◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 23:10:52.466805 ID:xRA6DFMx

.      〈ニ/:. :/:. :. : ハハ:. :. :. :. :. :. :ヽ:. :. :../ニト、:. :. \
   /:.У:. /:. :. :. :|   ';. :. :. :. l:. :. :|:. :. 〈ニニ!ニ';. :. :. :
.   ,:. :,イ:. :. :. :. :. :.l |   l: l:. ト、:ト:. :.|:. :. :. :.マニニ〉:. :. :
  /.:./ニ! :. :. :. :. l:. N   ゝ|:A:ナ|;厂Ⅵ:.l:. :. :. 厂:.ヽ:. :. :.
 ,:. 〈二|:. :. :|:. :._|斗匕  j;' ぇ圷ミ   };ル'⌒V:. :. :. }:\:.
 l.:. :. :.ハ:. :. l:|:.|:.kxf圷ミ    Vツ    rぅ人:. :. :.:}:. :.ヽ
 |:. :. / 个;从;ハ圦ゞソ    ´^     __ノ  }:. :. :.l:. :. :
 |:. :.;   |:. :. }:. :.λ   ヽ     u. 1;/   ,:. :. :.ハ:. :.
 |:. ::l   l:. :. ;. :./圦    、_っ    {、__ /:. :. /  }:. :
 l:. :.|   ;. :. |:. :レ.; 个  、         У V:. :. /__ ,:. :.   チラッ
  :. :.:.  /:. :.;1:. レ1:.!,ィ⌒≧,不、 __ /   〉ー:': : : >、
  ヽ:. :V:. :.ノ |:. :::. j:f´:/: : :/ ,イ0}ヘ    /: : /: : /
    〉:. :.く   ::.:. У!: ;!: : :{Ⅳ ノ ∧  /: : /: : /
  /:. :∧.:.ヽ ヽ:..ハ |: l: : : :.}l 0| /:/:\/: : :.{: : :{



       // / /-ミヽ/ィニミ ヽヽ  ノし
        /イ  i./  ̄ ` ´ ̄__ヽ. l i   て
      i.l|.|! l! ! ___ノ/ レ' ̄ i l | |   (
      |.l|:|y.l |´=ミ    _z =ミ !:!:i. |
      | . |:  ! ヒj   'ヒj  }゙ !W! |     (えっ!?ここで私に縋る!?)
        | : !: |`ー '  |l `ー ' /! ! |
      | : !: l、u  _____,. /:.! ::l |
   / ̄ミヽ!: .::!.`i.、`ー‐'´, イ:ハ!.:lハ!
  /    ヽ !. |:lヽ\> イ::/::/ :ナ
┌'_―_-__.  !:ハ! ヽ ¨ ,ニ'!:ヽ/: /     ビクッ
´ -   ̄ ̄ ハ ト、 ヽ/ヾ:!::://ーv-―- 、
 ―‐      ! | !\ [- Y ' ヽ \   ヽ
.

7075常態の名無しさん2020/12/30(水) 23:11:01.250219 ID:GCMBiSMN
ギャル夫に労いの言葉1つでも掛けて上げたのかい?ってことよなぁ…w

7077常態の名無しさん2020/12/30(水) 23:11:41.065651 ID:fnERfRdv
さすがにどうかとおもうわー(棒)なぁカレン!君の意見を聞こう!

7082◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 23:13:33.261119 ID:xRA6DFMx

.    .: : : : : : : :ィ升ヽ: : :;ィチテ、: : : : : : : : ::.
.   ,': : : : : : /ニニミミヽ,イチミハ: : : : : : : : :::.
   .: : : : : ::/          }: : : : i: : : : ::.
.   i: : : : : ::              } : : : i: : i: : ::
  /.:i: : : : :{ー_ 、_  ,       }: : : :i: : !: :i!:    あ~… まぁ、気持ちはわかるわよ?
. /イ,': i: : ィ仍尓、 ̄  `, ー ─ -}: : : i : :!: :iヤ.    前のPTでは私もきっとそんな感じだったと思うし…
,イイ/:i: i: : : iヾ゚ -'`       ィ_戈刈}: : : i: :ハ: :! ヽ
 / .:,': i: : : i      ,   `ー”', }: : ::i: :i ヽ!     でも、私の場合今はちょっと違うというか…
. ' ,'/: : !: : ハ       i     u. ,}: : :,: : i  ヽ     やる夫がいないと何も出来ないの自覚してるし…
 / {: : i: : : i:ヽ    r= 、     /:}:i::i: : i:!   `
ノ .{!: :i:i: : i!チiヽ  ゝ‐ '   イ、: ::}:i:i: : ハ:!        それに守って貰えるのが当たり前って考えが
   ハ: :ヤハ:ヤニ!  ヽ _ ィ  / 三ヽ.:/.:;イ ヽ        透けて見える感じがするのはどうかと思うわよ?
  イニヽ!ニヽニ}         {三ニ/イヽ' !
   ヽ三三三/        ヤ三' 'ニニ>
 ̄ ニ=∨三ニi           iニイイ´
    !三∨ニiヽ _    , ー ‐} /三三ニアー ‐ 、
    ヤ三ヽニ!   `  ´  //三ニニ./     ヽ
.    ヤ三ニヤ      //三ニニ/



.          __
       /∧_  -―へ、 ____,
     _ レ:´: : : :._;_: : : : : : : :<
    {//У: : : : : :./7ハ: : : : : : : : \  /|
    _V/: r=-、: :.////|: : : : : : : : : :::.    |___
   〈//l: : V/∧ム///|: : :. :. :.:l: : : : ;ゝ   /
.    V/!: : :>/: : :`<}: :.:. :|: : ト: ;..:「     \
____/:.;ヘ: :〈//: :j: :ト;.:V:.:/; :|: :,ハ∧;!    | ̄
: : : : ;/: ;.〉: :7: :/: :.!ハ: Y:/|;ハ;イ  {     \|     なっ―――――!?
 ̄./: /:∧:/: :/: :.:jトy:.:|' |i|i|i|i|  ノ
/: :/: :/ /: :/: : :/;ミ,|:.:|.u  と_ ̄
: ;//: :/./.; /: : :/~ ノ:.ノ r‐一'
' ,/: ;/:.//: : ://:/=彡'〉、
: : :/:./ /: :.〃;x<_ _/ />、
:/:./  ./: : ://      //  ハ

.

7090◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 23:15:46.405979 ID:xRA6DFMx


。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。


.. ;ト VVVVVVV_ノ\;                    ┌─────────────────┐
  ;\           \;             │だが、カレンに言われた言葉で脳裏に  . |
....  ;ハ            \;            │ギャル夫が離別する際の言葉が蘇る  .│
.゙;⌒≧ /  /^^\〆 、 \;           └─────────────────┘
..  ;彡  〆∪   \ \ ヽ;
.   ;〃 ハ   _ノ 三 ゝ、\ l  |;.          ┌──────────────────┐
.   ;ル从§.(◯)三(◯)u.ヾ  |;.          │自分たちのそうした態度が積み重なって   |
   ;乂§ノ( (__人__)   从イ;.          │あんな言葉を引き出したのではないか、と │
.     ;\⌒  |++++| ノL/;.             └──────────────────┘
.     :/   `ー一゙ ⌒ \;


。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。

.

7092◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 23:17:56.161010 ID:xRA6DFMx

           |\ /i:i:i:i:V.:.:.:′.:.:.:.:. ′ :.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.、 :.:.:.:.: :.:.、
           |i:i:i:i{i:i:i:i:i:/.:.:/.:.:/.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:/^^^V .:.:.: |i.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.\
       ─… 。_j:i:i:iri{i:i:i:i:.′:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.: i:.:.:.:. /   i:.:.:.:.:.|i:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:. :.:.
   。 '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ¨⌒Y⌒7.:.:.:.:. :.:.:.:.:. ゙:.i:.:.:.|i.:.:.:.′    :. :.:.: |i:.:.:.: |:.:.:. |i :.:.:.:.:.:. i.:.:.
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.「 ̄:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:._{:{_|:.:.:.|i.:.:. |    |i:l:.:.:.|i\__i_: |i :.:.:.:.:.: i|:.:.::
/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ィi⌒|i:i:i:i:i:゙.: :.:.:.:.:. {.:.:.:. }:} }:ト、|i____iノ   ヽ!_i__彡i:ハ.:.:.:|i :.:.:.:.:.: i|:.:.i|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,ィi{:.:.:.:.:. |i:i:i:i:゙.:.: .:.:.:.:. :{i:.:./从.レ゙__ヽレ゙    レ゙ノ___ リ :}:.:.ハ.:.:.:.:.:|i:.i|:.:.i|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:./∨/ :.:. i :.:.:.: :{iV jIi斗‐=ミ        ,ィー…=ミ}ノ }:.:.:.: |i .:.:.:.i|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙:.:.:. {:. 〈i:i:i:i:{i:i{i:.:.:.{.:i.:.:.:.:{iィ'’ .:'⌒ヽ ヽ       .:'⌒ヽ  V/ :.:.:.:.:゙:.:i|:.:.リ
:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:. |:.:.: \i:iVハ.:.:j{.:|:i:.:.:i|〈i  {:rし':i}          {:rし':i}   i〉/:/.:/.:.:リ '゙
:.:.:.:.:.:.:.: ゙.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:ーУ∨/从:. i| \ 乂r:ツ          乂r:ツ /  /:./.:.:.::
:.:.:.:.:.:.:. i:.:.:.: /|:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:}乂_人 {   ゙' … '゙    「     ゙' … '゙    ‐、 :.:.:.i|
:.:.:.:.:.:.:. l:.:/  :.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:} {i ⌒ヽ                  U /⌒i} .:.:i|
:.:.:.:.:.:.:. i'゙     i .:.:.:.:.:.: |:.:.: ゚  \廴ハ ;#;                    .゙):.}ノ .:.:.:i|
V/.:.:.:.: |    :.:.:.:.:.:.:.: |:.: ′   \_ハ       /  ヽ       んイi.:.:.:.:.:i|
.:′ :.:.: |    |:.:.゚。:.:.:. |/      ⌒’.                 .:゙⌒ .:.:.:.:.:.:.:.:.
′ :.:.:.: |    :.:.:. ゚:.:.:. |          `                /|:.:.:.:.:.:.i.:.丶:.:.:.:、
  ヽ:.:.:..   .:.:.:.:.: i:.:.:.|             > .           .イ:.:.:i|:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:. \:.:\
   ‘,.:.:.:..ノ.:.:.:. '゙:|:.:.:.|           ( _}i>  ー  <i{:___i:.:.:.i|:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
.    ‘:.:.:.: \/  |:.:.:.|          rく _ト、       _斗:┐:.:. i|:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     ヽ.:.:.:.:ヽ   :.:.:.:|          /   '⌒ニ‐r‐ニ⌒  ∨.: i|:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      ハ:.:.:.:.:. |:.:.:.|         ,ィ'゙     /ーr‐┐     \i|:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     /.:.:.:}i:.:.:.:.:._|:.:.:.|_____,,.、丶´ |      ゙  o:  ',      :}iト。.:.:_j____.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.
.    /.:.:.:. }i.:.: / ̄ ̄|: : : : : /: : : : :.|    .:′   }  ',      :|: : : : : : ∨ /: : | ̄\:.:.:.:.:.:.:.
    ゙:.:.:.:.:.:}i:.:.:゙    | : : : : ゙: : : : : : :|    / ⌒ニ┤__ '、     :|: : : : : : : ∨ / :|    ヽ.:.:.:.:.:.:.
.    {:.:.:.:.:.:.}i:/     :|: : : / : : : : : : : :\___/丶 ____,,..ヽ   ヽ ___/: : : : : : : : ∨: ::|    ∧:.:.:.:.:.:.

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・

 今頃になって、ようやくあの言葉の意味を理解するに至ったのであった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・
.

7094◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 23:18:26.595245 ID:xRA6DFMx
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

           :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

                 :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

                       :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:

                           :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
                           :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

                       :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:

                 :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

           :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

7096常態の名無しさん2020/12/30(水) 23:18:55.064950 ID:AwJ71Lq2
守られてるのが当たり前になっていたんだろうね

7099常態の名無しさん2020/12/30(水) 23:19:19.500929 ID:7sRMci+E
できる夫・ギャル夫コンビが優秀過ぎたせいやろうね
余裕が多少あったせいで、転移前の常識のままでもなんとかなっちゃったツケを
冬になってから払わされているが

7102常態の名無しさん2020/12/30(水) 23:20:27.236597 ID:GCMBiSMN
ギャル夫はどうしてるかなぁ?

7107◆GSpyI2J3e62020/12/30(水) 23:22:01.495431 ID:xRA6DFMx
といったところで今年最後の投下はおわりー!!

次回はまた来年です!!年明け1/6前後は米大統領選挙関連で
私の方も少しゴタゴタすると思うので、何とかそれまでに
次回投下を再開させたいなと思ってます… 

大一番でのどんでん返しが来るかどうかで私の来年の仕事量が変わってくるので
少しばかり年明け少しの間はゆっくりして英気を養いたいところ…

7112常態の名無しさん2020/12/30(水) 23:23:11.575168 ID:B3CbOPWf
乙乙
ヨイオトシヲー

7113常態の名無しさん2020/12/30(水) 23:23:16.261575 ID:fnERfRdv
乙です。ここで引きは辛いぞグワーッ
良いお年を!

7116常態の名無しさん2020/12/30(水) 23:24:13.330918 ID:LA2Izxig
乙ー
まぁギャル夫が戻ると思えんけど良いタンクが見つかるといいねw

三が日過ぎたあたりに投下あればラッキーって感じかな?お疲れ様です

7117常態の名無しさん2020/12/30(水) 23:24:20.772294 ID:lEDv8ZNx
乙です
年末に楽しみをありがとうございました
良いお年を


関連記事
[ 2020/12/31 07:00 ] 【R-18】◆GSpyI2J3e6氏作品 | TB(-) | CM(11)



生き残って食事に誘って話を聞くまで出来た黒子はきっと立ち直れる
世界が違うから常識も違うけど今までクラスメートとしか行動してなかったからねえ
[ 2020/12/31 07:59 ] [ 編集 ]

おフェミさんとか発狂しそうな世界やな
[ 2020/12/31 10:39 ] [ 編集 ]

まあこういう世界観だと女が荒事の現場に出るほうがおかしいわな
戦国時代のように暴力が支配する社会背景では、どうしても女は力ある男の資産扱いになってしまうし
まあその分男側も力の無いやつは路傍の石ころのように野垂れ死にするしか無いけど
現代の価値観は現代社会の溢れんばかりの豊かさがなければ成り立たない訳だ
[ 2020/12/31 11:01 ] [ 編集 ]

女子たちの認識が甘いと厳しい意見よく見るけど、そもそもこの世界に女として送られた時点で、媚びて生きるか、もがいて死ぬかの二択ぽいし、現代人の価値観でそれ突きつけられたら楽に死ねる方法探したくなるレベルだと思った、思った。
なんの罪があってかはまだわからないが、酷い目に合わされるためだけにこの世界に送られたように見える女子たちに哀悼を。
[ 2020/12/31 11:09 ] [ 編集 ]

文化の違い、郷に入りては郷に従えの話でしかない
媚びるとか罪がどうとかは全く関係ない
[ 2020/12/31 16:13 ] [ 編集 ]

まあルイズの一言が全てやな・・・
じゃあお前は何を返してたの?ってそりゃなるわ
[ 2020/12/31 18:18 ] [ 編集 ]

黒子は気づけたがここからまきかえせるか…?
デキと一緒に謝れば…
[ 2020/12/31 22:15 ] [ 編集 ]

例えば、ガチムチに守ってもらったならケツを許して当然それがここの文化です、とか言われたら男子だって簡単には受け入れられまいし
そんな世界にいきなり投げ込まれてどんだけ人に気を使っていられるかと思うとな
黒子たちにも同情くらいはしてしまうな。だからってギャル夫への態度とかが許されるとは微塵も思わないが
[ 2021/01/02 18:49 ] [ 編集 ]

ベルセルクの黄金時代篇で幼少期のガッツが養父に銅貨3枚で売られてカマ掘られてたのと同じだな
嫌なら強くなれ、としか言いようがない
[ 2021/01/07 20:52 ] [ 編集 ]

自分でガチムチに命を守ってもらうことを選んだんだからケツでも何でも差し出すべきじゃねえの?
嫌なら他の方法で身を守ればいい
[ 2021/01/29 19:59 ] [ 編集 ]

これはもう文化の違いだな
黒子が悪いわけでも無い。現代日本で暮らしていたなら当然の価値観
にしてもキツいだろうなぁ…
[ 2021/02/28 11:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する