【R-18】地下遺構大迷宮と女冒険者達 33

4735◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 21:00:53 ID:7vPJs0zY

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,;;,

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:,,,.,:;;:;.:;:..:;;:;:.::,,::...,.. . ..
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;;;;;:;:;,,;,:;;:;;:;::;.;.,,:;;:.:,..;:;.,.::....,..::..:.     ..

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;:;:.;:;:.,::;:.;.;:.;:;,,.:;:,,.. :.;..



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:.:;:;,,:.;:,,::;:;,,:,:,::..,. ..

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,.;;:;:,.;;:;::....,,.,.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;,;:.:;;:;:.::.,,.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:,:.:;:.::,,..,,,...,

;;;;;;;;;;;;;;;;,;:.,:;.,.;:.:;,:;.. ..,,. .. .
;;:;;:.,;:,.:,.:.,,..,.,...:.,.:


4736◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 21:01:03 ID:7vPJs0zY

‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :|:::::::::::::::::::::::::.::.::.::.::.::: : : : : :  _,,-‐__二二二二二二二二二二二...._─-
 ̄丁丁 ̄丁~¨ ''ハ::::::::::::::|:::::::::::.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : _、‐'',、<⌒_⊥⊥ --‐┴─┴─‐-‐┴┴-⊥ -
. . .|. . |. . . ..|. . . . .|. ヽ::::. : |.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : : : : / j/j >''~::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-=ニ二二ニ=- .:.:.⌒
_」--L__」__」─|.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:: : : : : : : : :/j/jレ'7´../|:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:/     ‐=ニ=-    \
.           | | .|.. .|: : : :|.:.: : : : : : : : :  イ/jレ'´: :/: :/ :| : : : : : :/∨  <> ――― <> ∨
.          | l. |.. .|: : : :|: : : : : : r─<>く /. . . ./. ./ : :|: :_:_: :_ {  :}<>/   /⌒¨  、   <>v
            | l .| . | \|: : : : : : ) ̄) ̄) //. . . ./. ./::::::::|: __人__/    ,'   .i      ヽ   \)、
vhv       | l.| |   |\    ̄|¨:{ ̄. /. . . ./. ./::::::: <   0O `ヽ  .:    :{        \  ∨〉
Yノノ        | l. .|.| \|       |. .{: : /. . . ./..../:::::::::::::|: \ _人  } :  :   {    ∧      ∨〉
(¨)       | l. ..| .| \|\   \|. .{. /. . . . . . / :::: ::::::::|:::::::: // } ¨¨ヽ  .i  :{    {ハ _|  \V人
ニニニニニニニ| l. . || \|\..     |. .{/. . . . . . /::::::::::::::::::|:::::::: レト、}   :|  |  |  {ハ   {-‐}  :|    ` 二 フ
¨¨¨¨¨¨¨rvニⅵ`ー‐┘ \|\: : .. \|. .}. . . . . . /──-√ ̄    | }  |  |―|―{ハ  :{  :} ::ノ /}八 ハ
: : : : rf廴うノ)    \|\. .    |. .|. . ../. ./: : : : _:_:| -、   | 八  |  |      人  { ェzzァ ∨v〉  |  |
    辷冖fソつ   : : ::|\: . \ {. .|. . /. // ̄     \  |' | \} 八 ミzzァ   `¨`    .:- ': : :|  |
    __|⌒Y(__)_ . . : : ::|: : : : : .  Y⌒V´\     __ -=ニ __|  )八∧      '       人: : : : |  |
““”” ̄ 乂_ノ_丶、 : : : |: : : : :   |__|__/⌒'ー=''⌒_、<⌒  _|  / O: : >.    - ‐  /} ∨: : ::|  |
¨¨¨¨¨ ̄ ̄___|   : : :|: : : :   /. .| ∨ニ=- _、<   ,,<  | , ' ノ}: :/  {::≧s。_/|::ル  ∨: ::|  |
¨¨¨¨j)辷辷=¬冖||     | : :    ,′. l. .∨./: : {   ̄~く´__    /  〈/ 人  ∨::}=====ル 〈〉  ヽ:..|  |
¨´ ̄:::.:.:.:.  ||   ||     |      ,′. . l. . ∨ : : |   : :|  ニ  '  : : /     ∨}{==}{/         \ |
:::::::::::.:.:.:.:.:.:...|| _,,|| --‐‐L  __   |. . . ....|. . .|: :.::|. . . : : :|. . . . / > ´   〈〉  ∨ニ, '        〈〉\
--‐‐  '' " ~:...  ||       ⌒ニ=- .._ |. . .|:: : : |. . . . . . |. . . ,' /           ∨ 〈〉  _ _        \
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : . ||. .           ⌒ニ=-   |. . . . . /`i= ,ル〈〉    〈〉   〈〉人_ /ノ‐‐'     〈〉   \
.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : : : : : : : . .                 ⌒ニ=- _| /           / {///// '¨¨二ア__        :、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .                :  / 〈〉   〈〉   /::::/{¨(¨く   ゝ―ァ'  〈〉      _
.:.:.:.:.:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .                 /     _ ...  ‐<¨¨  /}   人  /¨¨,'>:.      〈人
‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐>、_ _ ィ   〈〉 /--=ニ ,イ   >--イ:::::::/ 〈〉 }>‐  __>  =‐
                                 /-_-_-_-フ    /{: : . /¨.:八 ,イ〉  :レヘ'     /-_-〉_-_-_-_-_
                                ∧-_-_-:/〈〉 /):::人: :{    {ハ  <  . . ::/    ./-_-.:_-_-_-_-_- 〉
                                ∧-_-_/   /八{`ヽ ≧)   .:   人. . : /  〈〉 /-_-,'_-_-_-_-_/、
                               ,'-_-_    ./{  v  レ'ト、  ,'  イ≧=-'    ./-_-/_-_-_-_/-_ ∧
                               -_-/ 〈〉 /v )  人/ ノ .:) 人  ソ  / 〈〉   /-_-/_-_-_ , '_-_-_-_ ∧
                             ∧_/    /::::| { 〈/  < _  〈_ノ  〈ニニ     ./-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
                             ∧/      /:::::::| } (     〉  ,'    ノ=/     ./-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
                             {_/     /:::::::::| }  \   / /   イ=/    /-_-〈_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
──────────────────────────────────────────────────
 【アナ】 ……どうしましょう、ねぇ……




┃  あてがわれた広い貴賓室で、彼女は一人うなっていた。

┃  一流の調理人がこしらえた夕食に舌鼓を打っている時も、温かな湯船に浸かっている時も。

┃  頭の片隅で、与えられた課題を考え続けていた。



4737◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 21:07:00 ID:7vPJs0zY

                                    _ノ〉
                              /{ ''^~ ̄ ̄.∠_
                           _八.{/⌒~''~ ,,_\
                        /⌒ :  {⌒^\  \}.\
                          /´{ { /{  .乂.   ヽ  V/ミ_
                      { /乂{八  { `「ニ=- }  }VZ_
                      И { -_」」_.\‘,r芯ア: }:Y⌒
                         八. 込.ゞ' \(⌒  厶' ノ
                         ⌒./∧  丶    .八(
                              ' `  . : .l[__ /⌒〕iト _
                            介o。 ィ(--.,l[./ニ/ニニ=-_
                          _ -ニ^{ニニニ=-./ニ/ニ- ''^~ ̄~^''
                        _/´./ニ./ニ{ニニニ-./ニ_-=ニ/\
                       _ -/{ニ/-ニ{ニ>-</./ニ/ニノ   V__      :
                     /, -i{八{-ニ_/    ´''ーへ''^~    i[__   、ヤ,.}
                    /  ゝ-/     rぃ      八    人__  ぅ八
                        {,′   ′ ミ=- __   -=彡。・.ノ\ . ___ \_、‐‐ 〈
                       }   __。込、ー.//冖ヽ ̄ _、<ヘ-ニ.\{ ..`¨^゚。_、‐‐',
                      <_/。_/^)〉ニ-//=_./ V/ニ=- V=/,\ゝ`「ヽ.'´ ゚。_、‐‐',
                     }- /=/\ニ{ {_=_{.  V//  .}=_.}\\.V/^L二゚。_、‐‐ヽ_
──────────────────────────────────────────────────



┃  皇帝が避けたいのは、行方不明の皇女が華姫に――娼婦同然の職に身を落としたことが世間に広まること。

┃  その情報を隠蔽するためならかなりの譲歩をするつもりがある、というのは理解した。

┃  問題は、どこまで譲歩する気があるのか、どこまで譲歩を引き出せるのか。


















                          < ´゚~ ¨¨¨¨ ¨¨>
                    /{ /       /⌒ ヽ ― 、 )h、
                   ,' ./ ∨      / ./   \  \ \
                 , ---○__ノ   / .:/      ∨  ∨  ',
               / , - ○○、`ヽ, '  /{         ∨  ∨  ',
               〈__ 人__{               ∨  ∨  v
                   7  /   /             ∨  ∨ :}
                  /  /   ,'   .   i    :      ',  ∨ :}
                   //  ./    .:   .:   |   :i     ,  :} :ト、
                〈/  ,'   .:|    |   |   :{\     }   ト、 ヽ〉
           /^\-v-、|  ./ { _ .|――|   |  -}―\― }   } \{
         「   |  〉 〉 }| /  .:´  |    |   ト、   }   \八   :}   }ヽ
         {   :レ:} / /}|レ   {  ィチ示云㍉  { \ }ィぅて示云ァ 八  } ∨
         {   }  レレ }八    {  { 乂rj/ノ \{   )' 乂rj/ノ/ / 人 }  :∨
        ,'   :}   / :}\  \ 〉      .:i       __/ / / :`ヽ  :∨
        /   }  / /  :}  :\\ ゝ__           ⌒¨):' .,へ   :\  ∨
        }       ,'  人  八\)¨⌒             レ  :\   \人
        /      / /  ∨  ∨ \     r v     ./\    \   \v
      /_ _ {\/:/     ∨  }    :.         イ    :\    \   `ヽ
   /}⌒゚¨ ̄/´¨}, '       ∨ ノ     | :>  __   <: |     \    \
  〃 }    }   }    /\¨ ̄`ヽ    :|∧_∧_∧_∧_∧       、     :v   }
  /      ノ   }   /   \     >- :|∨_∨_∨_∨_∨、____  \
 '   /´¨¨    :} /      \     \..人_人_人_人}       ゚¨ヽ     ∨}
人   \      :レ .∧        \  ― --`¨¨¨¨¨¨¨´ - ―       ∨    )'
     /     /} ∨       ∧  :\       \   }     ,'{    :∨―‐ァ{
   /     /  }          ∨   :\  __  \__人      { `ヽ_    ∨, 人
  /   「゚¨¨  /}                    ヽ  \)     >  〉-{\/   、
  }     /   イ-_-}         ∧           }―― \/´¨¨ \/  \_)    \
──────────────────────────────────────────────────
 【アナ】 ある程度釣り合いが取れる要求……よね。

       一体どこなの、それは?



┃  彼が告げたのは「お釣りは余っている」、それだけ。

┃  不都合な事実の隠蔽にどれだけベットする気があるのか、一切提示しなかった。

┃  こんな交渉の経験が無い彼女には、ちょうどよい妥協点が見いだせない。



4739◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 21:13:31 ID:7vPJs0zY

                     -―――- _
                 / > ¨  ̄ ̄ ̄¨ )h、
                / //      \   \
               / ./ /   ./    \ \   \
                / / /    .:      ヽ ∨   ∨
             /  .{ {     |   |    |  ∨  ∨
            ./「\.{ {     |   |    |  〉
            .' ∧ ヽ:{     |  ∧     |/ Ⅵ  }
              /  >ー{`ヽ     |―/-∧  /.,ィ斧| }  八
           /  /  人  \ 斗劣示ァ∧人∧ツ |/ ./
          '  フ¨¨  |{ニ=-ゝ:{: 乂rソ   丶   八∧
        /  /    | |`7ヽ {         ,  ,.: / ∧
      /  /  /  | | /  八>..    ´ / / / ∧
     /  /  /    レ/ ̄( ̄ ト、  ≧s-くー< / / ∧
   /  /   /    /     =- }{ニニ}{::::::`ヽ \ / ∧
  /      ./     , ' <>   <>   =-<`¨¨ }  } \ ∧   ┌、
      /      /          <>   \/  <> \   〈\\
 ̄ ̄¨¨/      ,/       <>       /`>、_   \「\〉/ }
    /      //   <>          /   }乂ソニ=¨¨`\}  ヽ
  /     / 〈             , イ  <>  : .  ヽ. .\}  }    }
/     /    入       <>  /-_.}     }: . . .:}: : 八.ノ    八
     /   /-_\  <>    ./-_-_..} <>  }: : : : ,'/ ,<´`ヽ  /
    /   /-_-_-_-≧s。   ./-_-_-_-.}     ∨:/`/ ノ  「, '
   /   /-_-_-_-_-_-_-_-¨ ̄,'-_-_-_-_-_∧  <> ∨/  「   ∨
  ./  /-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ /-_-_-_-_-_-_/     /    _ノ   く{
 /ーv-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-/-_-_-_-_-_-_/  <>/     「 /} 「`{
──────────────────────────────────────────────────
 【アナ】 黙っていると約束するから金を出せ……うーん、違うわね、不利な税金さえなんとかなればお金は余る。

       なら、わたくしたちの国を返せ……まで、言ってもいい、のかしら……?
















                  -=ニニニニニ>-ァ-
               / _    //    \
              /   \ ヽ  ' /    `ヽ  ヽ
             ,'      マ ∨/  '     ∨  :.
             |     _ ム人{  i    i   :.  :.
             |   <    ) |  | |  |  八   }
             :.     `ー‐ァヘ.|  | |     ,'  \,'
               :.       /乂八  | | ̄¨:|¨ /|
             ト _ _/\{_./::{ \斗劣ァ}/ `|
             |\/\// {\{ `¨     ∧
             |/\//   \_へ     ´/
             ,'ヽ_,'/      | _ ≧‐― '
            .:  |   |        |_}{_}{>
            .:      |        |¨¨`ヽ
           .:    |          |     \
           .:    |    |           {
            /.:                 | 〈〉  /:. 、
           '.:     |    |      |   / 〈〉\
          /.:     |    |      |  〈〉      ∨
         '.:            |      |         ∨
        /.:       .:|           :.  〈〉    〈〉∨
      /.:      .::|     |      |     ___ 〉
      '.:       .::::      |      |   /  {    }
    /.:        .::::,'     |      |__ /    {   /
    .:        :::/           |      {   /
   /.:          /      |      |       {  '
  '.:         /        |      |  〈〉   {  |
 /.:           /          |      |     ∧ |
──────────────────────────────────────────────────
 【メイド】 何か、お悩みごとですか?

       私で良ければ、相談に乗りますよ!乗らせてください、姫様!

 【アナ】  気持ちはありがたいけど、これは相談してもどうにもならない類のこt――



┃  思考を整理するために独り言をつぶやいていたら。

┃  ベッドメイクをしてくれていたメイドが話しかけてきたので、振り向いて断ろうとする。



4740◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 21:15:47 ID:7vPJs0zY

             _........__
         ,.r ¬´|   j ァー 、
       , <ヽ  l_. -‐ 、' _/   ハ、
       _,く ,.-ー '´         `ヽ、/ ヽ、
     / ,「 .!         ヽ \ ヽ.  ∧
      i//{ {       \ \ \∧l .v'´ ハ
   / 〃 〉 ヽ  ヽ   ヽ \ \| |   ハ
.   / /  / ヽ \ \\ >=≠l |   ハ
  / / ./ , ! \ \ \く こ≧ニ| |vミ.  ',
   { {  | |   | \ `く` く,ィチ万メ| | j }   ',
   | |  | | /l \`ー`   ヽ廴ソ| | _ノ    ',
   | |  ヽ く丶',ヘr=x、         | |爪_  ∧
   |  \\ヽ< ミv弋心        | | {ニメ}  ハ
   ヽ   \!l |ヘ小 `´ ` r ┐  .! l 「//l{    \
           | | ! / ゝ、   `" /! ! // ∧   、\
           | | / ///,厂[ ̄ ̄「fil |//孑," ̄ ̄\. \
           | }/ / //  _孑~千il |/ /´フ. : : : : .∧ヽ. \
         /.! / / ,ィ7"" 廴ニ彡| | / 7.: : : :ー--:∧ \ \
.      // / / /f/:.:.:.:.:.{c j}/:.:.:| |../ {. : : : : : : : : : .\ ヽ \
    / / / / /ゝ!:.:.:.:_,r`=<:.:.:.:゙| |人 ゝ : : : : : : : : : : .\
    /   / / / / ヽ l//∧ \:.:| |  \\: : : : : : : : : : : : ヽ
.  /   / / / /!:.:.// / ハ ヽ \ |   ーr─- .: : : : : : : : : :
  /  / / //.:/:ム/  /   ハ ヽ >   / l !  `丶、: : : : : :
.   / / /. : /: : :ん  /     ん~゙!   ./ l l  i  ! l\: : :
   / /:^⌒ミヘ;;彡勹、___,,r~'’ |  |  /  ! !   ! i  i  ヽ
.  / ∧: : : : :.〈   /        / |  | ./ ,' ,'  '  ! l  !  !
 / //ハ: : : : :∧ /      ノ   |  | { ,' /  ,'  i i  i  l
./ //  }: : : : : :.lj             |  |∧. /  /  / l  l  i
──────────────────────────────────────────────────
 【メイド?】 一人で抱え込むより、二人でお話ししてる方が、ずっと解決に近づくと思いますよ、姫様?

  【アナ】  …………え?

4743◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 21:23:40 ID:7vPJs0zY

                          < ´゚~ ¨¨¨¨ ¨¨>
                    /{ /       /⌒ ヽ ― 、 )h、
                   ,' ./ ∨      / ./   \  \ \
                 , ---○__ノ   / .:/      ∨  ∨  ',
               / , - ○○、`ヽ, '  /{         ∨  ∨  ',
               〈__ 人__{               ∨  ∨  v
                   7  /   /             ∨  ∨ :}
                  /  /   ,'   .   i    :      ',  ∨ :}
                   //  ./    .:   .:   |   :i     ,  :} :ト、
                〈/  ,'   .:|    |   |   :{\     }   ト、 ヽ〉
           /^\-v-、|  ./ { _ .|――|   |  -}―\― }   } \{
         「   |  〉 〉 }| /  .:´  |    |   ト、   }   \八   :}   }ヽ
         {   :レ:} / /}|レ   {  ━┳┳━  { \ }━┳┳━  八  } ∨
         {   }  レレ }八    {    ┃┃  \{  )'  ┃┃ 人 }  :∨
        ,'   :}   / :}\     ┗┛    .:i:    ┗┛/ / / :`ヽ  :∨
        /   }  / /  :}  :\\ ゝ__           ⌒¨):' .,へ   :\  ∨
        }       ,'  人  八\)¨⌒             レ  :\   \人
        /      / /  ∨  ∨ \     r v     ./\    \   \v
      /_ _ {\/:/     ∨  }    :.         イ    :\    \   `ヽ
   /}⌒゚¨ ̄/´¨}, '       ∨ ノ     | :>  __   <: |     \    \
  〃 }    }   }    /\¨ ̄`ヽ    :|∧_∧_∧_∧_∧       、     :v   }
  /      ノ   }   /   \     >- :|∨_∨_∨_∨_∨、____  \
 '   /´¨¨    :} /      \     \..人_人_人_人}       ゚¨ヽ     ∨}
人   \      :レ .∧        \  ― --`¨¨¨¨¨¨¨´ - ―       ∨    )'
     /     /} ∨       ∧  :\       \   }     ,'{    :∨―‐ァ{
   /     /  }          ∨   :\  __  \__人      { `ヽ_    ∨, 人
  /   「゚¨¨  /}                    ヽ  \)     >  〉-{\/   、
  }     /   イ-_-}         ∧           }―― \/´¨¨ \/  \_)    \
──────────────────────────────────────────────────
 【アナ】 なんで、あなたが、こんなところに?

       いえ、そもそも、その格好は……?



┃  迷宮都市では極力他者との接触を避けていた彼女でも、

┃  さすがに目の前にいるおせっかいなメイド……の振りをした女性のことは知っていた。



















                       _/``ー 、
                  zー冖tf       .//ー __
                 r’     ―‐ ミ //     ヽ
                  ''゙´/ ̄ ̄¨¨¨`` ``''<    }
              ''゙´   /           `` \ />ミ
                  |               \\   }
              /         :|               ヽ ,  〉
          /     / .   |  |       |       ', ∨ .}∨
               / |  ,.|  |       |     |  .', |ー《
        ,.   /  / . | _ / |  |       |     | ! .| i i|. ’
             /   ,   | ./ヽ| ', |、>―| ミ、 |     ' | 圦/'
         /       ∧{  ,. ', ', \  |         ./  /{ヾ\ . |
        | '|    | γ≧k、   ト ', _丶   .,    ./   , ゝ≠ゝ' |
        |i |  ,'||   {r' f` レ' ノ ん¨示〈     '     | | ` \
        {: |  |.i| リ `¨      乂こツ.ソV     /   //  { ヽ∨
            |.i| :{  '          /  /   /   //    ', | |
          ' :!∧圦 ト          / へ   __   `      :|_|
          ハ{ .∧{ ヽ} :i ー ''    / -==-ー''   ヽ       ∨
            / | ` . } :|     へ,,ィ-=ニニニ=-ュ f´          ∨
             ,  ソ ., >ー‐f ヽ -=ニニニニニ=-\ーt⌒ヽ     \
              /  / -ミ〉 /〉./-=ニニニニニニニ=-.\ rァ'       \
                /  /'' _ ヽー |-=ニニニニニ/ニニニ=-.\ゝt 、        \
            /  /ノ  __  ヽ}__ :|-=ニニニニ/ニニニニ===-\_}        \
              /  / {  、_ ヽ./イヽ|-=ニニニ./ニニニニニニニ=-} 〉ー、.       \
          /   , .|   ー'' r''〈 .∧-=ニ''゙´ニニニニニニニニ=-リV}\ __}          \
         ,      |  __  /{ニ/-=ニニニニニニニニニニニ=-/ニ|fムヽー、           \
         | |レ  ヘ_,,.イ {ニ\-==ニニニニニニニニ==-./ニ.|'|ニム Y_〉          \
──────────────────────────────────────────────────
 【アン】 あ、申し遅れました。わたしはお城に務めるメイドの、アンと申します。

      家事雑事から水仕事、時には貴族様の夜伽のお相手まで、なんでもさせられる哀れなメイドでございます♪

 【アナ】 ……その割には楽しそうね……。



┃  メイドのアン、本名・アンゼロット。

┃  ギルドの誇る「胡蝶蘭」は、いたずらっぽく微笑んだ。



4744◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 21:33:25 ID:7vPJs0zY

                             _
                     _, ―― /_ ̄¨ー、
               _/ ̄ヽ i, ..-. / i´  ヽ   ヽ
                  ∠_ノ  ,. ' ´     `丶.._└‐、
              /'   ゝ'               ` 、 ヽ
.              /7  /                   \〉
.          /_ゝ '                     ヽ
.           //  ./       │   !     、  '.
           ′i  ,'′     ./ / |    ト、 !    }    '.
         ′ ゝ;'   .L上|_l _ |    | .| }  /     '.
          .′  j     「l_ハ∧「`ト、  | r七卞7  / ,′}
         .′   {  ハ {ィfで不ヽ  \j ィホ7 〃 ′/  '
        .′   V  .八{`弋_ツ       ヒツ /  / / } /
       .′   ,′.}∨ハ 个            厶イ} / l/
       .′   ,′ ∧   . l.       ___′  ムィl/レ′
       .′  ./ // 爪   '.|丶、   V.../   .イ :l  {
     , '   ./ / ′Vハ  廴_ へ、 `" </:l. :|  |
    /     ' /  ..-=匕¨ヽ, 弋T卞千 ..:/ ..:}. :|  |
.  /     / ./´:.:.:.:.:.:.:.:ヽ_\弋辷ソ| ../ ..:/|. :|  |
/  ,    ,  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈   _}', r─亠〈 ../ .|. :|  |
  /    /  / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、-i | .`ー '//  |. :l  |
  /   /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ‐l  '.ー/∧  l. :|  |
   /  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{_ {   } 人:.:ノ  | l  |
  /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.f ∧ {`′ ぐ   | l  |
──────────────────────────────────────────────────
 【アン】 いやーもうびっくりですよー。

      気まぐれで下手くそな貴族様にお呼ばれして乱暴に抱かれて、ついでに色々手伝わされて、

      そしたら今日は大幹部くん……コホン、迷宮都市のギルドの幹部さんがやって来てちょっとした騒ぎですし。















                    -=ニ二二ニ=-
                /     ‐=ニ=-    \
             /∨  <> ――― <> ∨
             {  :}<>/   /⌒¨  、   <>v
         __人__/    ,'   .i      ヽ   \)、
        <   0O `ヽ  .:    :{        \  ∨〉
         \ _人  } :  :   {    ∧      ∨〉
           // } ¨¨ヽ  .i  :{    {ハ   |  \V人
            レト、}   :|  |  |  {ハ   {⌒}  :|    ` 二 フ
              | }  |  |⌒|  {ハ  :{ィ笊う㍉ /}八 ハ
              | 八  |  |ィチ笊㍉人  { 乂ツ ∨v〉 |  |
              |' | \} 八乂ツ   `¨`    .:- ': : :|  |
              |  )八∧      '       人: : : : |  |
              |  / O: : >.    、  /} ∨: : : |  |
              | , ' ノ}: :/  {::≧s。_/|::ル  ∨: ::|  |
             /  〈/ 人  ∨::}=====ル 〈〉  ヽ:..|  |
             '  : : /     ∨}{==}{/         \ |
            / > ´   〈〉  ∨ニ, '        〈〉\
           ,' /           ∨ 〈〉  _ _        \
           ,ル〈〉    〈〉   〈〉人_ /ノ‐‐'     〈〉   \
           /           / {///// '¨¨二ア__        :、
         / 〈〉   〈〉   /::::/{¨(¨く   ゝ―ァ'  〈〉      _
       /     _ ...  ‐<¨¨  /}   人  /¨¨,'>:.      〈人
         >、_ _ ィ   〈〉 /--=ニ ,イ   >--イ:::::::/ 〈〉 }>‐  __>
      /-_-_-_-フ    /{: : . /¨.:八 ,イ〉  :レヘ'     /-_-〉_-_-_-_-_
     ∧-_-_-:/〈〉 /):::人: :{    {ハ  <  . . ::/    ./-_-.:_-_-_-_-_- 〉
     ∧-_-_/   /八{`ヽ ≧)   .:   人. . : /  〈〉 /-_-,'_-_-_-_-_/、
    ,'-_-_    ./{  v  レ'ト、  ,'  イ≧=-'    ./-_-/_-_-_-_/-_ ∧
    -_-/ 〈〉 /v )  人/ ノ .:) 人  ソ  / 〈〉   /-_-/_-_-_ , '_-_-_-_ ∧
  ∧_/    /::::| { 〈/  < _  〈_ノ  〈ニニ     ./-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
  ∧/      /:::::::| } (     〉  ,'    ノ=/     ./-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
  {_/     /:::::::::| }  \   / /   イ=/    /-_-〈_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
──────────────────────────────────────────────────
 【アン】 あ、安心してください!姫様の事情は盗み聞きしてたので知ってますから!

 【アナ】 盗み聞きで分かるものなの?

 【アン】 ……大幹部くんからね!ええ、話を聞いたんですよ!



┃  白い姫様は、姫様らしく天然で世間知らずな一面がある。

┃  それぐらいは察してくれよと思ったが、アンは口に出さなかった。

┃  悪口雑言が飛び出そうになる「お客様」もたくさん相手にしてきた経験からすれば、こんなの可愛いものだ。



4745◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 21:42:18 ID:7vPJs0zY

                    -―=ニニ二二二ニニ=- 、
                > ¨/     `ヽ  \     `ヽ
                .:   /        :.          \
               ∨  /             ∨   \      \
            ∨ .::               ∨    \      ∨
             ∨ ./                ∨     :v      ∨
      「\    ∨ ./ .{        {.      ∨     ∨     ∨
     }   \ ∨ ./  ,'{   :{     {             ∨     .∨
     }    ∨ /  / {   :{            .}∨      ∨     .∨
    〈   ∨ ,'  ,'  :.   :.     .{       } .∨ ___ .∨    ∨
     \ ∨  .:  .:  :.   :.     {:.      } ̄∨      ∨    .:∨
     ,--v   {  .i  ∨  ∨ _ _ .{       ,'   ヽ  人ノ}  〉  }   ∨
    ./  /   .{  .{   ∨-―∨  .}       /     ぅ芸示㍉./   :}   .∨
    /  ..'    {:  {: -‐ ∨  ∨  八     ,' |   < {v//(_ |'   , :}_ ∨
  ∠ _ _/.|     {:  ∨   {   ぅ斧笊㍉   .八|    乂 _ツ |    ハ ト、 \v
      .:{ |    :.  ∨   { < {v//(_  \/             .レ}/  /  \ Y 、
   / Ⅵ    ∨  :..  ∨  ゞ _ツ               /   ,〈_∧  } :} }\
  /  / ハ    ∨   \ .∨           .:        ⌒7__/  ノ      |\\
/  /   |    :{∨  :{ .\ :. __                    /〉、  :/      |: /  \
  /     |    :レ ∨  {  , > ⌒         _      .ィ | :}  /         /
/       |人    {  ∨ 八/^ 〉 \       <  >    .:: {人 ' /       人
        .:⌒ \ :{  ∨ { 人   >:..          /:¨¨¨入 .:       /   :.
       .:   ./ \、  .:  <>  /¨¨√:>s。     /  |:::/  v        /   ::.
      .:   /   `ヽ .:    /   {:::::::::}∧_>‐< ∧ ∨    {     /¨¨¨ ヽ、::..
      .:  ./     /   /      .{::::::/ ∨_∧__∧...∨.::    |   イ       \:::..
     , '  /    ./__ -=<       レ〈フ_}{__∨._.∨_/      .|    {         \:.
──────────────────────────────────────────────────
 【アナ】 わたくし、他者との接触禁止って言われたのだけど。

       ……メイドとはいえ、あなたはセーフの範囲に入るのかしら?

 【アン】 ご安心下さい姫様。私、ちゃーんと正規に雇われたメイド扱いになってます!!セーフです!!

 【アナ】 一体どうやって……ああいえ、今は関係ないわね……。

       なら、遠慮無く相談させてもらおうかしら。

4747◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 21:47:51 ID:7vPJs0zY

   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘

          /   /           ,   /         ヽ
            /         /   ./  /   ′
          ′   レ{  i  ′__′´′ .,.:゙   }         Ⅵ
            /⌒{  |  {   /{ ` { 、/ i    ;             Ⅵ
.         {i   { 7从  :|: 八 斗午ミ、{/゙   |  /  ;         ‘,.  Ⅵ
.        从  八  ;   :|'゙  { ハ刎 '    | ./」_ /i       }ハ }
         ゙     / ヽ′ :l.    辷 ッ      | / i /`i            }゙
            /       .|             泛弐 ノ    }   .;
      /    /   i   |            戈ツ/    ァ゙ ; /
.     /    /r‐'7^i|   |          '    /   才゙ /{/
    /    / .|乂___|   |      ` ‐    ⌒ァ=≦ {/
.   /  jIニニ=-ミ i |   |   、       .。s 升
  / /ニニニニ‐` 、|   |  介=- 七 ノi   |
.  ァ'ニニニニニニニ\   |`'くr '⌒7__ / |    |
 /ニニニニニニニニニ‐ヽ :|  ノ⌒7゙ニニ≧x |    |
──────────────────────────────────────────────────
 【アン】 ――なるほど。大体理解しました。

      では、バッサリ言っちゃいますね。















                        -=ニ ¨¨¨¨ ニ=-
                 |\ ./  -=ニ二二二ニ=-  `ヽ
                 |  Y /;:´         `ヽ`ヽ \
                 |  //              \\ 、
                 人// /    .          ,. \ v v
               /、// ./    .:       ∨   ,.  〉∨
              /  } ./      {          ∨  ,.  ∨∨}
             /__ノ ,     .{  /,      ∨   |  {⌒
               | |  :{     .{  /,    ,ィ .∨ :|  ゝ人
               | |  :{     .{   /,   ,' }  }.∨::|   |
               | |  :レ:{ -―‐‐-  /,  /‐}―‐ ∨|   |
               | .   ∨━┳┳ ∨  /┳┳━ ..ノ   人
               | .∨  ∨ ┃┃人  〈 ┃┃   / / / ∧
                 乂 ∨\ ∨ ┗┛^^ `~ ~ ┗┛   ~〈/   /∧
                ト   :、 \(      i       ∧   .: ./∧
                | \{`ヽ_ N            .:  ∨ .ハ  ./∧
                |  :|  { {  : .    ‐    . :    v |    ./∧
                |  :|  人 {   | >   < . |v    | | ∨ ./∧
                人 .:   `ヽ__人 | |¨「.|¨| |_Li∧   .レ  ∨ ./∧
                 /   人    \ >-Li.└ /  ∧   ,:   ∨ ./∧
              /  __\_  , =ニ=、    / _,∧   .|― - 、 ./∧
               レ ´     〉_ヽ〈  }:} ̄ ̄ニ=-   ∧  .|    ヽ ./∧
             ,'      /-、\ 、 }:}       `ヽ.∧  ト、     } ./∧
             {      {::{  //´〉v.人‐=二=- \  \、ノ .〉   }   ./∧
             {      > ニニニ /         、  \ノ     }   ../∧
             {     / ,'   /     \     \  \ ̄ \}    ./∧
──────────────────────────────────────────────────
 【アン】 姫様が欲しいもの、ズバッと突きつけちゃうと良いですよ。

      下手に遠慮せず、ぜーんぶ叩きつけちゃいなさい。

 【アナ】 ……えぇ……?



┃  皇女は困惑した。

┃  それは先ほどまでの自分の悩みの放棄ではないか、と。



4750◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 21:57:36 ID:7vPJs0zY

              / `
             ,', ′
             {{
             ゝ -f` -   、
          >      '       ヽ
        /       ,         \
       / /     |              \
        / ./         |           ヽ<
       /          ',  ||     |  、   ` =‐-
      |/     |  | ハ  ||ヽ __, |  }   ∨
      |      从/|.| ∨ |||, ´ノ リ\ |    | ∨
      |  |  _ノ-/‐-  \{ ´≦弋ミヽ /. ,' | }
      | ヽ ,   | ,ィ=ミ   `  ゝ- ′ .} /, / リ
        .|  ヽ人 ゝ      ,      /´ /
      .| | {.| ` \    _ ‐-,     | | \
       | ,'  ` ___入    ` -     イ  |ノ  \
       > /:::::::::::\>       イ .|  |.     \
      / ./::::::::-‐:::::::::ヽ 7-`- ´ .|7z.|  |      \
       / ./::/:::::::::::::::::::::}\i i` 7_.|_<   ',>= _    \
     ./ .i:,::::::::::::::::::::::::::::::| ∧ \i  / >>. \::::::∧    \
    / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::| ∧. \i./   { \::::::\    \
   / /::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::  ,   { }   <::::\\::::::>、
 /  ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::|  i __ ′ヽ _ヽ::::\\:::::::i
´     >::::::::::::::::::::::-=::::::::|  |/  |::∨  \:::::::::::\\:::ヽ
      ゝ:::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;:::, /‐- 、::::∨  /::::::::::::::::ヽ ,::::ヽ
      /::::::::::::::::::∧:::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::ヽ./::::::::::::::::::::}.} .i::::::::::
      /::::::::::::::::::/ ',::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 'ヽリ:::::::::::
     ./::::::::::::::::::/  }:::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ∨::::::::
──────────────────────────────────────────────────
 【アン】 これは皇帝陛下が意地悪ですよ。

      譲歩するって口では言いながら、傷口を最小限よりさらに小さく留めることも諦めてません。

      自分が買う金額提示しなきゃいけない立場に落ちたのに、売る側に、しかも無知な小娘に値付けをやらせる!

      いやーしたたか!手強い!!












                 ‐=ニニ二二ニ=-
           _  / ¨¨¨¨¨¨¨  -=-  ヽ
           }  〉 ∨:   :.  :. `ヽ  -=-  ∨
           } / .∨:    ∨  :.   :.  -=- :∨
           〉 .∨:      ∨  :.   \  -=、∨
          / :|:. |:  {:     ハ  :|:    \ 〈^〉{
          <__ .|:. |:  |∨:     {   |: _   \レヘ__
            |:. |:  | ∨:    {  ̄|: \     八X∧
            |:. |:  | ∨:   八/ぅて㍉.:   { ::∨X〉
            |:. ::.  v  \:_> 弋ツ }ノ.:  { :::∨
           人 人: \  〉        |.: 人   :.
             \__>' ¨¨ `       イ/  /, ∨
              \: \   -   / |ニ=-、/, .∨
              /\ノ >:.. __ ./__ }{ ノ  \/,  ∨
              ,'   /__).: .:  | :〉}.}{/  <> \  ∨
               /.∨ ¨¨ | .: :|  |  /        `ヽ :.
            / ∨  ノレ} ::} ノ ∨        <>  \\
   |、_    ..-= ∨ / / , '‐=ニ\ <>            \\
  「笊ミ}‐=ニ _  v / /⌒)   .人  .\__         ∧}  \ ___
¨¨人ノルソ::::::::::::::::.::ル/ /_/  〈_ソ    ∨`ヽ <>    .∧ __       ¨¨`ヽ
∨, ―ァ::::::::::::::::::::::. |/<_______人__∨  \   .//∧\   ¨¨¨`ヽ  =―― _
/ノ ニニフ:::::::::::::::::. /<ノ¨〈〉¨〈〉¨〈^〉¨〈^〉、: : : :∨ 〈〉.\/‐_‐./∧ `ニ==-           `ヽ
 //¨¨人::::::::::::,'-' ¨¨¨¨¨¨{ ,',≧――-〉 : : : ∨   ∨‐_‐_./∧\    :.  ¨¨¨¨¨¨ ̄ ̄ ̄
  レ ,ニアiiiiii\::::::{:        V     人: : : : :∨   ∨‐_‐_-_:.   \    \\
.  /::/iiiiiiiiiiiiiiii>..::      .:{:.       ¨¨ヽ.人 〈〉 .∨‐_‐_‐..{   \    \\
/|::::::ト:.__ .<>::X>-= _=\.        .::/}  ∨    :.‐_‐_‐_.{    .:\    \\
::Y|::::::レ_人_∧:::::{ }////////>―― <./∨  .∨ 〈〉 :.‐_‐_‐_{`ヽ      .:v   \〉
ノ人ノ>――、  \ 人////////////////∨     〉   {‐_‐_‐_{.:  ¨¨⌒ヽ .:v  |、
/、≦―― -     ¨¨「\__¨¨¨¨¨¨¨¨¨/    .∧ 〈〉 {‐_‐_‐_{\.:     \}  | `ヽ
イ:::人\二二       人 :.\ _人 ̄ ̄ ̄`i:     ∧∧  :{‐_‐_‐.{  \.:     }  |
人ノレへゝ――― ^¨¨〉 \ ハ  ノ       :.     ∧:/∧ :{‐_‐_‐.{  | .\.:   .人 人
  |_  `ヽノ¨¨}人| |`ヽ   :.  ヽ_          ∧:://∧ :{‐_‐_‐_{   |   \./ /\_〉
──────────────────────────────────────────────────
 【アン】 だから、線を引く方向だけ叩きつけて、長さは皇帝陛下に決めさせればよろしい。

      不都合な事実を隠すために、いくら払う気があるのか問うのが正解です。

 【アナ】 なるほど、さすがね……。

4751◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 22:02:13 ID:7vPJs0zY

                    __
               -=ニ__      `ヽ
             /-=ニ  ¨¨¨¨`\ヽ    \
            , '/, /   `ヽ― 、 \\    v
           _ /  / .:       \ \ \\  ∨
         \/  / :{    i    v    \〉__ ∨
         /}  ,'  {    N   :.   ∨  ∨)  ∨
          〉  .:   {    { \  }   ∨  ∨――ァ
         '   {   :.   \{ , ' \ハ   ∨  ∨乂Xv
        | {  {    、   \ ,ィi斧竿ア  〉   ∨乂X}
        | {  {  {  ̄ \   \乂rソレイ     ト乂X.v
        | {  {  { ィf斧㍉\, '⌒)      }     } \乂v
        | ∨ {  {《 乂ツ ,        ノ    ,'   \}
        | ∨ i  N           ⌒7  /: 、     |
         ,ノ ∨  {.人    r   ァ   / /: : : : :v   |
       /   ∨ { : : \          ,'イ ∨¨¨>、∨  |
       ⌒7¨¨ .∨ }: : : : :>__      / _レ´   } :∨ |
        |    ハ八: : : :{ (_}><  _> ´    :: : v |
        |   ,'   v: : {   )    「/    〈〉 ト、 :Ⅵ
        |   /   {: : 入  |‐  ‐/       ,}:::〉\|
        |  ./    :{/ 〈〉 |  /        ,'::/   \
        | / i   .: :{      |__ /   〈〉   /,:'  〈〉  `ヽ
        |./ {  .: :{     レ        /         〉、
        ,/  {    :{ 〈〉  /              〈〉  :/‐_v
       /    八  {   _ _ 人  〈〉              /-_-_}
       ./〈〉   { /  \{///}ヽ ∨               /-_-_-}
      ム ――{,¨¨¨¨ {////:} }、 ∨    〈〉        /-_-_-_ハ
     /  〈〉/} ̄ ̄乂//ノ/∧ ∨            /-_-_-_-_-_-_
    ,'     , '¨∨ ̄ ̄ ̄¨¨¨ ̄ {. } ∨          〈〉  /-_-_-_-_-_-_
   〈〉   /. . . 〈   〃    ノ. . }  `ヽ  〈〉       '-_-_-_-_-_-_-_
   {  /\. _ノ   .:      \_._}    \      /-_-_-_-_-_-_-_-
   {//: .     y:       ./. . }  〈〉  \    /-}_-_-_-_-_-_-_-_-_
    }ハ{: : .    . : ,': .      ̄`ヽ}       :| \/-_-:}_-_-_-_-_-_-_-_-
      、: : . .  . :{: : . .       . : }      |-_-_-_-_-}_-_-_-_-_-_-_-_-
      \: : : . : 人: : : : .   . : : : }     〈〉 :|-_-_-_-_-ト_-_-_-_-_-_-_-_-
      }‐≧=-⌒ \: : : : : : : : : : ::}      |-_-_-_-_-}ハ_-_-_-_-_-_-_-_
      } ̄ ̄ ̄ ¨¨¨≧=‐ ‐=≦‐:}      |-_-_-_-_-}ハ-_-_-_-_-_-_-_
      ノ―――― -   ____:} 〈〉   |-_-_-_-_-}-∧_-_-_-_-_-_-_
──────────────────────────────────────────────────
 【アン】 で、肝心の方向です。これはいくつか考えられますから姫様が考えて決めないといけません。

      一つはもう、先ほどご自身が口にしていた通りです。

 【アナ】 わたくしたちの国を、取り戻す!

 【アン】 ええ、独立・対等まで行くかはともかく、表面的にはほぼ元の形に戻せるかと思いますよ。

4752◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 22:07:03 ID:7vPJs0zY

         __    -=ニ二 二 二ニ=-
         ⌒ヽ `ヽ/  ⌒       `ヽ)h、
           ∨ /   '    ヽ       〈ヽ :,
            ∨,' ' |     :.  |  |  ∨) :,
         _/,' .: i  |     :|   |  |   ∨ゝ-v
         ⌒¨' : {i  :.     |   |_|   ∨乂∨
           | | {i  :.     | ̄八ノ    i}∨乂∨
           | | {i― -、    ',xtf劣示    i} \乂
          ∧人/ィ劣示ヽ ./   ゞツ }  八   \〉
           八|∧ ゞツ  )'      } /  |    |
             | 込、   `        'イ 入_|    |
             | // >、   r 、   ..:::/   |    |
             レ /´/| ≧s..  .//    `ヽ  |、
            / '∠ --ァ ∨ ¨レ´  〈〉     \八
          ,__/   ¨¨ニア  ∨ /       〈〉  \
         }ヽ____  / 〈〉  ∨ 〈〉           `ヽ
         }   ∨       /\         〈〉    〉、
         ノ    \    /{¨゚〉  >、   〈〉      /-_-_
        〈_      / /:、__∨_ ∨{\        /-_-_-_-_
        /⌒ヽ     レ´  .∨       `ヽ  〈〉  /-_-_-_-_-_
       ,'   /    〉: .   ,': .         .\  .ハ-_-_-_-_-_-_
          〈     {: : .  {: : . . .      . . : : :}\/ v-_-_-_-_-_-_
       ,    }  ∧ ヽ: : . :. : : : : : . . . . . . : : : /     ∨-_-_-_-_-_-}_
            ノ 〈 〉  ): : :/\: : : : : : : : : : : /} 〈〉   -_-_-_-_-_-_ト、-
      ,イ    {  .∨ 〈=≦三三≧=-  -=≦三:}     }-_-_-_-_-_-_}-_ヽ_
   / |     〉  .i   〉三三三三三三三三ニ=}  〈〉 }-_-_-_-_-_-,'-_-_\
  // :|   /|      〈三三三三三三三三ニ= }     }-_-_-_-_-_/-_-_-_-_ヽ
/, '   乂 / ノ       〉-=ニニニニニニニニニニニ=-} 〈〉  }-_-_-_-_ /_-_-_-_-_-_}
──────────────────────────────────────────────────
 【アン】 でも、それ以外にも色々通そうと思えば通せますよ?

      立ち止まって、ゆっくり考えてみてください。あなたの願いを。やりたいことを。

 【アナ】 願い……ねぇ……?

4753◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 22:19:40 ID:7vPJs0zY

‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐
      -‐==‐
  >ニニニニニ<                         |
./二二二二二二二\       _,,、、-――-、、,,.    \、ノし / ’
. 二二二二二二二ニ ヽ∧//''´,,、、 -―――-、`寸 ,   ⌒)(___
二二二二二二二二二 ハ%⌒>''´  ̄ ̄ ̄ ̄ `''<ヽ    /^ ̄ ̄
二二二二二二二二二二ハヽ´ /    ′    ',  ',ヽ∨
二二二二二二二二二二ハ/ /.   |  i    l   ,   ', ,
二二 二二二二二二二二ニi!.      |  {    |   !   l l〉
ニ二二二 二二 二二二二二! l| .| l |  {    |   |  |「}) ;
ニ 二二二二二二二二二二} l|_斗匕|  { .}`''ー<ハ  |リノ
ハニ 二二二二 二 二二 ニ〃从 _|_|从  V 乂_从ソ }  | l ;
 ハニ 二二二二二二二二ノ ミzzzzz彡ゝ.乂ィ丈ツ≫}   |. ',
/ニ \ニニニニニニニニ< 乂弋:/:/:/: ,  :/:/:/:/:从 人 V
ニニニ >ニ ニニニニニイ:个.八  u  _       ,イイ.     V ゚。
ニニニニ ≧== >=<: : : :ヽ  マ: : : :ヽ  u.イ .|: l    V
二二 二二 二二/  u.   ヽ: : : :> `こ)(´ .<:.:.| |.: .|  _V___
ニニ二二 二ニニニ/        ヽ: :ノ >< Lー=ニニ二二二二ニヽ
ニ 二 二 二>-―  < .     \_     .._ニ=ニ二_ニニニjニニハ
ニニニニ ニ 〃         `ヽ  u   `  ニ,= ´      `Vニニニ`ヽニ}
ニニ ニ ニ/:ヽ            V   /   /   ぅ    ノニニニニi}〃
ニニニに_:.:.:.}              V | i         ´ ̄ ‐-ニニニイ
ニニニ ニハ:ノ   u    _ノ   :. i ;              jr' }ニニ/ ∨
ニニニ}ニヽ、_ ir _ノニ}`    : .              ゚ 〃イ    ∨
ニニ /ニニニニニニイ     } l          ,     ノ 「: : :    ∨
ニ イニニニニニニ`ー=- r‐    :.  。    c ‐'  . ' / : : :
ニ二二二二二二二二r'¨´ lj ノ   、          ノ- ´| : : :
ニニニニニニニニニニ>- く  ;.'     __   r≦   /: : : : /
ニニニ ニニニニニ>´     j     /  u  /    /: : : : /   '
二二二二二二イ                     /.    /: : : : /   /  |
‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐
──────────────────────────────────────────────────



┃  願い。やりたいこと。欲しいもの。手に入れたい何か。望み。……欲望。

┃  ぐるぐると回る頭の中で、ふと3日前の暖かな夜がフラッシュバックした。



4755◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 22:29:36 ID:7vPJs0zY

             ∧
               /  \ -―― ===--
            {  ./ -===ニニニ==-   `ヽ
          ___>=-/ .//   ::.. -=-  \
        <_/ ..: / .:   | :.  \ ∨〉   :.
            .:  .:/ /  .:   .|  :.   :. .∨〉  :.
         / ..:/ /  .:    :   :}   :. ∨〉  :}
         ,' ..:/ .:  .{    .|  ..}   |  Y }  }
           |  ハ .:  .: .{      |  ::}   |  .{人 }
        八 {:  |―|.._|∨   .八  :}   |  |乂X7}
       /  :. :. 八 | | .∨ , '  .} .,'    .|  |乂X乂
     /   .∨ { 斧㍉ル ∨   ノ/ |   ,'  八乂Xv
    /  .:     ∨{  ヒリ    て笊云ァ  /  /  ∨乂v
  /  .:  .:    .Ⅵ/././. 、    乂ツ} / /}  ,' \ノ
/   .:  ./     八      /././. ,'/^^ ノ∨  /∧
   /  ./       \  _       イ¨¨ :. .∨   /∧
 /   /         /\ `    ..: <> |、  :.  ∨  ./∧
ノ   .:       / ―=≧s≦}___ }ル  \ :.  ∨  ./∧
   .:       / /〈〉 (::::::人 .}{/      \   :.  /∧
  .:     - =ニ /    \__ /        `ヽ、}   /∧
 .:   ./  /  〈〉   /\    <>       =-:. ./∧
   /〈〉  ハ       /=(_)=\              \∧
  /   /{_ _ ‐=ニ三三三三ニ\      <>     <>`ヽ
/  〈〉/  {    /¨¨¨¨¨y¨¨¨¨¨¨八               |
    /   {   , ':.   .:    .:,'  \                 |\
  く`ヽ __{ 〈〉 /{:..ノ}  {     __.::|    \             |-_-_
  ト _  ∧ /./ 〈_ -=¨¨/〉ハ   <> \   <>    ..|-_-_-
  | \  | ∨.{      //ノ       | `ヽ        |-_-_-_
  |   _|  ∨      ' // }        |-_-_-_\     .|-_-_-_
  |  〈  `ヽ し ¨¨¨¨Y /:::::::/ <>   ..|-_-_-_-_-_-=ニニ ノ-_-_-_
  |ノ\ ∨   :.     く¨_ __ ,'         .|-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
     ¨ノ    :.     >::::::::∨       〈〉-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-
──────────────────────────────────────────────────
 【アナ】 …………。



┃  その幻影を、振り払う。

┃  あれは、必要だから、契約だからしたことだ。はしたないことだ。

┃  契約は履行されなければならないから、皇帝との話し合いに決着がついたら彼に抱かれないといけないだけだ。

┃  ……それだけなのだ。



4756◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 22:36:55 ID:7vPJs0zY




















               /    〃                      \
            /   /                  /             ヽ
          ′   //         !   /     〃               、
            ,   ィ/|          | / |   /{/               ,
.         ,′ / l{' |.     { ─-| / │ //| |'    |           ヘ ',
        /   { ⌒ト、   从 / j/  `lメ、 | |    '|           |
.        /    ∧、{| \ヘ{ V    │   | |  / | j          } !
        /   / ヘ. |   l\ ===ミ 、    | |  /ナメ、}     i   .′i
      /   / /  `l|   |      `     |//jノ ,′    |  ′/
.      /    / /   l|   |                =ミ、   ′     | /
.    /   /   _ァ‐-|  │                 ヾ/    イ リノ
    /     '  // ト、 /li   │    丶._  ´   <.__  ノ// '′
  /    ,厶∠... | `¨|i   | \      ` `      ,ハ//´ レ′
 /  /..:::.::.:::::..`ヽ  |    |、  \     ,..r  ´  |
/ ,/..::.::.::.::.:::::::::::::::..\|    |て /ト、`r l |  丿|   |
 /..: : :.::.::.::.::.::::::::::::::::::::..\ │ `スrく}r‐┴く  |   |
'/.:.:.::.::.::.::.:::.:::.:::::::::::::::::::::::::::} | /  }\j::::.:::.::..\   |
──────────────────────────────────────────────────
 【アン】 ……姫様。

      迷宮都市の冒険者ギルドは、過去を問わずどんな人物でも受け入れます。

      例えそれが、かつて公爵令嬢として大領地を切り回していた若い少女であっても関係ないんです。

      ないんですよ?

4757◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 22:46:07 ID:7vPJs0zY

                    -=ニ二二ニ=-
                /     ‐=ニ=-    \
             /∨  <> ――― <> ∨
             {  :}<>/   /⌒¨  、   <>v
         __人__/    ,'   .i      ヽ   \)、
        <   0O `ヽ  .:    :{        \  ∨〉
         \ _人  } :  :   {    ∧      ∨〉
           // } ¨¨ヽ  .i  :{    {ハ   |  \V人
            レト、}   :|  |  |  {ハ   {⌒}  :|    ` 二 フ
              | }  |  |⌒|  {ハ  :{ィ笊う㍉ /}八 ハ
              | 八  |  |ィチ笊㍉人  { 乂ツ ∨v〉 |  |
              |' | \} 八乂ツ   `¨`/././. .:- ': : :|  |
              |  )八∧ /./.   '       人: : : : |  |
              |  / O: : >.    、  /} ∨: : : |  |
              | , ' ノ}: :/  {::≧s。_/|::ル  ∨: ::|  |
             /  〈/ 人  ∨::}=====ル 〈〉  ヽ:..|  |
             '  : : /     ∨}{==}{/         \ |
            / > ´   〈〉  ∨ニ, '        〈〉\
           ,' /           ∨ 〈〉  _ _        \
           ,ル〈〉    〈〉   〈〉人_ /ノ‐‐'     〈〉   \
           /           / {///// '¨¨二ア__        :、
         / 〈〉   〈〉   /::::/{¨(¨く   ゝ―ァ'  〈〉      _
       /     _ ...  ‐<¨¨  /}   人  /¨¨,'>:.      〈人
         >、_ _ ィ   〈〉 /--=ニ ,イ   >--イ:::::::/ 〈〉 }>‐  __>
      /-_-_-_-フ    /{: : . /¨.:八 ,イ〉  :レヘ'     /-_-〉_-_-_-_-_
     ∧-_-_-:/〈〉 /):::人: :{    {ハ  <  . . ::/    ./-_-.:_-_-_-_-_- 〉
     ∧-_-_/   /八{`ヽ ≧)   .:   人. . : /  〈〉 /-_-,'_-_-_-_-_/、
    ,'-_-_    ./{  v  レ'ト、  ,'  イ≧=-'    ./-_-/_-_-_-_/-_ ∧
    -_-/ 〈〉 /v )  人/ ノ .:) 人  ソ  / 〈〉   /-_-/_-_-_ , '_-_-_-_ ∧
  ∧_/    /::::| { 〈/  < _  〈_ノ  〈ニニ     ./-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
  ∧/      /:::::::| } (     〉  ,'    ノ=/     ./-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
  {_/     /:::::::::| }  \   / /   イ=/    /-_-〈_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧
──────────────────────────────────────────────────
 【アン】 姫様が自由を望むなら、ギルドは必ず手助けします。

      多少の制約は付くでしょうが、それはまた改めて話をつければいい。

      今なら何もかも捨てて自由を望む選択肢もある、ということは知っておいてください。



┃  皇女もまた、目の前のメイドの過去を知らない、いや知らなかった。

┃  だが、先ほどの例えがアン自身のことなんだろうと察することは出来た。

┃  ……その彼女が、大輪の華を艶やかに咲かせていることも周知の事実だった。



4758◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 22:55:04 ID:7vPJs0zY







   |八 ハ  {  ,イ /  ,        〈/}  ,イ ∧: : : : ∧           \
      )'  } 八八/              レ' 八/ ∨ : / ∧
       レ   \            /__.人 : :/ ∧          /,
          /⌒ ::.    v 丶   /ニ=∧ / .\ / ∧           /,
         /   <> >:.     イ三〉=-<     \' ∧          /,
       /          }≧爪三> <    <>    `ヽ             /,
      /   <>    <> }ニニニ<            <> ` ‐=ニ       /,
     ,             レ ´    <>                -=ニ    /,
──────────────────────────────────────────────────
 【アナ】 ……わたくしは。




┃  皇女は悩んだ。提案は、魅力的だった。

┃  何もかも捨てて自由になれるなら、どれほど楽なことだろう。

┃  あの暖かさを何度でも味わえるのなら、それはきっと心地よいことだろう。



4759◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 23:05:22 ID:7vPJs0zY

               /    〃                      \
            /   /                  /             ヽ
          ′   //         !   /     〃               、
            ,   ィ/|          | / |   /{/               ,
.         ,′ / l{' |.     { ─-| / │ //| |'    |           ヘ ',
        /   { ⌒ト、   从 / j/  `lメ、 | |    '|           |
.        /    ∧、{| \ヘ{ V    │   | |  / | j          } !
        /   / ヘ. |   l\ ===ミ 、    | |  /ナメ、}     i   .′i
      /   / /  `l|   |      `     |//jノ ,′    |  ′/
.      /    / /   l|   |                =ミ、   ′     | /
.    /   /   _ァ‐-|  │                 ヾ/    イ リノ
    /     '  // ト、 /li   │    丶._  ´   <.__  ノ// '′
  /    ,厶∠... | `¨|i   | \      ` `      ,ハ//´ レ′
 /  /..:::.::.:::::..`ヽ  |    |、  \     ,..r  ´  |
/ ,/..::.::.::.::.:::::::::::::::..\|    |て /ト、`r l |  丿|   |
 /..: : :.::.::.::.::.::::::::::::::::::::..\ │ `スrく}r‐┴く  |   |
'/.:.:.::.::.::.::.:::.:::.:::::::::::::::::::::::::::} | /  }\j::::.:::.::..\   |
──────────────────────────────────────────────────
 【アナ】 ……わたくしには、やはり故郷は捨てられません。諦められません。

 【アン】 はい、姫様。でしたら  f´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                    |  だから! |
                    乂____ノ














             ∧
               /  \ -―― ===--
            {  ./ -===ニニニ==-   `ヽ
          ___>=-/ .//   ::.. -=-  \
        <_/ ..: / .:   | :.  \ ∨〉   :.
            .:  .:/ /  .:   .|  :.   :. .∨〉  :.
         / ..:/ /  .:    :   :}   :. ∨〉  :}
         ,' ..:/ .:  .{    .|  ..}   |  Y }  }
           |  ハ .:  .: .{      |  ::}   |  .{人 }
        八 {:  |―|.._|∨   .八  :}   |  |乂X7}
       /  :. :. 八 | | .∨ , '  .} .,'    .|  |乂X乂
     /   .∨ { 斧㍉ル ∨   ノ/ |   ,'  八乂Xv
    /  .:     ∨{  ヒリ    て笊云ァ  /  /  ∨乂v
  /  .:  .:    .Ⅵ/././. 、    乂ツ} / /}  ,' \ノ
/   .:  ./     八      /././. ,'/^^ ノ∨  /∧
   /  ./       \  v -ァ    ..イ¨¨ :. .∨   /∧
 /   /         /\      ..: <> |、  :.  ∨  ./∧
ノ   .:       / ―=≧s≦}___ }ル  \ :.  ∨  ./∧
   .:       / /〈〉 (::::::人 .}{/      \   :.  /∧
  .:     - =ニ /    \__ /        `ヽ、}   /∧
 .:   ./  /  〈〉   /\    <>       =-:. ./∧
   /〈〉  ハ       /=(_)=\              \∧
  /   /{_ _ ‐=ニ三三三三ニ\      <>     <>`ヽ
/  〈〉/  {    /¨¨¨¨¨y¨¨¨¨¨¨八               |
    /   {   , ':.   .:    .:,'  \                 |\
  く`ヽ __{ 〈〉 /{:..ノ}  {     __.::|    \             |-_-_
  ト _  ∧ /./ 〈_ -=¨¨/〉ハ   <> \   <>    ..|-_-_-
  | \  | ∨.{      //ノ       | `ヽ        |-_-_-_
  |   _|  ∨      ' // }        |-_-_-_\     .|-_-_-_
  |  〈  `ヽ し ¨¨¨¨Y /:::::::/ <>   ..|-_-_-_-_-_-=ニニ ノ-_-_-_
  |ノ\ ∨   :.     く¨_ __ ,'         .|-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
     ¨ノ    :.     >::::::::∨       〈〉-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-
──────────────────────────────────────────────────
 【アナ】 両方です。どちらも諦められないのなら、いっそ両方叩きつけてしまいましょう。

       わたくしたちの国も、わたくしの自由も、両方!

 【アン】 …………えっ?



┃  けしかけたメイドの予想の、斜め上へ。

┃  お転婆な元皇女様は、かっとんでみせた。



4763◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 23:16:01 ID:7vPJs0zY

              >'' " ̄     `''<
                /               ヽ
         ,、、く         \          、
        ,、、_{            ヽ        ∨
     ,ィ'"/ ヘ            .ヘ   V    ∨
    〃 /.   ヘ             ',   V    ,
    ∥ '     ヽ    ヽ    \、  ',   V    ヽ
    {{ ,'       \   \`ト,,斗匕ヽ',.   V_     ヽ
    i! |       ヽ \  'く`ヾィヤう灯ヘ   ヘ. ヽ     \
.       |       '、 .Ⅳ,ィ > 、 ヽ. 乂ソ'  V  ヘ 八     \
       |      \ イ,斗ミ  >丶 .::::::::::. V.  ∨: : :     \
      Ⅵ \     \《乂ソ             V   ',_: : :.     \
       ∨ >.\  ', .:::::::.  '       u.∧  ', |.: : : :. >―‐<
         \|\ \ ',ヘ,     '`    .イ. V.  ', |. : : /-=ニニニ=-ヽ
            ^` ∧ ゝ ___    //ヽ V.  ',!=彡-=ニニニニニ=-∨ /
                 / ∧   |: : :. ̄ 〈/^{  〉. V.  ',ニ=}-=ニニニニニ=-∨ /
                  / ∧  |\: : : :〈\Y⌒ヾニV.  ',ニ{-=ニニニニニニ=-∨ /
                 / |   |>ニr‐/ヽ<i{::::::::}!‐ V  ',\-=ニニニニニニニ=-∨ \
                      |   |-=ニ|/  /゙>ミ._ノ \V . ', /-=ニニニニニニニ=-ヽ  \
                      |   |-=ニハ     、, 〉 ヘ   V . ',-=ニニニニニニニニ=-}!    \
                      |   |-ニア ヽ   \ ヘ.  ヽ ',-=ニニニニニニニニ-彳       、
                      |   |-=〈    ',    lハ \___', ',≧ニニ-=ニニニ=-{.: : : :.     ∨ /
                      |   |-=∧  /! u. } ハ    __', ',ニニ}-=ニニニニ=-l: : : : : :       ∨ /
                      |   |-=ニニヾl`ヽ   |\ハ<ニ=', ',ニニ}-=ニニニニ=-〉.: : : : : :.      ∨
──────────────────────────────────────────────────
 【アン】 ひ、姫様?

      さすがにそれは、私も無理筋ではないかと思うのですが……。



┃  アンの想定では、この二つの両立は不可能だった。

┃  国家の代表に準ずる立場になるか、国も元皇女の地位も捨てるか、その二択のはずと考えたから。

















                        -==ニ二 二 ニ==-
                     /  _ -=ニニニ=- _ _>  `ヽ
                   , / <       `ヽ   > \
                ∧ / /            :.    \\  \
                〈 ∨/  .:            :.    \\  v
                _〉 /   .:    i|         i|      \v
              /  ∧    .:    i|         i|       ()___∧
            ー―-イ                    N      乂X乂∧
                |          ∨        i ∨       <x∧
                |  .|   |  |   ∨   , -‐ /― ∨   |     ./∧
                |  .|         ∨       /   ∨   |      ./∧
                |       .|  | |   .∨   .xャ斧示㍉ァ  .:      ./∧
                |  .|   |  | |   ∧  〈  廴_ツ ∨ i  〉     ./∧
                |  .|   |  | |   / `ヽ乂       ∨レ        ./∧
                   ハ  |   |  | レ^¨             |)         ./∧
                  ハ ∨     |  N     ′        ::::∨        ./∧
               ハ  ∨\  :|\_(         ,    人:::::∨        ./∧
                  ハ   :|` ヽノ   :.     ― ‐     イr-、:::::∨        ./∧
                       :|      ヽ          / |ヽ \::∨        ./∧
                 ハ    :|     |   >s。     /_ 「L} |   ー-         ./∧
        「ヽ〈\   ハ :: 「∨     .| /  ∨-- 「.|__」   ∨       `ヽ      ./∧
        \\ \ハ  ::: | ∨     .:/    ∨   _  ,‐、ノ}    <>     ̄ ̄ヽ ./∧
           ,ヘ  \ ,∧  ∨     .|     ∨^Li  ¨  /            <>  {   ./∧
           | ∨゚{ \ __)  ∨   . |〈〉      ∨      /              {-_-_ ∧
           {  } {       ∨   |       ∨    /         <>      {-_-_-_-_
             v .| ∨,        ∨ . |          ∨   /    <>          ハ-_-_-_-_
           / \  \       } ..|  〈〉     ∨ /                  ハ-_-_-_-∧
──────────────────────────────────────────────────
 【アナ】 無理かどうかは皇帝陛下が考えれば良いんじゃないかしら?

       相談に乗ってくれてありがとう、わたくしの要求は定まりました。後は、陛下がどれだけ支払うかです。

 【アン】 あっ、これダメなパターンですね!?

4765◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 23:24:38 ID:7vPJs0zY

                        /}_____
                     _∠ノ-=======- 、 `ヽ
                    {イ 厂 ̄     ∨ `ヽ \
                    / :レ,'     ./     ∨ ∨\:∧
                     /  /    .:       :.  ∨ ∨}
                  .:  :/  / ..:        {:   :.   ∨_
                  |   .:  .:      i   ..:     〈∨}
                  |  :|  |  |   {:.  .:  ハ    }乂〉
                  |  :|  | ̄::|   {:.  .ハ ,' 人  :レ'
                  人  :.レャテ==v    :. ∧/レ ̄i  ∧
                 /  \ v乂シ 乂_八ャテ笊㍉ .:}  ∧
                / .:  :{\〉        ゞシ ./:∧  :∧
                 / .: ∧ {:∧     ′      / ∧ 、 :∧
                  / .:   ∧/〈\  、 _ _,    .:: 人:∨ :\:∧
              / .:   /  ∨.}\     / /, `:∨  `ヽ\
             / .:  ./  〈〉 ∨〈Y>‐<' ///    :∨  ∧\\
           /   .:  /      ∨ー〔〕‐// ://      :∨  ∧ \v
           /   /|  八∨ 〈〉   \  ,/  ://  〈〉   :∨ :∧\ }
         .:::  /〈 |  .:  ∨     〈〉\ _/ 〈〉      :∨ :∧ \
    -=ニ   /   ∧| /  〈〉        /`ヽ、       〈〉 ∨ :∧  \
-=ニ   .::  ./    /‐_レ         〈〉 /人::::::八  〈〉    :∨ :∧  人__
 .::  .::  ./     ./‐_‐_‐\   〈〉     / ハ__ ><_>:.     〈〉 ∨ ∧/-_-_
.::  .:: ./,'   //__‐_‐_\       /:{  :{― Y――:>        :..  \‐_‐_
  .:: /‐./ /-_∧   `ヽ‐_‐\      /iiii{  :v .:::.  ノiiiiii\ 〈〉   /`ヽ  \‐_
 .::, '-_-://‐_‐_〈  ',〈∨YY}‐_/ \_ ノYiiiノ`ヽ} ..::::::. 乂iiiiii「ii\ _ /{-_-_-_\ v
...:/‐_‐.//‐_‐_‐|\ Ⅵ | |人/   /iii)iiiii`)    ::::    {iiiiノiiiii∧ 〈〉 {-_-_-_-_`ヽ
./‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐| 〉 ¨レ‐ '/〈〉 /iiiiiiiiレゝ、{   , '  \  ト'iiiiiiiiiii∧  :{‐_‐_‐_‐_‐_‐
──────────────────────────────────────────────────
 【アナ】 アン、わたくしね、出来ないことを諦めるのはとっても早いの。

       でもね、出来ることがあるのに諦めるのは、とっても嫌いなのよ。

       わたくしは、あくまでわたくしのために、なんでもするわ。



┃  ――その意思こそが、図らずも現在を切り開いた。

┃  周到に、想定外を想定内にするよう組まれた策謀は、さらなる予想外によって儚くも打ち砕かれる。



4766◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 23:33:40 ID:7vPJs0zY


                             __| ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄\__
                          __/  |    /   /   /\
                     /\  / ̄ ̄ ̄\,/ ̄\/   \
                     (    / ___  ⌒ノ ̄ ̄\/  (
                    /\ / /     \ / ̄ ̄ \ \ /\_
                      (  / /   /⌒ン⌒\   \\ \ /(
                      (⌒7  '      | /'"⌒\\  \\八_人
                     〈_;   |     |/ |  /⌒\\   ∨人\ )
                        |__|   |     |  ;         \|   |\||\\
                   / | | 八    | /          |\|| / \\
                 // | l   \   八/          |   | 八(_ \\__/⌒\
                     //   |人    ,ィ   \        ノ  人(^Y Y Y ̄ \\ ̄ ̄ ̄\\
              //  /人| \  乂\         ⌒フ⌒7( Yノ 人   \\      \\
              //  // 八 (\  人     _ ┐   / / / ノ /       ) )      ) )
           _/⌒  //    \(__( 个         /__{¨¨¨¨´        //      //
        / ̄     ( (       \_/⌒\>r‐<┐_|___]   __   //      //
       /         \\,/ ̄ \ /⌒\ _))/⊂ニ厂/ ̄\/へ )/⌒\______,//
      //        ___/ \\ 、\   //≫≪ニア-=7-=/  (-=\_(   ) ̄ ̄ ̄
     ( (        /o><  /\||\)┘-/-=ニo /-=/ /\  )-=ニニ}  /
      \\       / /   T _/.|_|_|ニ=- 彡_-= _ -=ニ/-= |/⌒ ーく-=ニニ厂(
       \\    ⌒> ―<|ノ-=/-=ニニo_-=ニ二/-=ニ人__(/-=ニニニ(  〉
         ⌒    〈_(_(___〉-=/-=ニニo/-=ニニ_-=ニニニ /_ノ-=ニニニニ \/
               厂.=|.{ -=∥-=ニ/ /-=ニニ /-=ニニニ八(-=ニニニニニ/
──────────────────────────────────────────────────
 【メイド】 ――だそうですが、いかがなさいますか、陛下?

 【皇帝】  いや参ったね……どうすれば良いんだい、僕の方こそ教えて欲しいよ……。




┃  当然の権利のようにこの部屋の会話を盗聴していた皇帝は頭を抱えた。

┃  どう隠蔽の保証を確保して、ついでに願いを折り合わせるか、考え込むハメになった。



4768◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 23:42:06 ID:7vPJs0zY

         ’
       , .ト、 ',
      ! .! ', ! `
        .,、|_V_、  ’        }
.    }   ト!___ ヽ、',   }    ハ 、     ‘,、ヽ
    ’    |リイ炙爰ミヽ’   |i   ./´_ヽ、、    ‘ `゛
  :::::! ’  .l   之::ツ`| ∧ |}  ./ン / `  ∧ {
  y / \ !   ` ̄  .! l リ リ / 〉 /   / `
  ノ|            .リ  レ´r-/  !_/
   '、               /` ´  /、.{
.∧                /}     /  ヽ
 ハ    、--‐‐‐‐ァ      { i ∧ ./
  ヽ、  `ー--.    /  .| j/ i/
    ヽ        /   _ !_ /!ムL
  /`ヽ、ヽ _ , ’  ,、/!ハ` ´  く __
=//  ` 、!、i,、,、/j, 、ノ"`  ___ 、_,r-"¨「.:::7 }
//  r-!`r-------―...."´::::::::::::::::::::ノ-- ´
/ ///ヽl 。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム ":::::::::::
  - 一 -、 ̄ ̄ ̄ ̄/,/ ≦"::::::::::::::::
.        ヽ _____  ≦"´:::::::::::::::::::::
.             `,::::::::::::::::::::::::::::::::::
  へ  __        .}:::::::::::::::::::::::::::::::::
──────────────────────────────────────────────────
 【皇帝】 アンゼロットが何か企むだろう事までは想定通りだったし、そのつもりで抜け道も残した。

        でも、過去をバラしての勧誘は意外だったし、それ聞いて皇女殿下が出した結論がまた……。

4769◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 23:48:36 ID:7vPJs0zY

                            ⌒`ヽ、
                                  \
                  ⌒`'ー-=ニ二 ̄``ヽ、  }}}
                   ,. ''"~ ̄     ̄``ヽ\///
                 /   _____\∨/、
               /     \        /   `ヽ,\
.                /         `¨¨¨¨¨¨7 /`ヽ,│
.                >   /      ////  │}ノ   |
               ⌒7 //  /  //|      /|   │
                   /   /  /=≠‐-ミ |    //|  |
               ⌒)/|/| .//宏ぅix,/|  /∠二|  | ./
                     {ニ|/   ゙'ー'゙   |//f宏^'|/|/
                     \__,           {  ¨¨´//
.                ___| ゙、          〉    /´
            /⌒\ニ二|ノ|\   、_   ,
            _/ニニニ\ニ{ ̄``'\   ̄   /ニ-.._
.           /二二二二二\``~、、 \__,,. '^':,ニニ二\
.         ''"~ ̄~"''‐-=ニニ=‐- .,,_{``'~---イニニニ二\
        ,          /^\二二二`ヽ、0  ̄ ̄|_)\ニニ二\
.       /       ´     {\ニニニ二\ ̄ ̄__\ニ二二}`丶、
      /   /     /       ゝ,_\ニ二二_,>'´    `'ー=ニニ/    \
.     /\ /_   /           ̄}\ | ̄           ∨      `,
    /─  ‐-   ./          / //          (⌒    \     |
──────────────────────────────────────────────────
 【メイド】 どうされるおつもりで?

 【皇帝】 そりゃあ電撃戦、皇女殿下の気が変わる前に片を付けるとも。これ以上やらかされたら大変だ。

        欲張った分それぞれの条件については妥協を迫れるし、なんとかプラマイ0で収められるようにしないとね?



┃  先ほどまでは皇女が、今は皇帝が頭をひねる。

┃  いかに自分に有利な条件を並べられるか、早速プランを組み立てはじめた。



4772◆LU4TEl6xak2020/05/13(水) 23:58:41 ID:7vPJs0zY

                   -――― -
               __/>-――――- )h、
              {  Y/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ\
             「゚¨ゝへ、|  | ヽ  ∨   ∨\、
             /⌒ヽ_ノ      :.  ∨  ∨  v
             .:  レ'   |   |    |  |    :.  /,
            |  |   ___|_ |    |  |  _.|   /,
            |  | 、   :|   ト、  |  人¨   |    }
            |  | \斗笊㍉\八斗笊㍉ァ    八
            | 八  { 乂シ     乂シ //  }/  \
            |/ { \{       `    〈八 ∧へ  \
            |  :{\_)、           /  Y |∨ \  ヽ
            /  八   }:::..  `  ´   .イ ,:  :|   ∨ \  )
                .\ ル :}≧s。_ 。s≦_| ,:  |  |  ∨| )/
            ,     |  レ´¨ト、_∧_∧ノ}フ、  :|  |  | |
         /   _ 入 ∨ \ノ :{} }/   > 、 |  | |
         .:  /  <> \\  \__/ <>  ` <>\ レ
        /, イ_____ `ヽ)__/⌒`ヽ _      .\_
       ./´-_-_-_-_-_-_-_-}¨¨<> |  {´⌒`}\`ヽ  <>  \`ヽ
       '/-_-_-_-_-_-_-_-_/     |  〉:-:〈  \ \      v-_\
    //-_-_>-―――、〈  <> ∧ <    >   \_ \__ノ-_-_-\
   / ./-_-_ >―-tx   `ヽ_.//∧ \ /: .     .¨`ヽ-_-_-_-_-_-_\
  ,'  ./-_-/   /  ト、   _ \/>―ァ__: : . .  . . : : : }ヽ-_-_-_-_-_-_-_
  { /-_/   /{  ,ヘ >s。 _`¨  / /、: : : : i : :,': : :八 \-_-_-_-_-_-_\
  {/_/   /:::::::}  (        ̄ ̄¨¨////\: : i: /: / }∧   \-_-_-_-_-_-.\
  |, '   /:::::::::::::(  レ´ ̄ ̄}  (≧=-\//////\=≦ / ∧∧ <> \-_-_-_-_-_-\
──────────────────────────────────────────────────
 【アナ】 基本方針は決まったけど、これだけじゃ不安ね。

 【アン】 いや、そもそも両方って案自体が無茶……

      一応、ダメって言われた時にどうするか考えますよ、姫様!

 【アナ】 ありがとう、頼りにしてるわ。



┃  そして皇女も、外付け思考回路を頼りながら対応を組み立てる。

┃  ……最終的に「当たって砕けてどうしようもなくなったならもう一日」でまとまったのは策と言えるか分からないが、

┃  それでも、皇女なりに交渉するための下準備を整えたのだった――。



               ┌┐                          ┌┐                    ┌┐
     ┌┐      ││                      ┌┐└┘                    ││
   ┌┘└┬─┐│└─┬──┐┌──┬─┬─┬┬┘└┬┬─┬┬┐┌┬──┬─┘│
   └┐┌┤│││ │ │──││┌─┤││  │├┐┌┤│  │││││──││  │
     │└┤│││ │ │──┤│└─┤│││  ││└┤││  │└┘│──┤│  │┌┐┌┐┌┐
     └─┴─┘└──┴──┘└──┴─┴┴─┘└─┴┴┴─┴──┴──┴──┘└┘└┘└┘


関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する